NPO法人タッチケア支援センター公式blog        ~やさしくふれると世界はかわる~ touchcare.exblog.jp

”やさしくふれると世界は変わる”をテーマに、看護・介護・家族間ケアで人にやさしいタッチケアを伝えるNPO法人タッチケア支援センターの最新情報、メッセージ等をお伝えします。お問い合わせ等は、こちらのHPをご覧ください。http://touchcaresupport.com


by touchcaresupport
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ:講座のご案内( 85 )

4名様少人数制のため
定員となりました。
キャンセル待ちで受付させていただきます。

第五期 東京
こころにやさしいタッチケア基礎講座

”心のケア・魂の癒しとしてのタッチケア”
~対人援助としてのタッチケアを習得する連続講座~

家族間ケア・看護・介護等、様々なシーンで
安全で、心地よく、一生身に着く、
人にも、自分自身にも
安心感と心地よさを伝える
実践的なタッチケアを習得するコースです。
(タッチケアの風景はこちらのスライドショーをご覧ください。

7月に完成します新オリジナルテキストを使って
理論をしっかりと学び、そして
体験ワークと実技実習を通じて
心地よいタッチの質と施術を身に着けます。

新型コロナウイルスの問題で
高齢者施設での実習は現在、お休み中です。
従来は実習を含めて7日間でしたが、
6日間でご案内いたします。
(なお、ファシリテーター養成講座に本基礎講座は必須となります)


日程
レベル1 8月11(火)&12(水)日
レベル2 9月15(火)&16(水)日
レベル3 10月13(火)&14(水)

*全 6日間、42時間。
*時間は、10時30分~午後6時
*レベル2以降は、それ以前のレベルの修了生のみとなります。
*レベル1のみのご参加も大歓迎です。


あたたかくて
やわらかくて
ほっと安心する。
それだけで、何かが違う
人の手のぬくもり。

タッチケアは、
自分自身のからだと
人と人とのつながりを深め
今・ここに寄り添う癒しを伝えます。

自律神経を調え
不安や痛みを緩和し、ストレスや脳疲労を軽減します。
そして、あなたがあなたのままで
かけがえのない存在であることを
触れる手を通じて存在へと伝えていくでしょう。



この7日間の講座では、
心のケアとしてのタッチケア。
そして、魂の癒し(スピリチュアルケア)としてのタッチケア、
ヒーリングとしてのタッチケアの可能性を、
「科学的理解」「施術実習」
「こころとからだの気づきのワーク」
を通じて、お伝えしていきたいと思います。

触れることが初めての方も、
経験者の方で看護・介護に役立つタッチケアを深めたい方にも
ご参加いただけます。

ハートと呼吸とつながった両手で
あなたのやさしいタッチを
大切な人に届けてください。

前回の受講生の方のご感想をブログにまとめました!

レベル1 
日程:8月11日(火)&12日(水)
10時30分~午後6時
タッチケアの基本理論と、ハンドトリートメントの習得

レベル2 
日程:9月15日(火)&16日(水)
10時30分~午後6時
タッチケアを深める・気づく・くつろぐ
ヒーリングとしての、タッチケアへ。
様々な、ソマティクスを中心とする体験的なワークを通じて
タッチの質・かかわりの質を高めます。
施術としては*ハンドマッサージの復習(フィードバック実習)
*チェアマッサージ *ベッドサイドでのヒーリングとしてのタッチケア

レベル3 
日程:10月13日(火)&14日(水)
10時30分~午後6時
フットトリートメントへの取り組み、手技の統合
高齢者のためのタッチケア、スピリチュアルケアとしてのタッチケア

     


場所   
東京都渋谷区(最寄り駅・小田急参宮橋/代々木八幡/千代田線代々木公園)
*お申込みの方に、詳細をお伝えいたします。

定員
4名(最大6名)
   少人数制とさせていただきます。
   お申込み多数の場合は、別日程を設定いたします)

講師   
中川れい子(プロフィールは下記をご覧ください) 他

講習費    
早期割引 6日一括 92000円 
*レベル1のみ参加の場合は、33000円
分割の場合 
レベル1 33000円
レベル2 33000円 
レベル3 33000円(3日分)
*費用に含まれるもの。すべての授業料・テキスト代・実技備品・実習代・エプロンその他等のボランティアセット。認定料。実習後、1年分の会費。
*再受講割引 1日参加費 7000円 (2日連続の場合は1日五千円)
*お振込み先:三井住友銀行 立花支店 
 普通 1718214 (特定非営利活動法人タッチケア支援センター)

対象   
看護・介護・教育等、対人援助にかかわる方。
ご家族のケアにタッチケアを取り入れたい方
ボディセラピスト、アロマセラピストの方で、タッチの質、かかわりの質を向上させたい方。
ボディワーク、ボディトリートメントの入門として。
その他、触れることや、自己成長にご関心の方でしたらどなた様でも。
     
 
≪ お申込みフォーム ≫
https://ws.formzu.net/fgen/S40530426/(PC スマホ)
https://ws.formzu.net/mfgen/S40530426/(携帯)
*ご参加のコースをお選びください
① 全コース参加 ① レベル1のみ  ② レベル1&2
*フォームが機能しない場合、1週間以内に返信がない場合は、下記にご連絡ください。
 メール: info@touchcaresupport.com  09019663819 (中川)

≪レベル1 講座内容(予定)≫
1日目
*タッチケアとは何か?
*タッチの根源的な必要性(子宮の中からはじまるふれあいの旅)
*周産期の流れと愛着障害の問題
*タッチの基本性質
*タッチケアの効果
*タッチと脳神経、自律神経系やオキシトシンのお話。
*やさしくて心地よいタッチの質を産み出すものは?
*セルフケア・セルフアウェネスの大切さ。
*触れることと、マインドフルネス(今・ここの気づき)
*あるがままの理解と、安全・安心の意味。
*基本の、ハンドトリートメントの実践

2日目

*グランディングとセンタリングワーク
*寄り添うこと。共にある・からだの声を聴くとは?
*距離や境界線、パーソナルスペースの問題、癒しの空間を育む。
*ホリスティックな身体観をはぐくむ。
*心のケアと、魂のケアの違いとは? トータルペインの理解
*高齢者・認知症の方・緩和ケア等でどのようにタッチケアを生かすことができるのか?
*タッチの圧についての考察と、禁忌のまとめ。
*座位での、肩背中へのタッチケアの基本
*ハンドトリートメントの復習


≪タッチケア基礎講座 レベル2、レベル3のお知らせ≫

レベル2
~タッチケアを深める・気づく・くつろぐ~
 ヒーリングとしての、タッチケアへ。
      
 クライアントさんと、ホリスティックに向き合い、
 終末期の方にも寄り添えるエネジェリックで心地よい触れ方を習得します。
 触れることについての、心理的諸問題について学びます。
 グランディング、マインドフルエネス、傾聴ワーク等を通じて、
 より一層、施術者としての心身の在り方と気づきを深めていきます。
 施術の質を深めていく、たいせつなコースです。

 ハンドトリートメントの講師によるフィードバック実習。
 肩・背中へのタッチケアとハンドトリートメントの復習。
 マッサージテーブルを使ってベッドサイドでの、ヒーリングとしてのタッチケア~
   

