カテゴリ:講座のご案内( 70 )

10/13&14 こころにやさしいタッチケア2days@ 東京  

こころにやさしいタッチケア
初めての東京でのセミナーです。テーマは
”心のケア・魂の癒しとしてのタッチケア”

あたたかくて
やわらかくて
ほっと安心する。
そして、
自分自身のからだと
人と人とのつながりを深め
今・ここに寄り添う癒しを伝える
タッチケア。。。

自律神経を調え
あなたがあなたのままでかけがえのない存在であることを
無意識レベルで伝えていきます。

ハートと呼吸とつながった両手で
そして、天と地とつながって
あなたのやさしいタッチを
大切な人に届けてください。

この2日間の講座では、
心のケアとしてのタッチケア。
そして、魂の癒し(スピリチュアルケア)としてのタッチケア、
ヒーリングとしてのタッチケアの可能性を、
「科学的理解」「施術実習」
「こころとからだの気づきのワーク」
を通じて、お伝えしていきたいと思います。

触れることが初めての方も、
経験者の方で看護・介護に役立つタッチケアを深めたい方にも
ご参加いただけます。

日程   2018年 10月13日(土)&14日(日)
     10時から17時
場所   東京都内(現在調整中)
講師   中川れい子(プロフィールは下記をご覧ください)
講習費  2日で28000円 1日のみの参加は15000円(10月13日のみの参加は不可)
対象   看護・介護・教育・ボディワーカー、アロマセラピスト、家族のケアにかかわる方、そのほか、触れることにご関心のかたはどなた様でも。
定員   8名(最少開催人数4名。最大10名様まで)

お申込みフォーム
(ワークショップ名に、「東京セミナー」とお書きください)
*お申込みをいただいた方に、振込先をご案内いたします。
*1週間以内に返信のない場合は、下記連絡先にお問合せください。
*フォームが機能しない場合も、下記連絡先にお問合せください。

連絡先
info@touchcaresupport.com
0649679839 (担当:中川)

講座内容(予定)
1日目
*タッチケアとは何か?
*タッチの根源的な必要性(子宮の中からはじまるふれあいの旅)
*周産期の流れと愛着障害の問題
*タッチの基本性質
*タッチケアの効果
*やさしいタッチを生み出すものは?
*セルフケア・セルフアウェネスの大切さ。
*距離や境界線、パーソナルスペースの問題
*基本の、ハンドトリートメントの実践

2日目

*グランディングとセンタリングワーク

*触れることと、マインドフルネス(今・ここの気づき)

*あるがままの理解と、安全・安心の意味。

*寄り添うこと。共にある・からだの声を聴くとは?

*ホリスティックな身体観のはぐくむ。

*心のケアと、魂のケアの違いとは?

*高齢者・認知症の方・緩和ケア等でどのようにタッチケアを生かすことができるのか?

*タッチの圧についての考察と、禁忌のまとめ。

*ヒーリングとしてのタッチケア(着衣でのタッチケア)



講師:中川れい子 プロフィール

NPO法人タッチケア支援センター理事長。関西学院大学文学部卒業後、塾・予備校等の教育産業に従事。1995年、阪神淡路大震災で被災し避難所・仮設住宅でボランティア活動を行う。そうした体験から「からだ」を通じての心身の癒しとサポートに関心をもち、ボディワークや心理学、各種ヒーリングを学び始める。1999年、エサレン®ボディワークと出会い、その後認定プラクティショナーとなる。個人セッションを積み重ねる中、触れることの諸相とその心身への影響について探求を深め、2003年よりタッチやボディワークに関する講座を開講。さらに、2011年、NPO法人タッチケア支援センターを設立。こころと身体のつながりや、心身への気づき、関係性、そして、タッチの質感を重んじるタッチケアのあり方を追求し、その普及・教育・相談事業を展開する。対人援助のための「こころにやさしいタッチケア」講座や、「タッチとこころ」等の講座を開講。また、高齢者施設・がん患者会・うつ病の方の就労支援センター、発達障害・精神障害の方のデイサービス等でのボランティアや出張講座、産婦人科病棟での、産後の方への全身のオイルトリートメントの施術者としても活動。日本タッチ協会共同代表。身の医療研究会理事。 エサレン®ボディワーク等の個人セッションは、アマナスペース(amana space)で随時受け付けています。



b0228973_12395424.jpg

b0228973_12410453.jpg
b0228973_15545438.jpg


by touchcaresupport | 2018-05-26 12:50 | 講座のご案内

7月21日開講”こころにやさしいタッチケア基礎講座”

**************************
やわらかで、あたたかく、
包むようなタッチの質感が特徴です。
家族間ケア・看護・介護・緩和ケア等に役立つ
対人援助のための
こころにやさしいタッチケア基礎講座
2018年夏コース(7月から8月)
************************

土日、6回連続講座+高齢者施設での実習(最終日)
土日コース 合計 50時間 
(最終日が、高齢者施設でのタッチケアボランティア実習となります)
2018年
7月21日(土)&22(日)日 
8月18(土)&19日(日)  
9月8(土)&9日(日)&29日(土)
(9月の日程が若干変更となりましたのでご注意ください)

*理論も実技も少人数制で、じっくりと身に着けます。
*タッチケア支援センターのオリジナル・テキスト付
*実技は手とり足とり、講師によるフィードバックなど、丁寧に身に着くようにお伝えします。
*内側を感じながら、体験的に自分自身のからだの感覚を深めていくソマティック教育を導入しています。


講座概要
★タッチの基本的な性質や効果を学びながら、家族へのケアや、高齢者介護や看護、あるいはボランティア活動に役立つ、タッチケアを学び、技術を身につける集中基礎講座です。最終回は、高齢者施設(尼崎市内のデイサービス)で実習をおこなうので実践力が身に着きます。
主に下記の内容を6日にわけて習得します。

*タッチの基本理論
 タッチの必要性やその基本性質等、皮膚や脳神経への影響
*タッチケアの実技習得
 安全で、心地よく人に寄り添うタッチケアの実践
*心理的諸問題 
 心理的投影や転移、あるいはタッチケアに付随する傾聴技法等
*高齢者へのタッチケアの特徴 
 高齢者特有の身体的留意点や認知症の方への関わり等
*施術者自身のセルフケア、気づきの向上のワーク 
 グランディングワーク、やマインドフルネス)
*禁忌や生理学的な留意点

6回の講座で習得していただく手技

ハンドトリートメント」(手・腕へのオイルトリートメント)
座位での着衣の上からの肩・背中へのケア
ベッドに横たわった方へのやさしいタッチによるケア
フットトリートメント」(脚・足へのオイルトリートメントと足湯)
等、対人援助シーンで実践的な技術をお伝えします。

こころにやさしいタッチケアの特徴

『こころにやさしいタッチケア』は、文字通り、人の心と身体に優しく穏やかに作用するリラクセーション効果のとても高いタッチケア法で、タッチの穏やかなで心地よい質感と人間心理に基づいた安全・安心なアプローチ法が特徴です。米国カリフォルニア州エサレン研究所のエサレン®ボディワークや、その他の、主に
ソマティクス(somatics 一人一人の個人の感覚を大切にする身体学)や、身体的心理学を元に、タッチケア支援センターで考案されました。現在も、高齢者施設等の様々なシーンで、利用者様に大変喜ばれています。
その特徴は、下記のようものです。

*呼吸への注目
*波のようなゆったりとした動き(脳神経に穏やかに作用します)
*安心・安全をささえる非侵襲的アプローチ
*皮膚へのやさしい刺激と脳神経への影響
*”今・ここ”への気づき(マインドフルネス)と”あるがまま”の尊重
*グランディング&センタリングの重視
*こころ・からだ・自然・魂のつながりを大切にするホリスティックな身体観
*ふれること=ふれられることの相互関係性
*場・空間・距離、そして、心理的気づきの大切さ。

クラスの特徴
少人数制で、お一人お一人に丁寧にご指導し、また講師が施術を受けることで的確なフィードバックをお伝えすることができます。手技を習ったけど、実践で使えない、、、ということにならないように、ふれることの基本を大切にしながら、一生使えるケアワークとしてご案内し、様々な状況で応用が効くように講座を構成しております。

このような方に
*ご家族や身近な方へのケアを学びたい方
*看護や介護にタッチケアを取り入れることにご関心の方
*これまでの手技に加え、タッチやケアの質を深めたい方。
*自分自身の癒しやケアにご関心のある方
*人とのかかわりや気づきを深め、自己成長にご関心のある方。
*初めての方も、経験者の方もご参加いただけます。

★これまでのご参加の方の感想文はこちらです。
http://touchcare.exblog.jp/23919842/ (2014年受講生感想文)



<お申込みフォーム>
*タイトルに、講座日程(開講初日の日付)を必ずご記入ください)
*講座名にタッチケア基礎講座とお書きください。
http://www.touchcaresupport.com/ws_form.php
*上記フォームが機能しない場合、あるいは2日以上たっても返信がない場合は、お手数ですが、下記にまでご連絡ください。
メール info@touchcaresupport.com
電話  0649679839 (担当、中川)

