6月27日~29日まで。被災地に直接赴いての、タッチケア支援活動を、岩手県花巻と、沿岸部の大槌町で、再び行いました。27日と29日は、花巻に暮らす被災者の方に。28日は、大槌町の安渡小学校の避難所で、ハンドのオイルトリートメントと、肩・背中のタッチケアの施術と、それに伴う傾聴等で、被災者の方の心と身体のケアをさせていただきました。心地よくリラックスする方。安心感から、体験を語り始める方・・・。少しは心の重荷を軽くしていただけたのなら・・・と思います。

 今回も、前回と同じく、岩手県の支援ボランティア団体「ゆいっこ花巻」さんにお世話になりました。私達の担当は、深澤あかねさん。4才のお子さんをもつ、盛岡在住の支援ボランティアの30代の女性です。
 前回の、大槌町行きを案内してくださった方で、その後、メールでこまめに現地での活動の報告や私自身の阪神淡路大震災の経験を踏まえての感想も、熱心に聞いてくださいます。とはいえ、あかねさんのきめ細やかな被災者の方達のサポートには、逆に頭が下がる思いでした。
 4歳の息子さんのお母様でらっしゃることで、タッチケアにも、関心をもっていただきました。
 そのあかねさんから、今後の仮設住宅支援活動について、阪神大震災当時の経験をシェアしてもらいたいという要請をあらかじめ受けており、交流会を企画してくださいました。会には、ゆいっこ花巻代表の高橋寛(岩手大学地域推進連携推進センター客員教授)と、松下政経塾から支援にこられてる内田直志さん、花巻在住の産婦人科医師斉藤さやか先生、そしてゆいっこ花巻支部の深沢あかねさん達が同席してくださり、私と、関西アロマセラピストフォーラム副理事の宮里文子さんの被災体験を熱心に耳を傾けてくださいました。

 こちら、その時の交流会の様子です(2011年6月28日 神戸新聞)
 http://www.touchcaresupport.com/images/reiko-chan.jpg

 新聞では、一方的に私達が助言したように記されていますが、実際には、私達自身、岩手県の皆様の独自の精神性に、非常に感銘を受けておりました。東には東の復興がある。阪神大震災を体験した者は、東日本大震災の被災者の方達の独自の方法を暖かく見守りながら、過去の体験をつたえていきたいと思いました。

 今回も、宝塚のNPO法人、関西アロマセラピストフォーラムさんと合同での活動です。6月に発行した「こころにやさしいタッチケア」も、今回500部を持参しました。花巻、大槌町と配布し、残った分は、「ゆいっこ花巻」さんに御預けしました。少しずつ、いろんな方にお渡しできるかと思います。

 今回から、私達の活動を、「こころにやさしいタッチケア ボランティアチーム」と名付けました。
 私達のタッチケアは、ふれること+リラクセーション、傾聴、励まし、気づき・・・と、心へのサポートにもなるようです。ゆいっこさんたちにも、「皆さんがタッチケアをすると、普段では見られないぐらい、被災者の方が、よくご自身のことを語ってくれる・・・」と言っていただきました。
 ふれることで、無意識レベルでの信頼関係がもたらされるのだと思います。私達自身も、手探りですが、前回と今回とで、こうしたタッチケアによる被災地支援の骨組みが、見えてきたように思いました。

 施術のスタイルは、たいてい座位で。椅子があるときは椅子を使い、畳の場合は座布団に座っていただきました。まずは、ハンドをじっくりとアロママッサージ。呼吸にあわせたゆっくりとしたストロークが、安心・安全を感じていただき、おのずと、体験をわかちあうように・・・。

 被災者の方の体験は、やはり、壮絶なものでした。
 御一人御一人の体験に、心から敬意を払うとともに、そこを生き延びてこられた生命力の豊かさに感動します。私には、御一人御一人が、ヒーロー/ヒロインに感じました。しかし、その方達が、これからも避難所そして仮設住宅へと移住し、これからも困難で不自由な生活を余儀なくされます。
 阪神大震災の時も、問題となりましたが、せっかく震災で助かった命を、仮設住宅の閉ざされた空間で、ひっそりと落としてしまわれる方達が大勢おられました。
 仮設住宅の、孤独死の問題・・・。
 このことは、ぜひとも阪神大震災の闇の教訓としてしっかりと東北にお伝えしたいと思います。

写真上は、大槌町安渡小学校グランドに建設中の仮設住宅。施工は地元の工務店で木造住宅です。
写真下は、ゆいっこさんの物資倉庫内でおこなわれたハンドマッサージ施術。この時、受けておられる方は、ゆいっこのボランティアの方です。


b0228973_2361159.jpgb0228973_235063.jpg 
 
# by touchcaresupport | 2011-07-01 22:59 | 震災支援活動

 やさしくなでたり、さすったり、手を当てたり、マッサージしたり・・・。
ご家庭内や対人援助の現場で、誰にでもできる簡単な方法で、心がおだやかになる“タッチケア”の効能や方法、その注意点などをコンパクトにまとめたガイドブックを、『こころにやさしいタッチケア』。
 先週、完成し、すでに、被災地にむけて届けています。

 被災地(岩手・宮城・福島県)のお母さん達や、被災地で活動する子育て支援、看護介護、こころのケア、他支援団体関連機関に無料でお届しています。発送希望の方は、届け先の地名、名称等を、お知らせください。無料でお届けします。

 また、被災地外の方は、1冊500円のご寄付で、おわけしております。
 内容も、わかりやすく、ソマティックス、エサレンボディワークの考え方が基盤になる、人にやさしいタッチケアです。