レベル3
~脚への取り組み、手技の統合
 22日は、高齢者施設でのボランティア実習~

 脚へのトリートメントとその注意点 禁忌の復習
 高齢者・認知症・緩和ケア等、医療的考慮が必要な場合の方へのかかわりの注意点
 手技とかかわりのまとめ・情報収集と問診の方法。
 触れることの心理的な諸問題。
 
 足湯とフットトリートメント
 ベッドサイドでの、ヒーリングとしてのタッチケア。


*全コース修了者の方には、こころにやさしいタッチケア認定ボランティア証と修了証書をお届けします。
 (今回は、実習ができない可能性がありますので、42時間修了の修了証となります)
*全コース、オリジナルテキストと教材、ワークに必要な様々なサポートが含まれます。
*レベル3をご参加の方には、実習で使用するロゴ入りエプロンを進呈します。
*全コース終了の方は、セラピスト講座、ファシリテーター養成講座へと進むことができます。

講師:中川れい子 プロフィール
NPO法人タッチケア支援センター理事長関西学院大学文学部卒業後、塾・予備校等の教育産業に従事。1995年、阪神淡路大震災で被災し避難所・仮設住宅でボランティア活動を行う。そうした体験から「からだ」を通じての心身の癒しとサポートに関心をもち、ボディワークや心理学、各種ヒーリングを学び始める。1999年、エサレン®ボディワークと出会い、その後認定プラクティショナーとなる。個人セッションを積み重ねる中、触れることの諸相とその心身への影響について探求を深め、2003年よりタッチやボディワークに関する講座を開講。さらに、2011年、NPO法人タッチケア支援センターを設立。こころと身体のつながりや、心身への気づき、関係性、そして、タッチの質感を重んじるタッチケアのあり方を追求し、その普及・教育・相談事業を展開する。対人援助のための「こころにやさしいタッチケア」講座や、「タッチとこころ」等の講座を開講。また、高齢者施設・がん患者会・うつ病の方の就労支援センター、発達障害・精神障害の方のデイサービス等でのボランティアや出張講座、産婦人科病棟での、産後の方への全身のオイルトリートメントの施術者としても活動。身の医療研究会理事。 エサレン®ボディワーク等の個人セッションは、アマナスペース(amana space)で随時受け付けています。

東京 第五期 こころにやさしいタッチケア基礎講座(平日コース)_b0228973_17184417.jpg
東京 第五期 こころにやさしいタッチケア基礎講座(平日コース)_b0228973_17174122.jpg
東京 第五期 こころにやさしいタッチケア基礎講座(平日コース)_b0228973_17181828.jpg

by touchcaresupport | 2020-06-08 17:19 | 講座のご案内
こころにやさしいタッチケア講座
1日&2日講座(タッチケア基礎講座レベル1)
を開講していただくファシリテーター養成講座
を2020年の秋に開講いたします。

【関東 ファシリテーター講座 第一期&第二期】
*少人数制のため、2回にわけて開催いたします。
*各、定員6名様まで。
*会場は、東京渋谷区(予定)

≪東京第一期・9月開講コース≫
パート1:9月18日(金)&19日(土)
パート2:10月16日(金)&17日(土)
パート3:11月13日(金)&14日(土)

*終了後、ZOOM等で質疑応答のクラスをもちます。

≪東京第二期・11月開講コース≫
パート1 11月10(火)&11(水)日
パート2 12月8日(火)&9日(水)日
パート3 2021年 1月12日(火)&13日(水)
終了後、ZOOM等で質疑応答のクラスをもちます。



≪ファシリテーター講座、概要≫

触れる/触れられることの本質をふまえ
ただ単に、手順を教えるだけではなく、
受講生の方の「つながる力」「癒しの力」を
豊かに引き出す、ファシリテーターとして
ご活躍頂く「こころにやさしいタッチケア講座
ファシリテーター」を養成したします。

ファシリテーターは、タッチケアを通じて、
受講生の方の心身の気づきと成長を促すことを
サポートする大切なお役を担います。
このファシリテーター養成講座を通じて
ご自身のセルフケアとして心身を調え、
人間理解を深め自己成長する機会としてもご活用ください。


試験等、所定のプロセスを経たのち
タッチケア支援センターオリジナル
「こころにやさしいタッチケア1日講座
および基礎講座レベル2(2DAYS)」の
テキストを使用し、認定ファシリテーターとして
ご活動していただきます。

皆様のまわりにおられる大切な方々に
ぜひ、タッチケアをお伝えし、
やさしくふれると世界はかわっていく輪を
お広げください。



<コース 内容>
レベル1
ファシリテーターとして必要な、心身の気づきとセルフケアを徹底的に深め
セルフタッチングやグランディングワーク等の指導法を学びます。

レベル2
テキストを通じて、タッチケアの理解を深め、
人とのつながり方、ただ、触れるケア、そして、
ハンドトリートメントの指導法を学びます。

レベル3
テキストの理解を通して、タッチケアを教えるさいの注意点、
ハンドトリートメントの指導法と、人と人との間にふれるワークや
生徒さんへの指導について学びます。
レベル1、2の復習と、実技指導を研修し、
最終的には、テストを行います。


受講料 全6回
各パート 35000円
全納の場合、98000円
認定料 15000円
(テキスト、10冊分等と認定証を発行させていただきます)

受講資格
① こころにやさしいタッチケア基礎講座(50時間)修了生(必修)
② ①にくわえ、下記の要件を満たし、タッチケア支援センターが認めたもの。
  *こころにやさしいタッチケア、中級講座修了生(全身のトリートメント)
  *50人以上のタッチケア・ボランティアの実践者。
   (レポート提出が望ましいですが、タッチケア支援センターが認めた方)
  *エサレン®ボディワーク認定プラクティショナー
  *3年以上のボディ・トリートメント(ヨガやソマティクス等、身体技法のインストラクターも含む)の実践経験のある方
  *100時間以上の実技の研修を受けた方
  *看護・介護・福祉職・教育・心理等の対人援助の専門分野を学ばれた方。あるいは実践経験のおありの方。有資格者等。
  (その他、お気軽にお問合せください)

≪ お申込みフォーム ≫
https://ws.formzu.net/fgen/S54484059/(PC スマホ)
https://ws.formzu.net/mfgen/S54484059/ (携帯)
*ご参加のコースをお選びください
① コメントに、
*フォームが機能しない場合、1週間以内に返信がない場合は、下記にご連絡ください。
 メール: info@touchcaresupport.com 06-4967-9839 (中川)


定員 6名様(最小催行人数は4名様)
*各講座とも、定員になり次第、締め切ります。
*いずれも、新型コロナウイルスの問題で、開講が出来ない場合は、延期するか、ご希望に応じて、講座料は返金させていただきます。



講師 中川れい子 (他)