<詳細>
*場所 アマナスペース(兵庫県尼崎市、JR神戸線「立花駅」徒歩7分(大阪駅より3駅目)
  http://www.amanaspace.com/access.html
*定員 8名(最大10名 最小催行人数4名)
*対象:タッチケアにご関心のある方ならどなたでも。初心者大歓迎。
*パート1のみの参加も可能です(2日で24000円)
*全7回ご参加の方のみ、修了証をお渡しいたします)
*講習費 86000円 (全納、7回分 1日体験講座にご参加の方は5千円引き(81000円)となります。分割の場合は1講座13000円となります(土日二回で月26000円 (分割合計91000円) 分割方法はご対応いたします)
講習料に含まれるもの: 教材・テキスト等・実習用具・タッチケア支援センターロゴ入りエプロン(実習の時に使用します)・練習用オイル
*これまでの6回コースを修了された方の再受講は1日5000円となります。
*全七回完了後、修了証を発行し、レポート提出後はタッチケア支援センター認定「こころにやさしいタッチケアボランティア証」をお渡しします。
*お申込みのあと、2週間以内に講習料を所定講座にお振込みください。ご入金確認を持ちまして受講受付とさせていただきます。(全納をご希望の方は86000円。分割ご希望の方は初回分13000円)
*もちもの バスタオル1枚、フェイスタオル2枚、(日程によって、シーツも持参していただくことがあります)動きやすい服装、筆記用具

【主任講師】
中川玲子(NPO法人タッチケア支援センター代表 エサレン®ボディワーク施術者(施術歴18年) http://www.amanaspace.com/profile.html# 1 (アシスタント講師 福井久起子 他)
 

<講座日程>  2018年7月~9月

【パート1】
1回目 7月21日(土) 10時~午後5時半
タッチの基本理論と性質、禁忌や他者に触れる際の注意事項
自分自身の身体感覚の気づきを高めるための体験的なワーク
”今・ここ”に共に寄り添うこと
基本的なハンドトリートメント技法

2回目 7月22日(日) 10時~午後5時30分
安全な空間とかかわり、コミュニケーションについて。
(ポジションや距離について)
より実践的なハンドトリートメント技法
タッチの質をより良くするための留意点
フィードバック実習(講師が全員の方の施術を受けます)

【パート2】 

3回目 8月18日(土) 10時~午後5時30分

非侵襲的アプローチ、ホリスティックな身体観の育成。
グランディング・センタリング、施術者のセルフケアとセルフアウェネスを高める。
マッサージテーブルを使っての、軽い圧でのGentle touchとベッドサイドでのハンドケア
ヒーリング・祈りとしてのタッチケア

4回目 8月19日(日) 10時~午後5時30分
タッチケアに伴う傾聴の理解。タッチにかかわる心の問題。
対人援助としてのタッチケアに関する留意点のまとめ
座位でのタッチケアの。手技の復習

【パート3】 3月24日(土)&25日(日)

5回目 9月8日(日) 10時~午後5時30分

リンパシステムの理解。脚・足へのかかわりについて。
フットトリートメントの実習 足湯


6回目 9月9日(日) 10時~午後5時30分
手技(ハンドトリートメント、フットトリートメント、肩背中へのタッチケア)の復習と、介護や看護等、様々な現場にそくしたタッチケアのまとめ。
今後の学習と実践のためのガイドライン

【パート4】 

9月29日(土曜日)10時~午後5時
高齢者施設での、タッチケア・ボランティア実習
現地集合(兵庫県 JR尼崎駅)
高齢者の方へのタッチケアで気を付けること。
ボランティアの心得など




★この基礎コースを終了後は、本格的な全身のオイルトリートメントを学ぶ中級講座(78時間)、がんや医療ケアが必要な方へのタッチケア専科、また、タッチケアを伝えるファシリテーター養成講座等にご参加いただけます。この基礎講座が次のステップの参加資格となる場合がありますので、ぜひ履修ください。

講習会場はamana space 
漆喰壁と杉の木でできた自然空間です。
b0228973_14451894.jpg

講習中の実習風景
b0228973_14450492.jpg
b0228973_14455743.jpg

b0228973_14463317.jpg
b0228973_14452795.jpg




by touchcaresupport | 2018-02-05 14:48 | 講座のご案内

4月22日&5月8日(2時間×4日) こころにやさしいタッチケア入門講座~タッチケアの基本理論とハンドトリートメント~

こころにやさしいタッチケア入門講座
~タッチケアの基本理論と
 ハンドトリートメント体験講座~
1日集中コース(4月22日)
or 2時間×4回コース(5月&6月)

1日集中コース(4月22日)は無事終了しました。
5月8日(火)からの、2時間(10時から12時)×4回コースは諸事情のため、今回延期となりました。
またの機会に、ぜひご参加ください。

5月8日(火) 
タッチケアとは? 
タッチの根源的な必要性 
子供の脳は肌にある 
work セルフタッチング
5月22日(火)
触れることは、触れられること。
今、ここに共に在ること。
寄り添いのタッチ
人と人との間にふれる
(場に触れる、空間に触れる
・・・そして人に触れていく)
6月12日(火)
やさしくふれるために大切なポイント
より良いタッチの質感のために
ハンドトリートメント実習
6月26日(火)
禁忌や注意事項
ハンドトリートメントの復習




  ~やさしくふれると世界は変わる~

タッチケア支援センターのオリジナルテキストと、身体感覚を深める体験ワークを通じて、タッチとタッチケアの基本理論を様々な観点から深め、安全安心で、人にやさしいタッチケアの基本と人気のハンドトリートメントを身に着ける入門講座です。

こころにやさしいタッチケアは、米国カリフォルニア州のエサレン研究所で誕生した、エサレン®ボディワークをもとに開発したものです。
安心・安全な空間とかかわりと、距離や空間を大切にしたアプローチ法、そして、呼吸とつながったゆっくりとしたリズムと柔らかで穏やかなタッチの質感が特徴です。自律神経系を調え、こころとからだの気づきと、つながりを深めます。

前半は、タッチケアの基本理論をみっちりと深めます。
ワークでは、
リラクセーションや
自分自身に触れるセルフタッチング。
呼吸やグランディング、受け手との距離感を深めるワーク等。
最後に、ペアでハンドトリートメントを実践します。


【入門講座のテキストの内容】
①タッチケアって何でしょう?
②タッチの根源的な必要性
③子どもの脳は肌にある。
④タッチケアと現代社会
⑤タッチケアを学ぶ上での大切な3つの視点
⑥タッチの3つの基本性質
⑦こころにやさしいタッチケアとは?
⑧タッチと脳・神経、リラクセーションの仕組み
⑨タッチケアのもたらす効果と、対人援助の可能性
⑩こころにやさしいタッチケアの実際
~触れていくまでに大切なこと~
⑪やさしくふれるための大切なポイント
~ここちよく、やさしいタッチの質を育むために
⑫注意事項や禁忌・人に触れる際に気を付けること
⑬こころにやさしいハンドトリートメントの実際

この内容を、4回に分けて受講する平日コースもあります。
お忙しいママさんなど、お気軽にご参加ください。
(お子さんとのご参加も可能です、ご相談ください)
下記をご覧ください。

【日時と受講料】

≪1日集中講座≫
日曜 :2018年 4月22日(日曜日)

10時から午後6時 (計7時間 途中、昼休み休憩が入ります)
11500円

≪4回連続講座 2時間×4日、平日≫
火曜日コース 午前10時から12時
5月8日(火) 
タッチケアとは? 
タッチの根源的な必要性 
子供の脳は肌にある 
work セルフタッチング
5月22日(火)
触れることは、触れられること。
今、ここに共に在ること。
寄り添いのタッチとは
パーソナルスペース
肩や背中へのタッチケア
6月12日(火)
やさしくふれるために大切なポイント
より良いタッチの質感のために
ハンドトリートメント実習
6月26日(火)
禁忌や注意事項
ハンドトリートメントの復習
(合計 8時間)
1回3000円×4回(計12000円)
*部分参加不可



【場所】 

アマナスペース(タッチケア支援センター、オフィス)
兵庫県尼崎市立花町2-13-10 アルファホーム1階
JR神戸線 立花駅 :大阪から神戸方面に3駅目
【定員】 8名 (最小催行人数は4名です)
【講師】 中川れい子(タッチケア支援センター 代表理事) アシスタント 福井久起子(理事) 他 
【持ち物】 バスタオル1枚 ハンドタオル1枚 筆記用具 動きやすい服装等(上は、腕の袖がまくりあげれるようなもの。下は身体をしめつけないパンツスタイル。着替え可能)
【お申込み】
こちらのフォームが便利です。
お申込みフォーム(タイトルに、講座日程を必ずご記入ください)
http://www.touchcaresupport.com/ws_form.php

フォームがうまく機能しない場合は、こちらにご連絡ください。
メール info@touchcaresupport.com
℡ 06-4967-9839 (不在の場合は、留守番電話にメッセージをお残しください。折り返し、ご連絡さしあげます)
【主任講師】  
中川玲子 
NPO法人タッチケア支援センター 代表理事、
米国カリフォルニア州、エサレン®ボディワーク認定プラクティショナー(施術歴19年)