 詳しくは、こちらをご覧ください。
 http://www.touchcaresupport.com/guidebook.html

 6月27日から29日まで、岩手県花巻を拠点に、大槌町の被災地に再び訪れて、この冊子をお届けしたいと思います。
 女性の視点で、自分自身を大切に、そして、つながりを大切にすることを、タッチケアを通じてお伝えし、支援していきたいと願います。


  
# by touchcaresupport | 2011-06-18 20:35 | 震災支援活動

 6月11日、東日本大震災からちょうど3か月目、NPO法人タッチケア支援センターの設立イベントとして、映画『地球交響曲7番』上映会を催しました。龍村仁監督もお招きしてお話しも頂戴し、おかげをもちまして、無事、終えることができました。ご参加くださいました皆様、そして、ご協力くださいました皆様には、あらためて、心より御礼申し上げます。
 261名の方に集まっていただき、東日本大震災の黙祷の祈りからスタートした上映会。
 登場人物の、高野孝子さん、グレッグ・レモン、アンドリュー・ワイル博士の、人間の可能性を信じ、自然と一体化して生きるその映像からは、多くのことを学ばせていただきました。
 龍村仁監督のお話しは力強く、生きる実感にあふれるエネルギーに満ちてました。まさに、タッチケア支援センターの「いのちのぬくもりを実感し、今ここに共に在ること」のテーマの原点を再確認できたように思います。

 また、初めて、皆様にお披露目した、被災地に無料配布するタッチケアガイドブックの「こころにやさしいタッチケア」も、100冊近く、皆様にご購入いただけ,持参していた冊数、すべて完売しました。ご協力ありがとうございました。最後は、足らなくなってしまって、申し訳ございません。
ご入り用の方は、こちらにご連絡ください。(info@touchcaresupport.com, 06-4967-9839)

 
 懇親会では、愛知県南知多半島の、ホリスティックファームの、山本勝成さん、秀美さんがかけつけて、ケータリングしてくださいました。乾杯のご祝辞は、NPO法人関西アロマセラピストフォーラム理事長で、「こころにやさしいタッチケア」監修の御一人である、産婦人科医師の大門美智子さんからいただきました。

 映画、お話、そして、食を通じて、自然に「ふれる」ことで、映画のテーマの、「潔く、健やかに生き続ける」ことを、皆さんと分かち合える一日でした。

 なにわともあれ、これをもちまして、NPO法人タッチケア支援センターの船出式とさせていただきます。
 少々、加速気味の船出ではありますが、これからしっかり舵を取りし、大海へと進んでいきたいと思います。

 今後とも、ご支援、ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

      NPO法人タッチケア支援センター 代表理事  中川玲子
                            http://touchcaresupport.com/


写真は、懇親会の集合写真です。龍村仁監督とご一緒に。
b0228973_23381726.jpg

# by touchcaresupport | 2011-06-13 23:40 | 日々の活動

本日、6月7日、3000冊分の印刷があがり、到着いたしました。
発色も良く、なかなか、いい仕上がりです!

皆様のご協力があって、こうやって、本日生まれました。
必要な方のもとに届きますように、これから、どんどん呼びかけていきたいと思います。



朝日新聞に続き、神戸新聞にも、「こころにやさしいタッチケア」の記事が載りました。
http://www.touchcaresupport.com/pdf/img017.pdf

さっそく、記事の中で1冊500円のご寄付をと呼びかける一文を見た、
20名近い方から、冊子を送ってほしいというお問い合わせをいただきました。
皆さん、「タッチケア」に興味がおありのようでした。
# by touchcaresupport | 2011-06-07 23:51 | 震災支援活動

被災地に無料配布する予定の小冊子「こころにやさしいタッチケア/ ストレスの緩和とPTSD予防のためのタッチケア&スキンシップガイド」に関する記事、6月2日の朝日新聞朝刊、阪神版の東日本大震災支援関係のコーナーで、取り上げていただきました。
 イラストや写真も入ったカラーの記事です。

 http://www.touchcaresupport.com/pdf/img015.pdf
 


 6月7日に印刷が完了。11日の「地球交響曲7番」の上映会で、お披露目いたします。
 被災地外の方には、ご支援として、1冊500円の寄付金を、お願いしております。ご協力、よろしくお願いいたします。(冊数が多い場合は委託販売でも結構です)

 内容も、初めての方が気楽に、子どもさんやご家族にタッチケアをおこなうのに、イラストや写真をもりこんで、わかりやすくお伝えしています。 
 また、他人がふれる場合の注意事項や生理的禁忌、また、さらにより心地よいタッチを提供するための、大切な10か条など、施術者の方にも、ご興味をもっていただけると思います。

 また、東北の被災地の支援関係で、必要な方は、お知らせください。
 支援者の方は、配布先、配布理由などをお知らせください。また、送料につきまして、被災者の方にはこちらで負担いたしますが、支援者の方は、着払いでお願い申し上げます。(すでに福島県いわき市の看護師の方から100冊のご依頼をいただいております。)

 お問い合わせ先  NPO法人タッチケア支援センター 09019663819
                                   info@touchcaresupport.com


NPO法人タッチケア支援センター  代表理事  中川玲子
                            http://touchcaresupport.com/

「こころにやさしいタッチケア」
表紙と裏表紙のデザインです。

b0228973_1650445.jpgb0228973_16543520.jpg 
# by touchcaresupport | 2011-06-04 11:32 | 震災支援活動