プロフィール
NPO法人タッチケア支援センター関西学院大学文学部卒業後、塾・予備校等の教育産業に従事。1995年、阪神淡路大震災で被災し避難所・仮設住宅でボランティア活動を行う。そうした体験から「からだ」を通じての心身の癒しとサポートに関心をもち、ボディワークや心理学、各種ヒーリングを学び始める。1999年、エサレン®ボディワークと出会い、その後認定プラクティショナーとなる。個人セッションを積み重ねる中、触れることの諸相とその心身への影響について探求を深め、2003年よりタッチやボディワークに関する講座を開講。さらに、2011年、NPO法人タッチケア支援センターを設立。こころと身体のつながりや、心身への気づき、関係性、そして、タッチの質感を重んじるタッチケアのあり方を追求し、その普及・教育・相談事業を展開する。対人援助のための「こころにやさしいタッチケア」講座や、「タッチとこころ」等の講座を開講。また、高齢者施設・がん患者会・うつ病の方の就労支援センター、発達障害・精神障害の方のデイサービス等でのボランティアや出張講座、産婦人科病棟での、産後の方への全身のオイルトリートメントの施術者としても活動。身の医療研究会理事。 エサレン®ボディワーク等の個人セッションは、アマナスペース(amana space)で随時受け付けています。


by touchcaresupport | 2020-06-08 15:57 | 講座のご案内
わたしにふれて、オキシトシンUP!
**************************
セルフタッチング を体験しよう!
&タッチケアの基本理論の1ポイントレッスンも
**************************
zoomで、ご自宅で
簡単に体験していただけます。
1回だけのご参加でも、複数回でも(割引があります。詳しくは下記ご覧ください)

新型コロナウイルスの問題で、世界中の多くの方々が、感染の恐怖や、自宅自粛によるストレスや、仕事や経済活動の自粛等による様々な不安をかかえておられると思います。


タッチケアの施術は、こうした不安や怖れ・ストレスの緩和にとても有効なのですが、今は人と人との触れ合いはなるべく避けたほうが時期。なので、今日は、自宅でできる“セルフタッチン”を通じて、心身のストレスの軽減法を、お伝えさせていただきたいと思います。


セルフタッチングは、本来はタッチケア講座の中で自分のからだに触れながら“やわらかな手”“心地よいタッチ”を育むためのワークですが、いつのまにか、自分で自分を調えるセルフケアとして、様々な地域の現場(うつ病の方の就労支援センターや地域活動支援センター、がん患者会さん等で)ても、ご案内しています。


各、オンライン講座では、タッチケアの1ポイント講座と、セルフタッチングの体験ワークでお届けいたします(タッチの基本性質、タッチケアの効果、やさしいタッチの質感のポイント等)。


1日のみのご参加でも、連続ご参加でも。お気軽にご参加ください。連続ご参加の場合はお得な割引制度もあります。



【日程】
① 6月24日(水) 午後8時
② 7月29(水) 午後8時~
② 8月26日(水) 午後2時~(この日のみお昼間開催です)
(約90分 日程追加することがありますので、随時ご覧ください)

参加費 各2000円 
2回のご参加の場合は3500円
3回連続の場合は5000円
*こころにやさしいタッチケア基礎講座修了生の方は無料
 (必ず事前にお申込みください。基礎講座修了とメッセージ欄にご記載ください)

【お申込みフォーム】
〇下記のPeatrixのページからお申込みしていただけますと、カードやPaypalでのお支払いが可能です。
*お申込みの方に、講座開講数日前にZOOMのアドレスをお届けします。
〇その他、お問合せがありましたらこちらにご連絡ください。


≪セルフタッチングの主な目的≫

*皮膚への優しい刺激によるリラクセーション(副交感神経優位)

オキシトシンの分泌も高め、不安やストレス、痛みや怖れを緩和します。

*からだに触れることを通じて“自分自身のからだ”への“気づき(somatic awareness)を高めていくこと

*癒しの主体である自分自身とつながることで自分自身を大切にし、慈しむセルフコンパッション(self compassion)を通じて、自己尊重感・自発的治癒力や免疫力を高める。

*からだ全体のつながり感を高めて、全身の統合を回復する。

*触れる感覚を通じて「今・ここ」の気づき(マインドフルネス)を深める。



ZOOMでつながり、みんなと一緒にセルフタッチングすることで、幸せホルモンのオキシトシンも増大。日頃のセルフケアにも取り入れることができます(人によって体験は様々です)

詳しくはこちらのブログをご覧ください。

内容
① タッチケアの基本理論(1ポイントレッスン、各回内容が異なります)セルフタッチングについて
② セルフタッチング体験(約20分)
③ わかちあい(希望者の方にはアートワークをおこないます)

このクラスでは、セルフタッチングの終了後、それぞれの皆様で、ご自分のからだに再び深く感じていただく時間をもち、最後には、絵を描くアート表現をおこなっていただきます。ご参加の方は、筆記用具と、白い紙(A4以上。画用紙やスケッチブックだとなお良いでしょう)と、クレパス(クレヨン、色鉛筆等、ご愛用のものを)を各自でお手元にご用意ください。約1時間(最大延長90分)




【講師プロフィール】

中川れい子(なかがわれいこ)

NPO法人タッチケア支援センター代表理事。
エサレン®ボディワーク認定プラクティショナー
こころとからだのセラピールーム アマナスペース代表
<身>の医療の会、理事



阪神淡路大震災の被災・ボランティア経験を経て、からだを通じての癒しの大切さを痛感し、1998年よりボディワーク、ボディサイコセラピー、各種ヒーリングを学び始める。1999年にエサレン®ボディワークと出会い、自宅サロンで開業、個人セッションをひたすらに積み重ねる中、触れることの様々な力を実感し、その普及・教育・ボランティア団体として、「やさしくふれると世界はかわる」をテーマに2011年NPO法人タッチケア支援センターを設立。ソマティクス(身体感覚の気づきにかかわるワーク)を重視した、安全で心地よく、対人援助に役立つ「こころにやさしいタッチケア講座」を開講。高齢者施設・がん患者会・緩和ケア病棟・産科等での施術会や、発達障害・精神障害の方の地域活動支援センター、うつの方の就労支援センター、疼痛患者の会や、依存症の会など、様々なフィールドで、セルフケアやタッチケアの指導にあたる。また、個人サロン、amana spaceでのエサレン®ボディワーク等の個人セッションも、引き続き行う。オーガナイズとしては、エサレン®ボディワークの認定コースを含めての各種ワークショップ主催、米国ホスピタルベイスドマッサージ公認講師、キャロリン・ターグ氏を招いてのオンコロジータッチセラピー講座、グリーフケアのためのタッチセラピー等の講座をオーガナイズする。関西学院大学文学部卒業 元、予備校「日本史」講師 ・


NPO法人タッチケア支援センター
   ~やさしくふれると世界はかわる~
お問合せ先 office@touchcaresupport.com
http://touchcaresupport.com/


セルフタッチング zoom体験講座 ~わたしにふれて、オキシトシンUP!~(6/24 . 7/29 . 8/26)_b0228973_09474922.jpg





セルフタッチング zoom体験講座 ~わたしにふれて、オキシトシンUP!~(6/24 . 7/29 . 8/26)_b0228973_09442205.jpg

by touchcaresupport | 2020-06-03 09:45 | 講座のご案内
5月5日のタッチ協会さん主催の「ステイホームでタッチフェス」での、タッチケア支援センターのコーナー「それでもやっぱりタッチが大切な深いワケ」100人を超える皆様にご参加いただき、心より感謝申し上げると同時に、皆様のご関心の深さも実感しました。そこで、同じ内容を、さらに膨らませた形で、5月に3回、無料ウェビナー(オンライン・セミナー)を開催することとなりました。第一回目は、5月13日(水)午後2時と、午後9時、2回開催します。下記を是非ご覧ください。

無料参加ですので予約は必要ありません。
お問合せはこちらに→(☆をクリックしてください)

タッチケアって何?
よかったら、こちらのyou-tubeをクリック!