≪前回の入門講座にご参加の方のご感想です≫
「タッチケアの必要性を今まで以上に大切だと感じました」
「グランディングに力をかけていただいたおかげで、気づいたことや、発見できたことが印象的でした」
「自分を深く感じ、丁寧に見つめることで、他者に対する対応の雑さなどが浮かびあがってきたことが不思議でした」
「手技よりも施術する際に最も心掛ける必要があることと見直すことができました」
「感じ方、あるがままに受容すること。ふれること・ふれられることは総合作用、オキシトシンのこと、自分と相手の呼吸をあわせること、、、等が印象的でした」
「一対一の向き合い方、対象の理解、看護師である私たちも、時間や空気に振り回されるのではなく、呼吸を合わせてじっくり安心・安全な環境の中でケアすることを心がけないといけないと再認識しました」



さらに実践的に深めていくことをご希望の方には、介護・看護に役立つ対人援助のための「こころにやさしいタッチケア基礎講座」を受講ください。
開講予定 2018年 夏より開講予定(基礎講座終了後、所定のカリキュラムを経て、高齢者施設でのタッチケアボランティアにご参加いただけます)

b0228973_22385944.jpeg
クラスは、自然素材の空間での少人数制。

b0228973_22392648.jpeg
タッチケア支援センターの長年の探求で作り上げた、充実のオリジナルテキスト。

b0228973_22400165.jpeg
静謐で、やさしく、タッチの質を深めます。


by touchcaresupport | 2018-01-18 21:49 | 講座のご案内

2018年2/24開講 こころにやさしいタッチケア基礎講座      7日 50時間


やわらかで、あたたかく、
包むようなタッチの質感が特徴です。
家族間ケア・看護・介護・緩和ケア等に役立つ
対人援助のための
こころにやさしいタッチケア基礎講座
************************

今回から全7回コースとなります。
土日コース 合計 50時間 2&3月集中講座
(最終日が、高齢者施設でのタッチケアボランティア実習となります)
2018年2月24(土)&25(日)日 
3月10日(土)&11日(日)  3月24(土)&25日(日)&31日(土)

*理論も実技も少人数制で、じっくりと身に着けます。
*タッチケア支援センターのオリジナル・テキスト付
*実技は手とり足とり、講師によるフィードバックなど、丁寧に身に着くようにお伝えします。
*内側を感じながら、体験的に自分自身のからだの感覚を深めていくソマティック教育を導入しています。


講座概要
★タッチの基本的な性質や効果を学びながら、家族へのケアや、高齢者介護や看護、あるいはボランティア活動に役立つ、タッチケアを学び、技術を身につける集中基礎講座です。最終回は、高齢者施設(尼崎市内のデイサービス)で実習をおこなうので実践力が身に着きます。
主に下記の内容を6日にわけて習得します。

*タッチの基本理論
 タッチの必要性やその基本性質等、皮膚や脳神経への影響
*タッチケアの実技習得
 安全で、心地よく人に寄り添うタッチケアの実践
*心理的諸問題 
 心理的投影や転移、あるいはタッチケアに付随する傾聴技法等
*高齢者へのタッチケアの特徴 
 高齢者特有の身体的留意点や認知症の方への関わり等
*施術者自身のセルフケア、気づきの向上のワーク 
 グランディングワーク、やマインドフルネス)
*禁忌や生理学的な留意点

6回の講座で習得していただく手技

ハンドトリートメント」(手・腕へのオイルトリートメント)
座位での着衣の上からの肩・背中へのケア
ベッドに横たわった方へのやさしいタッチによるケア
フットトリートメント」(脚・足へのオイルトリートメントと足湯)
等、対人援助シーンで実践的な技術をお伝えします。

こころにやさしいタッチケアの特徴

『こころにやさしいタッチケア』は、文字通り、人の心と身体に優しく穏やかに作用するリラクセーション効果のとても高いタッチケア法で、タッチの穏やかなで心地よい質感と人間心理に基づいた安全・安心なアプローチ法が特徴です。米国カリフォルニア州エサレン研究所のエサレン®ボディワークや、その他の、主に
ソマティクス(somatics 一人一人の個人の感覚を大切にする身体学)や、身体的心理学を元に、タッチケア支援センターで考案されました。現在も、高齢者施設等の様々なシーンで、利用者様に大変喜ばれています。
その特徴は、下記のようものです。

*呼吸への注目
*波のようなゆったりとした動き(脳神経に穏やかに作用します)
*安心・安全をささえる非侵襲的アプローチ
*皮膚へのやさしい刺激と脳神経への影響
*”今・ここ”への気づき(マインドフルネス)と”あるがまま”の尊重
*グランディング&センタリングの重視
*こころ・からだ・自然・魂のつながりを大切にするホリスティックな身体観
*ふれること=ふれられることの相互関係性
*場・空間・距離、そして、心理的気づきの大切さ。

クラスの特徴
少人数制で、お一人お一人に丁寧にご指導し、また講師が施術を受けることで的確なフィードバックをお伝えすることができます。手技を習ったけど、実践で使えない、、、ということにならないように、ふれることの基本を大切にしながら、一生使えるケアワークとしてご案内し、様々な状況で応用が効くように講座を構成しております。

このような方に
*ご家族や身近な方へのケアを学びたい方
*看護や介護にタッチケアを取り入れることにご関心の方
*これまでの手技に加え、タッチやケアの質を深めたい方。
*自分自身の癒しやケアにご関心のある方
*人とのかかわりや気づきを深め、自己成長にご関心のある方。
*初めての方も、経験者の方もご参加いただけます。

★これまでのご参加の方の感想文はこちらです。
http://touchcare.exblog.jp/23919842/ (2014年受講生感想文)



<お申込みフォーム>
*タイトルに、講座日程(開講初日の日付)を必ずご記入ください)
*講座名にタッチケア基礎講座とお書きください。
http://www.touchcaresupport.com/ws_form.php
*上記フォームが機能しない場合、あるいは2日以上たっても返信がない場合は、お手数ですが、下記にまでご連絡ください。
メール info@touchcaresupport.com
電話  0649679839 (担当、中川)

<詳細>
*場所 アマナスペース(兵庫県尼崎市、JR神戸線「立花駅」徒歩7分(大阪駅より3駅目)
  http://www.amanaspace.com/access.html
*定員 8名(最大10名 最小催行人数4名)
*対象:タッチケアにご関心のある方ならどなたでも。初心者大歓迎。
*パート1のみの参加も可能です(2日で24000円)
*全7回ご参加の方のみ、修了証をお渡しいたします)
*講習費 83000円 (全納、7回分 1日体験講座にご参加の方は5千円引き(78000円)となります。分割の場合は1講座12500円となります(7回分割の場合は合計87500円 分割方法はご対応いたします)
講習料に含まれるもの: 教材・テキスト等・実習用具・タッチケア支援センターロゴ入りエプロン(実習の時に使用します)・練習用オイル
*これまでの6回コースを修了された方の再受講は1日5000円となります。
*全七回完了後、修了証を発行し、レポート提出後はタッチケア支援センター認定「こころにやさしいタッチケアボランティア証」をお渡しします。
*お申込みのあと、2週間以内に講習料を所定講座にお振込みください。ご入金確認を持ちまして受講受付とさせていただきます。(全納をご希望の方は86000円。分割ご希望の方は初回分13000円)
*もちもの バスタオル1枚、フェイスタオル2枚、(日程によって、シーツも持参していただくことがあります)動きやすい服装、筆記用具

【主任講師】
中川玲子(NPO法人タッチケア支援センター代表 エサレン®ボディワーク施術者(施術歴18年) http://www.amanaspace.com/profile.html# 1 (アシスタント講師 福井久起子 他)
 

<講座日程>  2018年2月~3月

【パート1】 2月24日(土)&25日(日)

1回目 2月24日(土) 10時~午後5時30分

タッチの基本理論と性質、禁忌や他者に触れる際の注意事項
自分自身の身体感覚の気づきを高めるための体験的なワーク
”今・ここ”に共に寄り添うこと
基本的なハンドトリートメント技法

2回目 2月25日(日) 10時~午後5時30分
安全な空間とかかわり、コミュニケーションについて。
(ポジションや距離について)
より実践的なハンドトリートメント技法
タッチの質をより良くするための留意点
フィードバック実習(講師が全員の方の施術を受けます)

【パート2】 3月10日(土)&11日(日)

3回目 3月10日(日) 10時~午後5時30分

非侵襲的アプローチ、ホリスティックな身体観の育成。
グランディング・センタリング、施術者のセルフケアとセルフアウェネスを高める。
マッサージテーブルを使っての、軽い圧でのGentle touchとベッドサイドでのハンドケア
ヒーリング・祈りとしてのタッチケア

4回目 3月11日(日) 10時~午後5時30分
タッチケアに伴う傾聴の理解。タッチにかかわる心の問題。
対人援助としてのタッチケアに関する留意点のまとめ
座位でのタッチケアの。手技の復習

【パート3】 3月24日(土)&25日(日)