*****


緊急事態宣言も延長となり、触れるケアに関わる方々の自粛も継続中の方が多いかと思います。そんな中、タッチケア支援センターでは5月の下記のオンライン講座をすべて無料配信でお届けし、皆さんでこれからのタッチケアや施術の在り方をご一緒に考えながら、心を繋げていきたいと思います。


こうやって、実際に
ふれあうことが難しい時だからこそ
私達のタッチケアは、微細さと気づき
思いやりと、やさしさを学び
本当に必要な癒しを提供できるよう
成長していくのだと思います。
ただ、手で触れること以上の
触れることの意味と共に、
コロナの時代を通じて、
さぁ、進化しましょう。




第一回目は5月5日のタッチの日のオンラインイベントでもご案内した「それでもやっぱりタッチが必要な、深いワケ」のアップデート版です。お昼の部と、夜の部の2部構成としました。ご都合のよろしい時にお気軽にご参加ください。いずれも15分前からご入室可能です。

講師&ファシリテーター
中川れい子(NPO法人タッチケア支援センター代表理事 
      エサレン®ボディワーク認定施術者)


<コロナの時代のタッチケアを考える 連続無料ウェビナー>

第一回 5月13日(水) 
午後2時と9時、1日 2回開講

『それでも、やっぱりタッチが大切な深いワケ ー皮膚のもつ原初の記憶 / タッチケアの過去から未来へー』

ZOOM はこちらから。
午後2時  https://us02web.zoom.us/j/86934018538
午後9時  https://us02web.zoom.us/j/89890566719
コロナ問題で人と人との身体距離は遠ざかる中、ごく自然と「触れてはいけない」「触れると感染する」という考えにとらわれがち。同時に、SNSやZOOM、Youtube等でのデジタルなつながりが加速していきます。タッチケア支援センターはデジタル社会のタッチレス化を予感して2011年に設立しましたが、2020年のコロナの問題で本格化してきた感があります。

そこで、いつもタッチケア講座でお話しています「なぜ、人類にはタッチやふれあいが必要なのか?」のお話を、子宮の中からの胎児の成長や、近代医学と感染症、そしてタッチ研究がどのように進化してきたのを紐解きながら、多方面から解説したいと思います。お話が中心ですが、最後には少しだけセルフケア・ワークをご案内いたします。(講座時間:1時間 最大延長90分)


<今後のお知らせ>
第二回 5月20日(水) 
午後2時 と 午後9時

『コロナの過ぎゆく時代の施術を考える 

-施術における感染症対策の試案 
 理解を通じて不安や怖れを乗り越えるー』

昼の部(PM2時)https://us02web.zoom.us/j/84061405369
夜の部(PM9時)https://us02web.zoom.us/j/85777167979

新型コロナウイルスの影響で、世界中の多くのマッサージ等の施術が自粛や活動の縮小を余儀なくされていますが、今後、緊急事態宣言終了後は徐々に再開される方も多いでしょう。そんな中、特に気を付けるべき点とは何か? 感染症の理解、心理的な問題等を多方面から解説し、皆様のご意見やご不安な点もわかちあいながら、これからの施術の在り方をみんなで考える参加型のセミナーです。触れるワークではない対面のセラピーや対人援助に携わる方、ご家庭内での触れ合いに関わる方もご参加も大歓迎です。約1時間(最大延長90分)

第三回 5月27日(水) 
午後2時より

『セルフタッチング アートワークショップ ~自分につながり、自分を癒し、自分を表現する~』(昼の部のみ)

昼の部(PM2時)https://us02web.zoom.us/j/82270482770

自分自身にふれて、自分とつながり、自分を慈しみ、全身のつながりを統合する”セルフタッチング”。呼吸とともに循環を高め、深いリラクセーション、不安や怖れ・ストレスの軽減、からだへの気づきを深め、日ごろ考えすぎな頭の中もスッキリするなど、、、コロナの時代のセルフケアワークとしてお勧めです(人によって体験は様々です)。このクラスでは、セルフタッチングの終了後、それぞれの皆様で、ご自分のからだに再び深く感じていただく時間をもち、最後には、絵を描くアート表現をおこなっていただきます。ご参加の方は、筆記用具と、白い紙(A4以上。画用紙やスケッチブックだとなお良いでしょう)と、クレパス(クレヨン、色鉛筆等、ご愛用のものを)を各自でお手元にご用意ください。約1時間(最大延長90分)


参加方法:お申し込みは必要ありません。Facebookの参加ページをクリックしてください。お時間になりましたら、各講座のzoomのURLをクリックしてご参加ください。


<注意事項・お願い/参加前にご一読下さい>
・あらかじめ、zoomのアプリケーションをダウンロードしておいてください。
・zoomは開始15分前から入室可能です。
・ 途中入室/途中退室はご自由におこなっていただけます。
(zoomでは定員100名を超えた場合は入室していただけない場合があります)
・ 「つながり」を感じるため、なるべく画面ONにしていただけましたら幸いです。
(お顔やお部屋がうつりたくなければ画面をOFF設定にしていていただいて大丈夫です)
・ お申し込み者様による接続不具合・ご都合等による対応はできかねます点をご了承下さい(予めWi-Fi接続環境、ギガ数をご確認ください)
・著作権コンテンツ保護のため録音・動画撮影、外部との共有は固く禁止致します
・イベント情報は変更されている場合があります.Facebookページで最新情報をご確認ください





講師プロフィール

中川れい子(なかがわれいこ)
NPO法人タッチケア支援センター代表理事。
エサレン®ボディワーク認定プラクティショナー
こころとからだのセラピールーム アマナスペース代表
<身>の医療の会、理事


阪神淡路大震災の被災・ボランティア経験を経て、からだを通じての癒しの大切さを痛感し、1998年よりボディワーク、ボディサイコセラピー、各種ヒーリングを学び始める。1999年にエサレン®ボディワークと出会い、自宅サロンで開業、個人セッションをひたすらに積み重ねる中、触れることの様々な力を実感し、その普及・教育・ボランティア団体として、「やさしくふれると世界はかわる」をテーマに2011年NPO法人タッチケア支援センターを設立。ソマティクス(身体感覚の気づきにかかわるワーク)を重視した、安全で心地よく、対人援助に役立つ「こころにやさしいタッチケア講座」を開講。高齢者施設・がん患者会・緩和ケア病棟・産科等での施術会や、発達障害・精神障害の方の地域活動支援センター、うつの方の就労支援センター、疼痛患者の会や、依存症の会など、様々なフィールドで、セルフケアやタッチケアの指導にあたる。また、個人サロン、amana spaceでのエサレン®ボディワーク等の個人セッションも、引き続き行う。オーガナイズとしては、エサレン®ボディワークの認定コースを含めての各種ワークショップ主催、米国ホスピタルベイスドマッサージ公認講師、キャロリン・ターグ氏を招いてのオンコロジータッチセラピー講座、グリーフケアのためのタッチセラピー等の講座をオーガナイズする。関西学院大学文学部卒業 元、予備校「日本史」講師 ・


NPO法人タッチケア支援センター
   ~やさしくふれると世界はかわる~
お問合せ先 office@touchcaresupport.com
http://touchcaresupport.com/


5月無料ウェビナー『コロナの時代のタッチケアを考えるー①5/13 それでもやっぱりタッチが大切な深いワケ―」_b0228973_12554939.jpg

by touchcaresupport | 2020-05-11 12:56 | 講座のご案内


地域社会にケアと癒しを

~“社会的処方箋”とセラピストの役割~

 一人一人の癒しから、社会の癒しへ

ほっとくつろぎ、心も体もゆるまり、気楽に訪れて癒される。
そんな、癒しが、地域社会に届けられたら、どんなに素敵だろう?という願いをこめて、
” 地域社会にケアと癒しを ”、、、について語り合うトーク・イベントを企画しました。
医療や介護や福祉の現場、そして、在宅・訪問という新しいスタイルも含め、
様々な角度から、お伝えしていきたいと思います。

4月に予定していた企画でしたが、新型コロナウイルスで延期となりました。
今回は、zoomによるオンライン講座の形で、8月23日に再編成してお届けします。
全国各地から、お気軽にご参加ください。







お話①

「地域とつながり見えてくるタッチケア・セラピストの役割」

 ~出産・介護・緩和ケア・看取り・・・“いのち”の現場に伝える“癒し”とは?~

        

          中川れい子 (NPO法人タッチケア支援センター代表理事)


お話②  

「社会的処方箋と、訪問セラピストの実際」

 ~サロン以外でケアをする、お伺いスタイルのセラピストとして~


久保木み規 (LITTLE HARBOR 主宰 セラピスト)


心と体がつながっているように、個人と自然環境、家族や地域社会、人間関係等、個人の“well-being(幸福)”は様々なフィールドと密接に繋がりあい、ひとつひとつを切り離すことはできません。こうしたホリスティックなフィールドにおいて、癒し手としてのセラピストのニーズが徐々に高まりつつあり、その活動や先進的なあり方に注目が寄せられています。


公的制度に盛り込まれていない立場であることや、技術の質や安全管理、人権への配慮や保守義務等の倫理性等、セラピストが社会的役割を果たすための質の向上についてなど、様々な課題が残る一方で、時代と社会の要請にこたえる形で、医療や福祉の現場、メンタルケア、災害支援等の現場で活動するセラピストも年々増えています。また、訪問ケアの提供も広がりつつあります。


人々が日常で抱える様々な問題を乗り越えていくために、“今・ここ”を大切にし、自分自身に戻るスペースを取り戻し、深いリラクセーションを届け、回復をささえる“癒し”が、地域社会に今後どのように機能するのかを探求し、その鍵となる、様々なケースを見つめてみたいと思います。


今回は、NPO法人タッチケア支援センター代表の中川れい子による過去9年間の地域社会での活動報告(産後のお母さん、高齢者・がん患者会・終末期・うつの回復期の方・発達障害の方への取り組み)と、アロマセラピストとして長年活躍されている久保木み規さんによるサロン以外での、お伺いスタイルでのケアと、心地よい暮らしにつながる様々な提言を2つの柱として、地域社会の癒しに関わる未来の“セラピスト”のビジョンを、広げていきたいと思います。


<日時> 2020年 8月23日(日)午後2時~5時
Zoomでのオンライン講座となります。


<登壇者> 中川れい子(NPO法人タッチケア支援センター代表理事
              エサレン®ボディワーカー  amana space主宰)
      久保木み規(LITTLE HARBOR 主宰 アロマセラピスト)

<参加費> 3500円 (こころにやさしいタッチケア基礎講座修了生の方は2500円)

<お申込み>
以下のイベントページ(Peatix)からお申し込みください

*前日の8月22日午前中までにお申し込みください。
*ZOOMの参加用URLは、8月22日夜にお届けします。

お申込みがうまくいかない場合は、下記にご連絡ください。


<主催> NPO法人タッチケア支援センター

     やさしくふれると世界はかわる

      http://touchcaresupport.com/

メール: office@touchcaresupport.com

電話 : 06-4967-9839




ゲスト・スピーカー紹介プロフィール


久保木み規(くぼきみのり)

8月23日(日)” 地域社会にケアと癒しを ー“社会的処方箋”とセラピストの役割ー” オンライン・セミナー_b0228973_17274355.jpg


・LITTLE HARBOR 主宰 セラピスト)

・日本アロマ環境協会認定:アロマセラピスト・インストラクター

・日本ホリスティック医学協会認定:生活習慣病予防指導士・ホリスティックヘルス塾インストラクター

・アクセスコンシャスネスUSA認定:アクセスバーズ・プラクティショナー


●心地よいカラダ・ココロ・クラシをコンセプトに活動

フリースタイリストとして活動している中、ハーブとの出会いがあり、現在のセラピストとしてのお仕事に至っています。

アロマテラピーやアーユルヴェーダを中心とした自然療法に加えて、地球暦や旧暦などの暦の知恵を借りながら、施術や講師をしています。

心身ケアの他に、お部屋の整理レクチャー、パーソナルスタイリングなどその方にとって、心地よい暮らしにつながるお手伝い役として活動しています

●活動実績 

[施術]

帯津三敬病院    愛和病院    赤坂溜池クリニック    シロタ産婦人科

グランドハイアット東京SASHUサロン

特別介護老人ホーム グッドタイムホーム、ツクイグループ各所  他

[講師]

日本リフレクソロジスト養成学院/アロマテラピー座学

生活の木:ホリスティックハーバルプラクティショナー養成講座/アーユルヴェーダ座学

社会福祉法人蒼生会 認定こども園 /ベビーマッサージ教室  他



中川れい子(なかがわれいこ)


・NPO法人タッチケア支援センター代表理事。http://touchcaresupport.com/

・こころとからだのセラピールーム“amana space代表

・エサレン®ボディワーク認定プラクティショナー

・<身(み)>の医療研究会 理事


阪神淡路大震災の被災・ボランティア経験を経て、からだを通じての癒しの大切さを痛感し、1998年よりボディワーク、ボディサイコセラピー、各種ヒーリングを学び始める。1999年にエサレン®ボディワークと出会い、自宅サロンで開業、個人セッションをひたすらに積み重ねる中、触れることの様々な力を実感し、その普及・教育・ボランティア団体として、「やさしくふれると世界はかわる」をテーマに2011NPO法人タッチケア支援センターを設立。ソマティクス(身体感覚の気づきにかかわるワーク)を重視した、安全で心地よく、対人援助に役立つ「こころにやさしいタッチケア講座」を開講。高齢者施設・がん患者会・緩和ケア病棟・産科等での施術会や、発達障害・精神障害の方の地域活動支援センター、うつの方の就労支援センター、疼痛患者の会や、依存症の会など、様々なフィールドで、セルフケアやタッチケアの指導にあたる。また、個人サロン、amana spaceでのエサレン®ボディワーク等の個人セッションも、引き続き行う。オーガナイズとしては、エサレン®ボディワークの認定コースを含めての各種ワークショップ主催、米国ホスピタルベイスドマッサージ公認講師、キャロリン・ターグ氏を招いてのオンコロジータッチセラピー講座、グリーフケアのためのタッチセラピー等の講座をオーガナイズする。関西学院大学文学部卒業 元、予備校「日本史」講師 

活動実績 :甲南医療センター、社会福祉法人喜楽苑、社会福祉法人希望の家、就労支援センターワンモア、がん患者会「きずな」「ともいき京都」「つながりひろば」他  個人セッションはこちらまで