5回目 3月24日(日) 10時~午後5時30分

リンパシステムの理解。脚・足へのかかわりについて。
フットトリートメントの実習 足湯


6回目 3月25日(日) 10時~午後5時30分
手技(ハンドトリートメント、フットトリートメント、肩背中へのタッチケア)の復習と、介護や看護等、様々な現場にそくしたタッチケアのまとめ。
今後の学習と実践のためのガイドライン

【パート4】 3月31日(土曜日) 10時~午後5時

3月31日(土曜日)10時~午後5時
高齢者施設での、タッチケア・ボランティア実習
現地集合(兵庫県 JR尼崎駅)
高齢者の方へのタッチケアで気を付けること。
ボランティアの心得など




★この基礎コースを終了後は、本格的な全身のオイルトリートメントを学ぶ中級講座(78時間)、がんや医療ケアが必要な方へのタッチケア専科、また、タッチケアを伝えるファシリテーター養成講座等にご参加いただけます。この基礎講座が次のステップの参加資格となる場合がありますので、ぜひ履修ください。


b0228973_15320746.jpg

b0228973_15252595.jpeg
b0228973_15261715.jpeg
b0228973_15274541.jpeg
b0228973_15283039.jpeg


by touchcaresupport | 2017-11-18 14:26 | 講座のご案内

9月開講 ~タッチとこころ・連続講座~


セラピスト sense up 講座 
施術における”こころ”の問題を理解する
*****************************
9月6日開講(9月~12月)
タッチとこころ~連続講座(3時間×8回)~
*************************

b0228973_10052412.jpg
タッチやタッチケアに関する
こころの諸問題を取り上げる連続講座を9月からスタートします。

からだにふれることは、こころにふれること。
こころにふれることは、からだにふれること。

トリートメントの施術の現場で、
ごく自然な流れでぶちあたる”こころの諸問題”と
私達は、どう向きあえばよいのでしょう?
あるいは、こころのケアとしてのタッチの可能性は
どのような理論によって支えられるのでしょうか?

この連続講座では、毎回テキストと講義を通じて、
タッチとこころにまつわるテーマを、
様々な角度から問題提起しながら、解説します。
時には、簡単な身体的なワークも取り入れながら、
後半は、参加者の皆様にも積極的に発言していただきながら、
ゼミ形式でお届けします。

具体的な手技をお伝えするクラスではありませんが、
施術の効果を高め、自分自身をケアする力も高めていくことに
ご関心の方に、様々な観点からお伝えします。
セラピスト、手技療法に関わる方でなくても、
ケアや対人援助に関わる方、あるいは、ご関心のある方でしたら、
どなた様でもご参加いただけます。

『こころにやさしいタッチケア』の源流ともいえる新企画。
平日の午後3時間。お気軽にご参加ください。


<講座の内容>
*講座の進行状態から、若干の変更を加えることがあります。

第一回目 タッチの根源的な必要性 
9月6日(水)
テーマ
「連続講座の概要」「こころの諸機能」「皮膚と発生学」「周産期心理学」「母子関係」「基本的信頼関係」「愛着障害」「無意識との対話」

第二回目 皮膚と脳・神経
9月20日(水)
テーマ
「外受容感覚の理解/触覚と脳」「自律神経系の理解」「タッチとリラクセーション」「不安とストレス、脳疲労の軽減」「安心・安全」「非侵襲的アプローチ「脳とオキシトシン」

第三回目 ”わたしが在る”という気づき
10月4日(水)
テーマ
「内受容感覚の理解」「ソマティクス」「からだへの気づき」「今・ここ」「マインドフルネス」「存在へのかかわり」

第四回 あるがままの受容と”寄り添い”
10月18日(水) 
テーマ
「あるがまま」「からだの声を聴く」「共感・共鳴・共振」「傾聴」「ペーシング」「今・ここで共にあること」「ホリスティックな身体観・世界観」「実存」

第五回 ”人と人との間、距離、相互性” 
11月8日(水)
テーマ
「タッチの二重感覚」「対等」「能動か?受動か?」「パーソナル・スペース」「距離」「境界線(バウンダリー)」「転移&投影」「相互性」「所有と手放し/エゴ&嫉妬」

第六回 感情の抑圧と、からだ
11月22日(水)
テーマ
「ボディサイコセラピーという視点」「ボディ&マインド&スピリット」「感情と肉体/筋肉の「鎧化」「統合とは?」「エネルギーと肉体」「セクシャリティ」

第七回 ”自分自身を癒し、気づき、“ウケない”セラピストとなる”
12月8日(水)
テーマ
「身体機能的・心理的・エネルギー的視点で”ウケる”現象を考える」「燃え尽きない自分の在り方」「慈悲という視点」「グランディングとセンタリング」「呼吸の大切さ」など

第八回 ”タッチと、こころのケア・魂の癒し”
12月20日(水)
テーマ
「ストレス・鬱・過緊張・喪失、トラウマ、、不安や精神的な痛み」「緩和ケア・スピリチュアルケアとしてのタッチの可能性」

<日程>
2017年  ① 9月6日(水) ② 9月20日(水)  ③ 10月4日(水) ④ 10月18日(水)⑤ 11月8日(水) ⑥ 11月22日 ⑦ 12月6日(水) ⑧ 12月20日(水)

<時間>
午前1時30分~午後4時30分

<参加費>
8回講座、一括納入の場合39000円。
分割は1回5000円、単発参加の場合は1講座6000円。
*単発でご参加の場合でも、必ず開講の1週間前までにご予約ください。直前の場合はテキストをご用意できないことがあります。

<定員>
10名様 (最小催行人数4名)

<参加対象>
タッチやボディワーク、アロマ等、ふれることにかかわる施術者やセラピスト。
お勉強中の方も大歓迎です。
介護や看護など、タッチにかかわる対人援助職の方。
手技の技術力は必要ではありませんが、何らかの形で、人に触れるケア(介護等)のご経験のある方。

<お申込み&お問合せ>
こちらのフォームが便利です。
(フォームが機能しない場合は、下記のご連絡先にお問合せください)
メッセージ欄に、よろしければ
*施術歴の有無や資格等。
*単発でご参加の場合は、その日付をお書きください。

<会場>
アマナスペース(NPO法人タッチケア支援センター)
兵庫県尼崎市立花町2丁目13-10 アルファホーム1階
(JR立花駅から北へ徒歩6分。JR大阪駅から神戸線普通で3駅目)
0649679839 
<お問合せ>
info@touchcaresupport.com
0649679839
NPO法人タッチケア支援センター(主催)

<講師>
中川れい子
NPO法人タッチケア支援センター 理事長 
エサレン®ボディワーク認定施術者(施術歴18年)

NPO法人タッチケア支援センター理事長。塾・予備校での 日本史講師を経て、阪神淡路大震災での被災・ボランティア経験を契機に「からだ」を通じての心の癒しに関心を抱き1999年よりエサレン®ボディワークを実践。日々の施術の中でタッチの癒しの力を確信し2011NPO法人タッチケア支援センターを設立。「やさしくふれると世界は変わる」をテーマに、 タッチケアの普及・教育・研究・ボランティア活動等を行う。ソマティクス(身体感覚の気づき)を重視した、安全で 心地よく、対人援助に役立つ「こころにやさしいタッチケア&全身のオイルトリートメント講座」を指導。エサレンやローゼン・メソッ ド、米国ホスピタルベイスドタッチセラピーの指導教官を海外より招き「がん」や「脳神経後遺障害」患者へのタッチセラピーの講座を主宰。被災地や高齢者施設でのタッチケアの施術支援や、発達障害・うつ病等の施設等でのセルフタッチング指導を行う。女性のためのセラピールーム「アマナスペース」代表。関西学院大学文学部卒業。<身>の医療 研究会理事。


b0228973_13192103.jpg


by touchcaresupport | 2017-05-10 12:35 | 講座のご案内

7月22日開講 こころにやさしいタッチケア基礎講座(6回39時間)

家族間ケア・看護・介護等に役立つ
対人援助のための
こころにやさしいタッチケア基礎講座
 全六回、39時間 2017年7月から9月まで土日コース。
 少人数制でじっくりと身に着けます。
 パート1:7/22&23 パート2:8/19&20 パート3:9/16&17

*定員となりましたので、キャンセル待ちでのみお受付できます。
 

★タッチの基本的な性質や効果を学びながら、家族へのケアや、高齢者介護や看護、あるいはボランティア活動に役立つ、タッチケアを学び、技術を身につける集中基礎講座です。最終回は、高齢者施設(尼崎市内のデイサービス)で実習をおこなうので実践力が身に着きます。
主に下記の内容を6日にわけて習得します。

*タッチの基本理論
 タッチの必要性やその基本性質等
*タッチケアの実技習得
 安全で、心地よく人に寄り添うタッチケアの実践
*心理的諸問題 
 心理的投影や転移、あるいはタッチケアに付随する傾聴技法等
*高齢者へのタッチケアの特徴 
 高齢者特有の身体的留意点や認知症の方への関わり等
*施術者自身のセルフケア、気づきの向上のワーク 
 グランディングワーク、やマインドフルネス)
*禁忌や生理学的な留意点