8月23日(日)” 地域社会にケアと癒しを ー“社会的処方箋”とセラピストの役割ー” オンライン・セミナー_b0228973_17184417.jpg


 



by touchcaresupport | 2020-02-08 13:40 | 講座のご案内
コロナの問題で延期となり、
日程が下記に変更となりました。

第四期 東京
こころにやさしいタッチケア基礎講座

”心のケア・魂の癒しとしてのタッチケア”
~対人援助としてのタッチケアを習得する連続講座~

家族間ケア・看護・介護等、様々なシーンで
安全で、心地よく、一生身に着く、
人にも、自分自身にも
安心感と心地よさを伝える
実践的なタッチケアを習得するコースです。

オリジナルテキストを使って
理論を学び、そして
体験ワークと実技実習を通じて
心地よいタッチの質と施術を身に着けます。

日程
レベル1 4月10(金)&11(土)日
レベル2 5月8(金)&9(土)日
レベル3 6月12(金)&13(土)&20(土)日

*全 7日間、50時間。
*時間は、10時30分~午後6時
*最終日のみ、11時から5時
*レベル2以降は、それ以前のレベルの修了生のみとなります。
*これまで、レべル1・2を修了された方は、途中参加できます。


あたたかくて
やわらかくて
ほっと安心する。
それだけで、何かが違う
人の手のぬくもり。

タッチケアは、
自分自身のからだと
人と人とのつながりを深め
今・ここに寄り添う癒しを伝えます。

自律神経を調え
不安や痛みを緩和し、ストレスや脳疲労を軽減します。
そして、あなたがあなたのままで
かけがえのない存在であることを
触れる手を通じて存在へと伝えていくでしょう。



この7日間の講座では、
心のケアとしてのタッチケア。
そして、魂の癒し(スピリチュアルケア)としてのタッチケア、
ヒーリングとしてのタッチケアの可能性を、
「科学的理解」「施術実習」
「こころとからだの気づきのワーク」
を通じて、お伝えしていきたいと思います。

触れることが初めての方も、
経験者の方で看護・介護に役立つタッチケアを深めたい方にも
ご参加いただけます。

ハートと呼吸とつながった両手で
あなたのやさしいタッチを
大切な人に届けてください。

前回の受講生の方のご感想をブログにまとめました!

レベル1 
日程:6月12日(金)&13日(土)
10時30分~午後6時
タッチケアの基本理論と、ハンドトリートメントの習得

レベル2 
日程:7月10日(金)&11日(土)
10時30分~午後6時
タッチケアを深める・気づく・くつろぐ
ヒーリングとしての、タッチケアへ。
様々な、ソマティクスを中心とする体験的なワークを通じて
タッチの質・かかわりの質を高めます。
施術としては*ハンドマッサージの復習(フィードバック実習)
*チェアマッサージ *ベッドサイドでのヒーリングとしてのタッチケア

レベル3 
日程:8月7日(金)&8日(土)
(実習の日程は、現在調整中です)
10時30分~午後6時
フットトリートメントへの取り組み、手技の統合
高齢者のためのタッチケア、スピリチュアルケアとしてのタッチケア
 &高齢者施設でのボランティア実習~
     


場所   
東京都渋谷区(最寄り駅・小田急参宮橋/代々木八幡/千代田線代々木公園)
*お申込みの方に、詳細をお伝えいたします。

定員
4名(最大6名
   少人数制とさせていただきます。
   お申込み多数の場合は、別日程を設定いたします)

講師   
中川れい子(プロフィールは下記をご覧ください) 他

講習費    
早期割引 7日一括 108000円 (3月31日までにお申込みの方)
*4月1日以降のお申込みは、一括料金112000円となります。
*レベル1のみ参加の場合は、33000円
分割の場合 
レベル1 33000円
レベル2 33000円 
レベル3 50000円(3日分)
(レベル2+3一括の場合、80000円
*費用に含まれるもの。すべての授業料・テキスト代・実技備品・実習代・エプロンその他等のボランティアセット。認定料。実習後、1年分の会費。
*再受講割引 1日参加費 7000円 (2日連続の場合は1日五千円)
*お振込み先:三井住友銀行 立花支店 
 普通 1718214 (特定非営利活動法人タッチケア支援センター)

対象   
看護・介護・教育等、対人援助にかかわる方。
ご家族のケアにタッチケアを取り入れたい方
ボディセラピスト、アロマセラピストの方で、タッチの質、かかわりの質を向上させたい方。
ボディワーク、ボディトリートメントの入門として。
その他、触れることや、自己成長にご関心の方でしたらどなた様でも。
     
 
≪ お申込みフォーム ≫
https://ws.formzu.net/fgen/S40530426/(PC スマホ)
https://ws.formzu.net/mfgen/S40530426/(携帯)
*ご参加のコースをお選びください
① 全コース参加 ① レベル1のみ  ② レベル1&2
*フォームが機能しない場合、1週間以内に返信がない場合は、下記にご連絡ください。
 メール: info@touchcaresupport.com 06-4967-9839 (中川)

≪レベル1 講座内容(予定)≫
1日目
*タッチケアとは何か?
*タッチの根源的な必要性(子宮の中からはじまるふれあいの旅)
*周産期の流れと愛着障害の問題
*タッチの基本性質
*タッチケアの効果
*やさしいタッチを生み出すものは?
*セルフケア・セルフアウェネスの大切さ。
*触れることと、マインドフルネス(今・ここの気づき)
*あるがままの理解と、安全・安心の意味。
*基本の、ハンドトリートメントの実践

2日目

*グランディングとセンタリングワーク
*寄り添うこと。共にある・からだの声を聴くとは?
*距離や境界線、パーソナルスペースの問題
*ホリスティックな身体観をはぐくむ。
*心のケアと、魂のケアの違いとは? トータルペインの理解
*高齢者・認知症の方・緩和ケア等でどのようにタッチケアを生かすことができるのか?
*タッチの圧についての考察と、禁忌のまとめ。
*座位での、ヒーリングとしてのタッチケア
*ハンドトリートメントの復習


≪タッチケア基礎講座 レベル2、レベル3のお知らせ≫

レベル2
~タッチケアを深める・気づく・くつろぐ~
 ヒーリングとしての、タッチケアへ。
      
 クライアントさんと、ホリスティックに向き合い、
 終末期の方にも寄り添えるエネジェリックで心地よい触れ方を習得します。
 触れることについての、心理的諸問題について学びます。
 グランディング、マインドフルエネス、傾聴ワーク等を通じて、
 より一層、施術者としての心身の在り方と気づきを深めていきます。
 施術の質を深めていく、たいせつなコースです。
 マッサージテーブルを使ってベッドサイドでの、ヒーリングとしてのタッチケア~
   

レベル3
~脚への取り組み、手技の統合
 22日は、高齢者施設でのボランティア実習~

 脚へのトリートメントとその注意点 禁忌の復習
 高齢者・認知症・緩和ケア等、医療的考慮が必要な場合の方へのかかわりの注意点
 手技とかかわりのまとめ・情報収集と問診の方法。
 触れることの心理的な諸問題。
 最終日は、高齢者施設での実習を行います。


*全コース修了者の方には、こころにやさしいタッチケア認定ボランティア証と修了証書をお届けします。
*全コース、オリジナルテキストと教材、ワークに必要な様々なサポートが含まれます。
*レベル3をご参加の方には、実習で使用するロゴ入りエプロンを進呈します。
*全コース終了の方は、セラピスト講座、ファシリテーター養成講座へと進むことができます。

講師:中川れい子 プロフィール
NPO法人タッチケア支援センター理事長関西学院大学文学部卒業後、塾・予備校等の教育産業に従事。1995年、阪神淡路大震災で被災し避難所・仮設住宅でボランティア活動を行う。そうした体験から「からだ」を通じての心身の癒しとサポートに関心をもち、ボディワークや心理学、各種ヒーリングを学び始める。1999年、エサレン®ボディワークと出会い、その後認定プラクティショナーとなる。個人セッションを積み重ねる中、触れることの諸相とその心身への影響について探求を深め、2003年よりタッチやボディワークに関する講座を開講。さらに、2011年、NPO法人タッチケア支援センターを設立。こころと身体のつながりや、心身への気づき、関係性、そして、タッチの質感を重んじるタッチケアのあり方を追求し、その普及・教育・相談事業を展開する。対人援助のための「こころにやさしいタッチケア」講座や、「タッチとこころ」等の講座を開講。また、高齢者施設・がん患者会・うつ病の方の就労支援センター、発達障害・精神障害の方のデイサービス等でのボランティアや出張講座、産婦人科病棟での、産後の方への全身のオイルトリートメントの施術者としても活動。身の医療研究会理事。 エサレン®ボディワーク等の個人セッションは、アマナスペース(amana space)で随時受け付けています。

by touchcaresupport | 2020-01-03 13:49 | 講座のご案内
新型コロナウイルスの問題で
3月開講を、5月末開講となりました。
感染症対策を行いながら開催します。

こころにやさしいタッチケア基礎講座

”心のケア・魂の癒しとしてのタッチケア”
~対人援助としてのタッチケアを習得する連続講座~

2020 春、関西(兵庫県 尼崎市)
レベル1 3月14日(土)&15日(日)
レベル1 4月25日(土)&26日(日)
レベル1 5月30日(土)&5月31日(日)
レベル2 6月27日(土)&28日(日)
レベル3 8月1日(土)&2日(日)

*高齢者施設での実習の日程は、現在調整中です。
*10時から午後5時半 
(開場は9時40分)


全 7日間、50時間。
レベル1だけの単発のご参加も可能です。
(レベル2以降は、レベル1の受講生のみご参加いただけます)


家族間ケア・看護・介護等、様々なシーンで
安全で、心地よく、一生身に着く、
人にも、自分自身にもやさしう
実践的なタッチケアを習得するコースです。

レベル1だけの単発としての参加も可能です。


あたたかくて
やわらかくて
ほっと安心する。
それだけで、何かが違う
人の手のぬくもり。

タッチケアは、
自分自身のからだと
人と人とのつながりを深め
今・ここに寄り添う癒しを伝えます。

自律神経を調え
不安や痛みを緩和し、ストレスや脳疲労を軽減します。
そして、あなたがあなたのままで
かけがえのない存在であることを
触れる手を通じて存在へと伝えていくでしょう。



この7日間の講座では、
心のケアとしてのタッチケア。
そして、魂の癒し(スピリチュアルケア)としてのタッチケア、
ヒーリングとしてのタッチケアの可能性を、
「科学的理解」「施術実習」
「こころとからだの気づきのワーク」
を通じて、お伝えしていきたいと思います。

触れることが初めての方も、
経験者の方で看護・介護に役立つタッチケアを深めたい方にも
ご参加いただけます。

ハートと呼吸とつながった両手で
あなたのやさしいタッチを
大切な人に届けてください。

前回の受講生の方のご感想をブログにまとめました!

レベル1 
タッチケアの基本理論と、ハンドトリートメントの習得
レベル2 
タッチケアを深める・気づく・くつろぐ~
ヒーリングとしての、タッチケアへ。
レベル3 
フットトリートメントへの取り組み、手技の統合
高齢者のためのタッチケア、スピリチュアルケアとしてのタッチケア
 &高齢者施設でのボランティア実習~
     


場所   
アマナスペース(タッチケア支援センター セミナールーム)
*兵庫県尼崎市立花町2丁目13-10 
JR立花駅(JR神戸線、 大阪より普通電車で神戸方面に3駅目)
*お申込みの方に、詳細をお伝えいたします。

講師   
中川れい子(プロフィールは下記をご覧ください) 他
 
講習費  
早期割引 7日一括 98000円 (早期割引 2020年2月1日迄
*7月1日以降のお申込みは、102000円となります。
*レベル1のみ参加の場合は、30000
 (1日体験講座にご参加の方は5千円引き。一括の場合も)
*分割の場合 
レベル1 30000円
レベル2 30000円 
レベル3 45000円(3日分)
(レベル2+3 一括の場合➡72000円
*費用に含まれるもの(授業料・テキスト料金・実技費用・実習費用・認定料・エプロン等、ボランティア備品。1年分の会費)
*再受講割引 1日参加費 7000円 (2日連続の場合は1日五千円)
*お振込み先:三井住友銀行 立花支店 
 普通 1718214 (特定非営利活動法人タッチケア支援センター)

対象   
看護・介護・教育等、対人援助にかかわる方。
ご家族のケアにタッチケアを取り入れたい方
ボディセラピスト、アロマセラピストの方で、タッチの質、かかわりの質を向上させたい方。
ボディワーク、ボディトリートメントの入門として。
その他、触れることや、自己成長にご関心の方でしたらどなた様でも。
     
  
定員   8名(最少開催人数4名。最大14名様まで)

≪ お申込みフォーム ≫
https://ws.formzu.net/fgen/S40530426/(PC スマホ)
https://ws.formzu.net/mfgen/S40530426/(携帯)
*ご参加のコースをお選びください
① 全コース参加 ① レベル1のみ  ② レベル1&2
*フォームが機能しない場合、1週間以内に返信がない場合は、下記にご連絡ください。
 メール: info@touchcaresupport.com 06-4967-9839 (中川)


≪レベル1 講座内容(予定)≫
1日目
*タッチケアとは何か?
*タッチの根源的な必要性(子宮の中からはじまるふれあいの旅)
*周産期の流れと愛着障害の問題
*タッチの基本性質
*タッチケアの効果
*やさしいタッチを生み出すものは?
*セルフケア・セルフアウェネスの大切さ。
*触れることと、マインドフルネス(今・ここの気づき)
*あるがままの理解と、安全・安心の意味。
*基本の、ハンドトリートメントの実践

2日目

*グランディングとセンタリングワーク
*寄り添うこと。共にある・からだの声を聴くとは?
*距離や境界線、パーソナルスペースの問題
*ホリスティックな身体観をはぐくむ。
*心のケアと、魂のケアの違いとは? トータルペインの理解
*高齢者・認知症の方・緩和ケア等でどのようにタッチケアを生かすことができるのか?
*タッチの圧についての考察と、禁忌のまとめ。
*座位での、ヒーリングとしてのタッチケア
*ハンドトリートメントの復習


≪タッチケア基礎講座 レベル2、レベル3のお知らせ≫

レベル2
~タッチケアを深める・気づく・くつろぐ~
 ヒーリングとしての、タッチケアへ。
      
 クライアントさんと、ホリスティックに向き合い、
 終末期の方にも寄り添えるエネジェリックで心地よい触れ方を習得します。
 触れることについての、心理的諸問題について学びます。
 グランディング、マインドフルエネス、傾聴ワーク等を通じて、
 より一層、施術者としての心身の在り方と気づきを深めていきます。
 ~マッサージテーブルを使ってベッドサイドでの、ヒーリングとしてのタッチケア~
   