★6回の講座で習得していただく手技は下記の実技です。

ハンドトリートメント」(手・腕へのオイルトリートメント)
座位での着衣の上からの肩・背中へのケア
ベッドに横たわった方へのやさしいタッチによるケア
フットトリートメント」(脚・足へのオイルトリートメントと足湯)
等、対人援助シーンで実践的な技術をお伝えします。


★『こころにやさしいタッチケア』は、文字通り、人の心と身体に優しく穏やかに作用するリラクセーション効果のとても高いタッチケア法で、タッチの穏やかなで心地よい質感と人間心理に基づいた安全・安心なアプローチ法が特徴です。米国カリフォルニア州エサレン研究所のエサレン®ボディワークや、その他の、主にソマティクス(somatics 一人一人の個人の感覚を大切にする身体学)や、身体的心理学を元に、タッチケア支援センターで考案されました。現在も、高齢者施設等の様々なシーンで、利用者様に大変喜ばれています。
その特徴は、下記のようものです。

*呼吸への注目
*波のようなゆったりとした動き(脳神経に穏やかに作用します)
*安心・安全をささえる非侵襲的アプローチ
*皮膚へのやさしい刺激と脳神経への影響
*”今・ここ”への気づき(マインドフルネス)と”あるがまま”の尊重
*グランディング&センタリングの重視
*こころ・からだ・自然・魂のつながりを大切にするホリスティックな身体観
*ふれること=ふれられることの相互関係性
*場・空間・距離、そして、心理的気づきの大切さ。



★少人数制で、お一人お一人に丁寧にご指導し、また講師が施術を受けることで的確なフィードバックをお伝えすることができます。手技を習ったけど、実践で使えない、、、ということにならないように、ふれることの基本を大切にしながら、一生使えるケアワークとしてご案内し、様々な状況で応用が効くように講座を構成しております。

★ご家族や身近な方へのケアを学びたい方や、看護や介護にタッチケアを取り入れることにご関心の方にご参加願えます。

★これまでのご参加の方の感想文はこちらです。
http://touchcare.exblog.jp/23919842/ (2014年受講生感想文)

<講座日程>  2017年7月~9月

【パート1】 7月
1回目 7月22日(土) 10時~午後5時30分
タッチの基本理論と性質、禁忌や他者に触れる際の注意事項
自分自身の身体感覚の気づきを高めるための体験的なワーク
”今・ここ”に共に寄り添うこと
基本的なハンドトリートメント技法

2回目 7月23日(日) 10時~午後5時30分
安全な空間とかかわり、コミュニケーションについて。
(ポジションや距離について)
より実践的なハンドトリートメント技法
タッチの質をより良くするための留意点
フィードバック実習(講師が全員の方の施術を受けます)

【パート2】 8月
3回目 8月19日(日) 10時~午後5時30分
非侵襲的アプローチ、ホリスティックな身体観の育成。
グランディング・センタリング、施術者のセルフケアとセルフアウェネスを高める。
マッサージテーブルを使っての、軽い圧でのGentle touchとベッドサイドでのハンドケア
ヒーリング・祈りとしてのタッチケア

4回目 8月20日(日) 10時~午後5時30分
タッチケアに伴う傾聴の理解。タッチにかかわる心の問題。
対人援助としてのタッチケアに関する留意点のまとめ
座位でのタッチケアの。手技の復習

【パート3】 9月

6回目 9月16日(土) 10時~午後5時30分
高齢者への関わりでの注意事項、ボランティアの心得
高齢者施設での実習
(会場は 兵庫県尼崎市内の高齢者施設)

5回目 9月17日(日) 10時~午後5時30分
リンパシステムの理解。
フットトリートメントの実習
手技の復習とまとめ 今後の学習と実践のためのガイドライン



<お申込みフォーム>
*タイトルに、講座日程(開講初日の日付)を必ずご記入ください)
*講座名にタッチケア基礎講座とお書きください。
http://www.touchcaresupport.com/ws_form.php

*上記フォームが機能しない場合、あるいは2日以上たっても返信がない場合は、お手数ですが、下記にまでご連絡ください。
メール info@touchcaresupport.com
電話  0649679839 (担当、中川)

<その他>
*場所 アマナスペース(兵庫県尼崎市、JR神戸線「立花駅」徒歩7分(大阪駅より3駅目)
  http://www.amanaspace.com/access.html
*定員 8名(最大10名 最小催行人数4名)
*対象:タッチケアにご関心のある方ならどなたでも。初心者大歓迎。
*パート1のみの参加も可能です(2日で23000円)
*ただし、全6回ご参加の方のみ、修了証をお渡しいたします)
*講習費 66000円 (全納、六回分 1日体験講座にご参加の方は5千円引きとなります)
  含まれるもの: 教材・テキスト等・実習用具・
          タッチケア支援センターロゴ入りエプロン(実習の時に使用します)
  分割の場合は一回12000円(6回分72000円)
  これまでの6回コースを修了された方の再受講は1日5000円となります。
*全六回修了後、修了証を発行いたします。
*お申込みのあと、2週間以内に講習料を所定講座にお振込みください。ご入金確認を持ちまして受講受付とさせていただきます。(全納をご希望の方は66000円。分割ご希望の方は初回分12000円)
*もちもの バスタオル1枚、フェイスタオル2枚、(日程によって、シーツも持参していただくことがあります)動きやすい服装、筆記用具

【主任講師】
中川玲子(NPO法人タッチケア支援センター代表 エサレン®ボディワーク施術者(施術歴18年)
    http://www.amanaspace.com/profile.html#1
他、経験豊かであたたかなアシスタントスタッフとご一緒にご案内します。

★この基礎コースを終了後は、本格的な全身のオイルトリートメントを学ぶ中級講座(78時間)、がんや医療ケアが必要な方へのタッチケア専科、また、タッチケアを伝えるファシリテーター養成講座等にご参加いただけます。この基礎講座が次のステップの参加資格となる場合がありますので、ぜひ履修ください。

やわらかで、あたたかく、包むようなタッチの質感が特徴的。
b0228973_12501520.jpg


アマナスペースでの講習風景
b0228973_12503679.jpg


高齢者施設での実習風景
b0228973_12505339.jpg





by touchcaresupport | 2017-02-15 12:52 | 講座のご案内

こころにやさしいハンドケア1日体験入門講座(4/27&6/4)

2017年 4月27日(木曜日)と6月4日(日曜日)
“今・ここ”で共に寄り添うケアとして
こころにやさしいタッチケア講座の中で最も人気の
こころにやさしいハンドケア
1日体験入門ワークショップを、それぞれの日程で開催します。
*4月27日(木)は現在定員となりましたので、キャンセル待ちのみお受けできます。

オイルを使って地肌にやさしくふれていく手指・腕へのやさしいケアワーク。
タッチケア支援センターの「こころにやさしいハンドケア」は、
安心・安全な空間とかかわり、距離や空間を大切にしたアプローチ法、
そして、呼吸とつながったゆっくりとしたリズムと
柔らかで穏やかなタッチの質感を通じて、
自律神経系を調え、こころとからだを緩めていく人気のワークです。
家族間ケアや、看護や介護の現場、ボランティア活動等で最も活用されています。

手や腕は、ハート(こころ)とつながっています。
やさしく、あたたかく、心地よく
手と手がつながり、対話を深めていくような
「タッチの質」を探求する旅を始めましょう。

【1日体験講座の内容】
① タッチケアに関するおおまかな理論
② 施術における注意事項、距離やアプローチ法等の基礎
③ セルフタッチングによって、自分自身を癒し、施術に相応しいやさしいタッチの質を育みます。
④ こころにやさしいハンドケアのデモセッションと、実技交換


【日時】 
平日 :2017年 4月27日(木曜日)
日曜 :2017年 6月4日(日曜日)
10時から午後5時 (計6時間 途中、昼休み休憩が入ります)
【場所】 
アマナスペース(タッチケア支援センター、オフィス)
兵庫県尼崎市立花町2-13-10 アルファホーム1階
JR神戸線 立花駅 :大阪から神戸方面に3駅目
http://www.amanaspace.com/access.html

【受講料】9500円
【定員】 8名 (最小催行人数は4名です)
【講師】 中川れい子(タッチケア支援センター 代表理事) 他 
【持ち物】 バスタオル1枚 ハンドタオル1枚 筆記用具 動きやすい服装等(上は、腕の袖がまくりあげれるようなもの。下は身体をしめつけないパンツスタイル。着替え可能)
【お申込み】
こちらのフォームが便利です。
お申込みフォーム(タイトルに、講座日程を必ずご記入ください)
http://www.touchcaresupport.com/ws_form.php

フォームがうまく機能しない場合は、こちらにご連絡ください。
メール info@touchcaresupport.com
℡ 06-4967-9839 (不在の場合は、留守番電話にメッセージをお残しください。折り返し、ご連絡さしあげます)
【主任講師】  
中川玲子 
NPO法人タッチケア支援センター 代表理事、
米国カリフォルニア州、エサレン®ボディワーク認定プラクティショナー(施術歴15年)プロフィール http://www.amanaspace.com/profile.html#1


さらに実践的に深めていくことをご希望の方には、介護・看護に役立つ対人援助のための「こころにやさしいタッチケア基礎講座」を受講ください。
開講予定日
⇒6月22日(土)&23日(日)、7月22日(土)&23日(日)、8月19日(土)&20日(日)
詳細きまりしだいHPでお伝えします。終了後、所定のカリキュラムを経て、高齢者施設でのタッチケアボランティアにご参加いただけます。

b0228973_123141.jpg


b0228973_1235718.jpg


b0228973_1242120.jpg

by touchcaresupport | 2017-02-15 12:22 | 講座のご案内

こころにやさしいタッチ&ヒーリング 全身のオイルトリートメント連続講座 三期生募集 4月22日開講

"こころにやさしいタッチ&ヒーリング”は、
米国エサレン研究所で発達した
エサレン®ボディワークの基本アプローチをもとに
呼吸とともに、ゆったりとした動き、受け手とのつながり、
相互性、波のような揺らし、ムーブメント
今・ここの気づき、静寂。mindfulness, presence, being …。
の概念を大切にしながら、
深いレベルでのリラクセーションと
ボディ&マインド&スピリットの統合と癒しを届けながら、
筋骨格系を多面的に調える、本格的な全身のオイルトリートメント講座です。

NPO法人タッチケア支援センター主催の
「こころにやさしいタッチケア基礎講座」の上級編として位置づけていますが、
この講座のみのご参加も可能です。
本格的な全身のオイルトリートメントを習得を目指す方
これまでのトリートメントの技術に、エサレン的なアプローチを取り入れたい方
自立したセラピストとして、クライアントさんに取り組む基盤となる心身の在り方を育みたい方
全身に触れることを通じて、自身の心身の成長に取り組みたい方ぜひ、ご参加ください。

(主任講師 中川れい子(NPO法人タッチケア支援センター代表理事))

*******************************
2017年4月から9月、土日×6か月、計12回
「こころにやさしいタッチ&ヒーリング講座」 
~全身のオイルトリートメント講座~ 
半年78時間(2017年2月~7月)
*******************************
★講座詳細★

【講習日時】
4月22日(土)&23日(日)   5月27日(土)&28日(日)  
6月17日(土)&18日(日)   7月8日(土)&9日(日)
8月5日(土)&6日(日)    9月2日(土)&3日(日)

【講習時間】 10時から17時30分
【定員】  6名(最大8名 最小催行人数4名)
【講習費用】 
<一括全納>  
12回分、一括全納→150000円
*お申込み金:30000円 初回講座前に残額をお振込みください。
<分割>
1か月(2日分) 28000円ずつの分割も可能です(合計168000円)
*一括・分割にかかわらず全コース参加が原則です。
*ご欠席となった場合の補講は、補講代金+5000円となります。
<再受講割引>
再受講割引2日で15000円)×6か月=90000円(分割可能)
*再受講の方は、一カ月ごとでのご参加も可能です。その際は2日間で18000円(1日のみ参加不可)
*定員となった場合は、初めての方のご参加を優先とさせていただきます。

【受講資格】
こころにやさしいタッチケア講座、タッチ&ヒーリング講座、
エサレン®ボディワーク関連WS受講「経験者」(1日だけでも可能です)
他の手技の施術を学ばれた方、あるいは、実践中の方もご参加いただけますので、ご相談ください。
(必ずエサレン®ボディワークの施術を1回以上受けてから、ご参加ください)
【講習会場】
タッチケア支援センター事務所:AMANA SPACE (自然素材の空間です)
兵庫県尼崎市、JR立花駅(JR神戸線、大阪より3駅目)
http://www.amanaspace.com/access.html
(遠方の方、宿泊ご相談ください)
【持ち物】   
フラットなシーツ(ゴムの入っていないもの)1枚、
大判のタオル1枚(上にかけるもの、シーツやサロンなどの布でも可)
足まくら用の同じサイズのバスタオル2枚
フェイスタオル2枚
動きやすい服装(着替え可能)
筆記用具

【主任講師】
中川れい子 
NPO法人タッチケア支援センター 代表理事
米国カリフォルニア州、エサレン®ボディワーク認定プラクティショナー(1999年認定コース参加)
ボディワーク&オイルトリートメント施術歴19年。
2003年より自宅ヒーリングスペースで全身のオイルトリートメント講座を開講。
2005年よりエサレン研究所のシャーピアス講師のワークショップのサポートを始める。
2007年に、エサレン研究所ツアーを主催
2010年、NPO法人タッチケア支援センター設立
2012年から15年、エサレン®ボディワーク資格認定コースを主催。
2001年、ヒーリングスペース・レイラインを開業 個人セッションをスタート
2010年、サロンを移転、現在のアマナスペースに移動後も、
エサレン®ボディワークを中心とする個人セッションを行う。
http://www.amanaspace.com/profile.html

【お申込み&お問い合わせ】
講座のお申込みは、こちらのフォームが便利です。
http://www.touchcaresupport.com/ws_form.php
 (開催の初日の日付を必ずご記載のうえ、「こころにやさしいタッチケア中級講座」か「全身のオイルトリートメント12回コース」とご記載ください。
上記のフォームがうまく起動しない場合は、info@touchcaresupport.com にお問い合わせください。
電話は0649679839
【主催】     
特定非営利活動法人 タッチケア支援センター ~やさしくふれると世界は変わる~
http://touchcaresupport.com/

*********************************************
★講習スケジュール (進行状況から、変更することがあります)★

4月22日(土)&23日(日)   5月27日(土)&28日(日)  
6月17日(土)&18日(日)   7月8日(土)&9日(日)
8月5日(土)&6日(日)    9月2日(土)&3日(日)


【パート1 4月】 施術の意図と心身の在り方、基本のタッチを深める。着衣での取り組み。
4/22 土曜日
グランディングとセンタリング、ホリスティックな身体観の育成
基本のタッチと、ドレープの上からの施術
4/23 日曜日
関係性と空間への理解  エネルギーボディの理解、
背面からの、ドレープの上からの施術法。圧や揺らしなど。施術の始まり方と終わり方。

【パート2 5月】 全身のロングストロークを習得する
5/22 土曜日
基本のオイルトリートメントの概要 施術の目的 
背面へのロングストローク
5/23 日曜日 
受講生全員の方のロングストロークのフィードバック。
ストレスの緩和とリラクセーションの促進への取り組み
肩・背中のコリの緩和を促すオイルトリートメントの基本


【パート3 6月】 筋骨格系に働きかける①(骨・筋肉・関節への取り組みと深層筋への関わり)
6/17 土曜日 
背面の足への取り組みと臀部 
6/18 日曜日 
前面の足への取り組み

【パート4 7月】 筋骨格系に働きかける②(肩甲骨・ハート・呼吸、部分とバランスの統合)
7/8 土曜日 
背面、肩・肩甲骨・腕への深部アプローチ。全身のワークの『統合
7/9 日曜日  
前面、胸から腕へのワーク 肩こりの改善に取り組む

【パート5 8月】 からだとこころのつながりを考察する、腹部・首・頭部
8/5 土曜日
腹部の理解 脚から腹へ (腹と心理的な諸問題への考察)
8/6 日曜日  
前面の統合 首と頭部、顔へのワーク 前面のワークの統合

【パート6 9月】 全身の統合、セッションの完成  
9/2 土曜日
チャクラやエネルギーフィールドの理解。
全身のフルセッションのデモと、交換セッション
9/3 日曜日
質疑応答、問診の方法、施術・開業の心得と注意点 
全身のフルセッション

********************************************
          
<こころにやさしい”全身のオイルトリートメント講座”の特徴>
★内容★
この講座は、タッチケア支援センター代表の中川れい子が、2003年から開講してきた全身のオイルトリートメント講座「タッチ&ヒーリング」がベースで、「こころにやさしいタッチケア」の源流となるものです。
ゆったりとした、波のリズムのロングストロークや、あるがままへの敬意、呼吸や重力バランスへの注目など、エサレン®ボディワークの全身オイルトリートメントの手法や教育法を、日本の風土や文化、日本人の体質にあう形で開発してきました。2015年より、「こころにやさしいタッチケア中級講座」として、本格的なリラクセーション・ボディワーク&全身のオイルトリートメントの施術法を伝える講座に生まれ変わりました。

★施術の目的★
現代人に特有のストレスを軽減し、筋骨格系のバランスを整え、循環を促し、ホルモンバランスを調えます。
深い安心感、心地よさとともに、自分自身への「気づき」を深め、心身の成長、自己受容・自己尊重、そして、つながる力をサポートします。

★自立した施術者を育むソマティクス&ホリスティック教育★
技術や身体構造(基本の解剖学)の座学と体験学習と同時に、全身への施術を通じて、よりダイナミックに人体に総合的にかかわります。
そして、タッチの質や施術力、他者との関わり、自分自身を見つめる力を養うことも大切にします。
理論の座学とともに、体験的なソマティクスのワークと実技実習を通じて、五感にダイナミックに働きかけながら、「自分で感じ、創り出す力」を高めることも重視します。
タッチを通じての全人教育、およびヒューマン・ポテンシャリティ(人間の潜在能力)を深め、ボディ&マインド&スピリットという全人的な視点をもつ自立した施術者として自己成長とセルフケアを重んじます。

★リラクセーションと気づき、+多彩なトリートメント技術⇒ホリスティック・アプローチ★
この施術の主なポイントは
1 施術者のタッチの質感を高めることを重視します。
2 安心・安全な環境と、関係性、そして、ゆったりとした、呼吸とつながるアプローチ法で自律神経を整えます。
3 からだへの”気づき”、「今・ここに在る」という”気づき”を深めます。
4 テーブルワークの基本となる、ボルスターやドレープの扱い方、その他、受け手が心地よく安全に施術を楽しめるような様々な実践的なアイデアをお伝えします。
5 筋肉の緊張を解きほぐし、身体をダイナミックにつなげ、探求する多彩で立体的なマッサージ技術(ゆらしや、ストレッチ、深層筋へのapproach等も含みます)
6、全身、そして、ボディ&マインド&スピリットのつながりを重視するホリスティックアプローチ。
7、人体を解剖学的に理解すると同時に、身体的な意味を心理的に理解することも重視します。
8、からだのブロックと感情の抑圧について、また、施術に関係する心理的な問題もテーマにします。

★修了と認定★
12回コース終了後、78時間(6・5時間×12回)の修了書と同時に、こころにやさしいタッチケア基礎講座36時間とあわせて、114時間の履修認定証を発行します。(基礎講座を修了されていない方は、78時間の履修認定となります)
受講終了後、講師によるスーパーバイズ(講師が受けてフィードバックします),1回付。
講習期間中、修了生有志による「練習会」にもご参加いただけます(参加費2千円)

★前回の参加者の方のご感想★

2016年度のコース
http://touchcare.exblog.jp/26246062/
2015 年
http://touchcare.exblog.jp/25112245/

会場となるアマナスペースや講習風景。
毎回、サークルからスタートします。
クラスは、実技に加えアートやムーブメント、ダンス、呼吸法など、
五感に働きかける様々なワークで深めます。

b0228973_1602794.jpg


b0228973_15525316.jpg


b0228973_1557497.jpg

by touchcaresupport | 2017-02-02 15:53 | 講座のご案内

3月6日 キャロリン・ターグの”実践エナジーワーク入門講座”

*****************************************
キャロリン・ターグの”実践エナジーワーク入門講座”
~マインドフルネス&ニューロサイエンスの理解とともに~
Energy Medicine and contemplative neuroscience
*****************************************

米国ホスピタルベイスドマッサージ指導教官、キャロリン・ターグ先生による
実践的なエナジーワークの入門講座(3時間)を西宮で開催します。

このクラスでは、医療的ケアが必要なケースでの実践的なエネルギー治療(energy medicine)に関する概観を、2つの視点からご案内します。
1つには、伝統的なエナジーワーク(レイキ等)の視点。
もうひとつは現代医学&脳神経科学(ニューロサイエンス)の視点から。

癒しのプロセスとして、マインドフルネス・ストレス低減法(MDSR)もご案内しながら、エナジーワークに取り組むセラピストの心身の在り方にもふれます。

キャロリン・ターグ先生が、これまで日本で開講してこられたがん患者や脳神経障害の後遺障害の方へのタッチセラピーの講座で、実践的につかわれる手技のほとんどは、リスクの少ない、静謐で、ソフトで穏やかな、肉体に触れるか触れないかぐらいのやさしいタッチ、いわゆる”エナジーワーク”が主流でした。

こうしたアプローチ法は、肉体をエネルギー&波動としてとらえる考えに基づいた伝統的なヒーリングワークにも見られる方法で、米国の医療環境下でのタッチセラピーの主流となりつつあります。その背景には、レイキやヒーリングタッチ、セラピューティックタッチ、あるいは、プラーナヒーリング等、様々な様式のエナジーワークが医療環境下でのケアとして注目されてきた歴史があります。キャロリン先生が、サンフランシスコで勤務されている『神様のホテル』の舞台となったラグナホンダ病院で患者さんたちに対して、実践しているマッサージセラピーもエナジーワークが中心です。この講座では、そうした実践的なエナジーワークのエッセンスを分かち合うことを目的とします。

<詳細>

日時 2017年 3月6日(月曜日) 
   午後2時~5時 (開場1時30分)

場所 六甲保養荘 健康道場 

兵庫県西宮市越水社家郷山1−95
阪急夙川&JRさくら夙川からバスで約15分から20分。山のふもとの静かな空間です。
http://www.rokko-hoyoso.jp/
*午後1時に、JRさくら夙川駅(JR神戸線)より、送迎バスが出ます。
*お申込みの際に、送迎バス使用希望の有無をお知らせください。
(詳細、お申込みの方にお知らせいたします)


定員  20名 (定員になり次第、締め切ります)

通訳  谷裕子

参加費  16000円 (Touch and Loss にご参加の方は、5千円引き)

参加対象 ボディワーカー、マッサージセラピスト、アロマセラピスト
     医療・看護・福祉・心理等の対人援助にかかわる方

お申込みフォーム
     PC・スマホ共用 : https://ws.formzu.net/fgen/S831988/
     携帯電話専用 : https://ws.formzu.net/mfgen/S831988/
      フォームが機能しない場合は、下記にお問合せください。

     (よろしければ、所属・ご経験等をメッセージ欄にご記載ください。
      また、Touch and Loss にご参加の方は6日&7日の宿泊の有無についてもお知らせください)
     
主催   NPO法人タッチケア支援センター
     ~やさしくふれると世界は変わる~
     http://touchcaresupport.com/
     info@touchcaresupport.com
06-4967-9839 (担当 中川れい子)
     
参考文献
"Energy Medicine: The Scientific Basis" by James Oschman 2nd ed

(*キャロリン・ターグ先生の2016年2days workshop " Touch and Loss ~喪失と悲嘆によりそうタッチセラピー~は、3月7日&9日に開催します。こちらもあわせて、ぜひどうぞ。)


<講師 キャロリン・ターグ先生 プロフィール>
b0228973_119492.jpg


米国カリフォルニア州認定マッサージ・セラピスト。統合医療の先駆的エリアであるサンフランシスコで、Hospital Based Massage (医療機関におけるマッサージ・セラピー)のセラピストとして、医療現場で実践に従事するとともに、医療環境内外での、安全で効果的な代替・補完療法の専門家として活動する。 特に成人および小児科でのがん患者や、脳卒中や事故等での脳神経後遺障害者へのマッサージ・セラピーを専門的に追求し、マッサージ・セラピストの教育プログラムの充実にむけて、国際的に活躍中。また、元高校教師としての経験を活かし、成人教育と自己成長トレー二ングを、セラピストの教育メソッドに取り入れる。医療機関でのマッサージ・セラピー事業のコンサルタント経験も豊富。 施術においては「ゆっくり・優しく・ソフト」なタッチを重視。病院の過剰なストレス環境での患者の不安・苦痛の緩和と、自己治癒力の促進、患者とのつながりを大切に、今・ここの気づきと共に在る、心のケアに注目する。また、クラニオセイクラル・セラピー、ローゼン・メソッド、レイキなどの手法に、グリーフ(悲嘆)ケアもとりいれ、ボディ&マインド&スピリットへのかかわりを通じて医療におけるマッサージ・セラピーを構築することを、自身の教育者としての役割として位置づける。 ACCAHC(代替補完医療学術コンソーシアム)会員、ホスピタル・ベイスド・マッサージ、オンコロジー・マッサージ認定セラピスト&認定指導教員 ディグリーフィングセラピー認定インストラクター
2015年1月、11月に「オンコロジータッチセラピー講座(がん患者へのタッチセラピー)」「ニューロタッチセラピー講座(脳神経障害の後遺症の方へのタッチセラピー)で来日。
【職歴】
カリフォルニア州サンフランシスコ市のパシフィック・メディカル・センター、Health & Healing 統合医療教育プログラムにて、マッサージ・セラピスト、および、その指導教員として長年従事。スタンフォード大学ルシル・パッカード子ども病院でも小児がんの子どもたちへのケアにあたる。現在、『神様のホテルー奇跡の病院で過ごした20年間―』(著者:ヴィクトリア・スウィート【毎日新聞社】)で絵が語れた、サンフランシスコ市内のラグナホンダ病院(Laguna Honda Rehabilitation center )に活動拠点を移し、医療環境下でのマッサージ・セラピーの施術と教育に従事する。ディグリーフィングセラピーlevel3 認定インストラクター。
by touchcaresupport | 2016-12-23 18:10 | 講座のご案内

Touch and Loss 『グリーフケア・喪失に寄り添うタッチセラピー』キャロリン・ターグ来日ワークショップ

2017年3月7日(火)&8日(水)、米国ホスピタルベイスドマッサージ指導教官の、キャロリン・ターグ(Carolyn Targue)先生の3度目の来日ワークショップのお知らせです。

現在、米国で実践されている『グリーフ(悲嘆)ケアとしてのマッサージセラピー』の紹介と、リトリート形式で2日間、静かな環境の中で自分自身と対話し、実際のタッチセラピーの体験を深めます。このクラスは、愛する人を失った方の喪失の痛みと寄り添うことと、災害や事故、離婚等による喪失や別離、あるいは、手術や事故等による身体的な喪失等、すべての喪失”Loss”についてテーマとし、下記の2つのテーマにも取り組みます。

”喪失と悲嘆に寄り添う、グリーフケアとしてのタッチセラピー”
”クライアントや患者さんとのセラピューティックな関係性の構築”です。

平日で申し訳ございませんが、貴重な講座ですのでぜひご参加ください。
くわしくは、下記の講座メッセージをご覧ください。
お問合せは、お気軽に主催のNPO法人タッチケア支援センターまで(下記に、連絡先があります)

b0228973_1235486.jpg










<講座概要>

日時:2017年3月7日(火)&8日(水) 2days 10時~17時30分
場所:六甲保養荘 健康道場(予定)
   兵庫県西宮市越水社家郷山1−95
  阪急夙川&JRさくら夙川からバスで約20分。山のふもとの静かな空間です。
     http://www.rokko-hoyoso.jp/
  *日夜、宿泊可。お申込み時にお知らせください(宿泊費7000円 1泊2食)
講師 キャロリン・ターグ(Carolyn Targue) 
(米国ホスピタルベイスドマッサージセラピー指導教官 プロフィールを参照してください)
通訳 広瀬由美子
(ボディワーク、心理、スピリチュアル等、過去10年以上様々なワークショップで通訳を担当。穏やかで、わかりやすい通訳が人気です)
定員  16名(定員になり次第締め切ります)
講習費用  68000円 通訳&テキスト&昼食(2日分)こみ
(早期割引期日2月10日迄。2月11日以降のお申込みは+5000円) 
参加対象  
医療・看護・福祉・心理、災害支援、グリーフケアやスピリチュアルケアに関わる方。
ボディワーク、アロマセラピスト、鍼灸、その他、ボディケアに関わる方
(タッチの経験がなくてもご参加いただけます)

<お申込みフォーム> 
*機能しない場合は、下記の連絡先(タッチケア支援センター)までお知らせください。
PC・スマホ共用 : https://ws.formzu.net/fgen/S18924333/
携帯電話専用 : https://ws.formzu.net/mfgen/S18924333/
~メッセージ欄に下記の点をお知らせください~
① 7日は宿泊されますか?あるいは、通いでしょうか?(宿泊代7000円1泊2食付き)
  (6日の実践エナジーワーク入門講座にご参加の方で6日宿泊をご希望される場合もお知らせください)
② 経験・資格・所属等、よろしければお知らせください。
③ この講座で学びたいことなど、よろしければお知らせください。
④ 昼食は、講座料に含まれます。菜食主義、アレルギー等がありましたら、お知らせください。

<講師 キャロリン・ターグ先生 プロフィール>

b0228973_14144611.jpg


米国カリフォルニア州認定マッサージ・セラピスト&認定ホスピタルベイスドマッサージセラピスト&認定講師。
大学では宗教学を専攻。元高校教師。大学院では哲学を専攻。哲学修士。日本には3度目の来日。オンコロジータッチセラピー(がんを生きる人々へのタッチセラピー)、ニューロタッチセラピー(脳卒中・事故等の後遺障害の方へのタッチセラピー)を日本に伝え、医療環境下でのタッチセラピーの可能性を広げることに貢献。

統合医療の先駆的エリアであるサンフランシスコで、Hospital Based Massage (医療機関におけるマッサージ・セラピー)のセラピストとして、医療現場で実践に従事するとともに、医療環境内外での、安全で効果的な代替・補完療法の専門家として活動する。 特に成人および小児科でのがん患者や、脳卒中や事故等での脳神経後遺障害者へのマッサージ・セラピーを専門的に追求し、マッサージ・セラピストの教育プログラムの充実にむけて、国際的に活躍中。また、元高校教師としての経験を活かし、成人教育と自己成長トレー二ングを、セラピストの教育メソッドに取り入れる。医療機関でのマッサージ・セラピー事業のコンサルタント経験も豊富。 施術においては「ゆっくり・優しく・ソフト」なタッチを重視。病院の過剰なストレス環境での患者の不安・苦痛の緩和と、自己治癒力の促進、患者とのつながりを大切に、今・ここの気づきと共に在る、心のケアに注目する。また、クラニオセイクラル・セラピー、ローゼン・メソッド、レイキなどの手法に、グリーフ(悲嘆)ケアもとりいれ、ボディ&マインド&スピリットへのかかわりを通じて医療におけるマッサージ・セラピーを構築することを、自身の教育者としての役割として位置づける。 ACCAHC(代替補完医療学術コンソーシアム)会員、ホスピタル・ベイスド・マッサージ、オンコロジー・マッサージ認定セラピスト&認定指導教員 ディグリーフィングセラピー認定インストラクター
2015年1月、11月に「オンコロジータッチセラピー講座(がん患者へのタッチセラピー)」「ニューロタッチセラピー講座(脳神経障害の後遺症の方へのタッチセラピー)で来日。

【職歴】
カリフォルニア州サンフランシスコ市のパシフィック・メディカル・センター、Health & Healing 統合医療教育プログラムにて、マッサージ・セラピスト、および、その指導教員として長年従事。スタンフォード大学ルシル・パッカード子ども病院でも小児がんの子どもたちへのケアにあたる。現在、『神様のホテルー奇跡の病院で過ごした20年間―』(著者:ヴィクトリア・スウィート【毎日新聞社】)で絵が語れた、サンフランシスコ市内のラグナホンダ病院(Laguna Honda Rehabilitation center )に活動拠点を移し、医療環境下でのマッサージ・セラピーの施術と教育に従事する。ディグリーフィングセラピーlevel3 認定インストラクター。


<講座へのメッセージ>

私達の人生は、様々な”Loss(喪失)”の体験にあふれています。
愛する人との離別や死別は、多くの人にとって最大のストレスと悲しみの一つだといわれています。また、災害等による、家や仕事、財産の喪失、あるいは深刻な事故や手術による後遺症や、身体的な喪失など。。。その体験は、お一人お一人に固有のもので、様々な状況に応じて複雑性があると言えるでしょう。そして、その悲しみもまたそれぞれの方にとって異なるものです。
人生において喪失の悲しみを体験せずに生きることは稀なことであり、ケアや癒し、セラピー、トリートメントに関わる方ならば、そうした体験をお持ちのクライアントさんと出会われることも、珍しいことではないのかもしれません。

米国の研究では、愛する家族を失った人の悲嘆症状が、マッサージやボディワークによって少しずつ軽減したという報告があります。心に寄り添い、「今・ここ」を伝えるタッチは、また、脳・神経や認知の在り方にもかかわり、大きな可能性があるといえるでしょう。過去に生きようとする思いと、今を生きようとする肉体。タッチケア&セラピーには、そうした葛藤をほどき、つながりを再生する力もあるのではないかと、、常日頃感じています。しかし、実際には繊細な乗り越えがたい問題も多く、ひとつひとつ丁寧に自分自身に立ち戻ることばかりです。

どのように寄り添い、共に在ることができるのか?
心地よさや安心感を通じて、回復をサポートする方法とは?
クライアントさんとの、セラピューティックな関係性を構築することとは?

米国の医療機関でマッサージセラピーを実践し、静謐で穏やかで、傷ついたクライアントさんに寄り添うケアを提供し続けてきた、キャロリン・ターグ先生をお招きしてのクラス。
キャロリン先生のバックボーンである、宗教学・哲学という観点からも、この講座はこれまでの、オンコロジータッチセラピー(がん患者さん)や、ニューロタッチセラピー(脳卒中・事故等の後遺障害)で、伝えられてきたクライアントさんに関わるエッセンスが、このTouch and Lossには、多く含まれているでしょう。これまで以上に、キャロリン先生の持ち味の活かされた内容となり、より多くのことを学ぶことができると期待しています。

様々な角度から2日間、喪失に寄り添うタッチセラピーについてご一緒に探求させていただけたらと思います。
この講座で学ばれたことを、皆様のケアの現場に生かされますことを願ってやみません。


      NPO法人 タッチケア支援センター

***

会場は、兵庫県西宮の山手にある閑静な公共の宿。六甲保養荘。
甲山を臨み、静かで自然環境が豊かな空間です。

b0228973_11332510.jpg


同じく六甲保養荘で、キャロリン・ターグ先生の、ミニワークショップが3月6日に開催されます。
”キャロリン・ターグの”エナジーワーク入門講座”
~マインドフルネス&ニューロサイエンスの理解とともに~エナジー  
詳細はこちらをご覧ください。(Touch and Loss 受講生の方には割引があります)
http://touchcare.exblog.jp/26497787/



<主催&お問合せ>
NPO法人タッチケア支援センター 
    ~やさしくふれると世界は変わる~

兵庫県尼崎市立花町2丁目13-10アルファホーム1階
連絡先 info@touchcaresupport.com
06-4967-9839 (担当 中川れい子)
by touchcaresupport | 2016-11-28 23:52 | 講座のご案内

”やさしくふれると世界は変わる”をテーマに活動するNPO法人タッチケア支援センターの最新情報、メッセージ等をお伝えします。お問い合わせ等は、こちらのHPをご覧ください。http://touchcaresupport.com


by touchcaresupport
プロフィールを見る
画像一覧