レベル3
~脚への取り組み、手技の統合
 22日は、高齢者施設でのボランティア実習~

 脚へのトリートメントとその注意点 禁忌の復習
 高齢者・認知症・緩和ケア等、医療的考慮が必要な場合の方へのかかわりの注意点
 手技とかかわりのまとめ・情報収集と問診の方法。
 触れることの心理的な諸問題。
 最終日は、高齢者施設での実習を行います。


*全コース修了者の方には、こころにやさしいタッチケア認定ボランティア証と修了証書をお届けします。
*全コース、オリジナルテキストと教材、ワークに必要な様々なサポートが含まれます。
*レベル3をご参加の方には、実習で使用するロゴ入りエプロンを進呈します。
*全コース終了の方は、セラピスト講座、ファシリテーター養成講座へと進むことができます。

講師:中川れい子 プロフィール
NPO法人タッチケア支援センター理事長関西学院大学文学部卒業後、塾・予備校等の教育産業に従事。1995年、阪神淡路大震災で被災し避難所・仮設住宅でボランティア活動を行う。そうした体験から「からだ」を通じての心身の癒しとサポートに関心をもち、ボディワークや心理学、各種ヒーリングを学び始める。1999年、エサレン®ボディワークと出会い、その後認定プラクティショナーとなる。個人セッションを積み重ねる中、触れることの諸相とその心身への影響について探求を深め、2003年よりタッチやボディワークに関する講座を開講。さらに、2011年、NPO法人タッチケア支援センターを設立。こころと身体のつながりや、心身への気づき、関係性、そして、タッチの質感を重んじるタッチケアのあり方を追求し、その普及・教育・相談事業を展開する。対人援助のための「こころにやさしいタッチケア」講座や、「タッチとこころ」等の講座を開講。また、高齢者施設・がん患者会・うつ病の方の就労支援センター、発達障害・精神障害の方のデイサービス等でのボランティアや出張講座、産婦人科病棟での、産後の方への全身のオイルトリートメントの施術者としても活動。身の医療研究会理事。 エサレン®ボディワーク等の個人セッションは、アマナスペース(amana space)で随時受け付けています。

2020年関西 5月30日開講 こころにやさしいタッチケア基礎講座(50時間)_b0228973_22545981.jpg
2020年関西 5月30日開講 こころにやさしいタッチケア基礎講座(50時間)_b0228973_22544608.jpg
2020年関西 5月30日開講 こころにやさしいタッチケア基礎講座(50時間)_b0228973_22542361.jpg
2020年関西 5月30日開講 こころにやさしいタッチケア基礎講座(50時間)_b0228973_22551515.jpg

by touchcaresupport | 2019-12-13 22:56 | 講座のご案内
こころにやさしいタッチケア講座
1日講座を開講していただく、
ファシリテーター養成講座を
2020年2月より開講します。

場所は、関西、アマナスペース(兵庫県尼崎市)

レベル1は2月1日(土)2日(日)
レベル2は3月7日(土)8日(日)
レベル3は4月18日(土)19日(日)

触れる/触れられることの本質をふまえ
ただ単に、手順を教えるだけではなく、
受講生の方の「つながる力」「癒しの力」を
豊かに引き出す、ファシリテーターとして
ご活躍頂く方を養成したします。

ファシリテーターは、タッチケアを通じて、
受講生の方の心身の気づきと成長を促すことを
サポートする大切なお役を担います。
このファシリテーター養成講座を通じて
ご自身の心身を調え、人間理解を深め
自己成長する機会としてもご活用ください。

試験等、所定のプロセスを経たのち
タッチケア支援センターオリジナル
「こころにやさしいタッチケア1日講座」の
テキストを使用し、認定ファシリテーターとして
ご活動していただきます。

皆様のまわりにおられる大切な方々に
ぜひ、タッチケアをお伝えし、
やさしくふれると世界はかわっていく輪を
お広げください。

(関東では、来年の夏以降に開講する予定です)


<コース 内容>
レベル1
ファシリテーターとして必要な、心身の気づきとセルフケアを徹底的に深め
セルフタッチングやグランディングワーク等の指導法を学びます。

レベル2
テキストを通じて、タッチケアの理解を深め、
人とのつながり方、ただ、触れるケア、そして、
ハンドトリートメントの指導法を学びます。

レベル3
テキストの理解を通して、タッチケアを教えるさいの注意点、
生徒さんへの指導について学びます。
レベル1、2の復習と、実技指導を研修し、
最終的には、テストを行います。


受講料 全6回
95000円(12月末日までの早割。2020年1月以降は105000円)
(分割の場合は、各レベル33000円×3)
認定料 15000円
(テキスト、10冊分等と認定証を発行させていただきます)

受講資格
① こころにやさしいタッチケア基礎講座(50時間)修了生(必修)
② ①にくわえ、下記の要件を満たし、タッチケア支援センターが認めたもの。
  *こころにやさしいタッチケア、中級講座修了生(全身のトリートメント)
  *50人以上のタッチケア・ボランティアの実践者。
   (レポート提出が望ましいですが、タッチケア支援センターが認めた方)
  *エサレン®ボディワーク認定プラクティショナー
  *3年以上のボディ・トリートメントの実践経験のある方
  *100時間以上の実技の研修を受けた方
  *看護・介護・福祉職・教育等の対人援助の専門職を5年以上勤務された方。
  (その他、お気軽にお問合せください)

≪ お申込みフォーム ≫
https://ws.formzu.net/fgen/S54484059/(PC スマホ)
https://ws.formzu.net/mfgen/S54484059/ (携帯)
*ご参加のコースをお選びください
① タイトルに、ファシリテーター講座とお書きください。
*フォームが機能しない場合、1週間以内に返信がない場合は、下記にご連絡ください。
 メール: info@touchcaresupport.com 06-4967-9839 (中川)


定員 8名様(最小催行人数は4名様)

講師 中川れい子 (他)

プロフィール
NPO法人タッチケア支援センター関西学院大学文学部卒業後、塾・予備校等の教育産業に従事。1995年、阪神淡路大震災で被災し避難所・仮設住宅でボランティア活動を行う。そうした体験から「からだ」を通じての心身の癒しとサポートに関心をもち、ボディワークや心理学、各種ヒーリングを学び始める。1999年、エサレン®ボディワークと出会い、その後認定プラクティショナーとなる。個人セッションを積み重ねる中、触れることの諸相とその心身への影響について探求を深め、2003年よりタッチやボディワークに関する講座を開講。さらに、2011年、NPO法人タッチケア支援センターを設立。こころと身体のつながりや、心身への気づき、関係性、そして、タッチの質感を重んじるタッチケアのあり方を追求し、その普及・教育・相談事業を展開する。対人援助のための「こころにやさしいタッチケア」講座や、「タッチとこころ」等の講座を開講。また、高齢者施設・がん患者会・うつ病の方の就労支援センター、発達障害・精神障害の方のデイサービス等でのボランティアや出張講座、産婦人科病棟での、産後の方への全身のオイルトリートメントの施術者としても活動。身の医療研究会理事。 エサレン®ボディワーク等の個人セッションは、アマナスペース(amana space)で随時受け付けています。

2月1日開講 第二回ファシリテーター(level 1)養成講座(関西)_b0228973_13004501.jpg
2月1日開講 第二回ファシリテーター(level 1)養成講座(関西)_b0228973_13023875.jpg
2月1日開講 第二回ファシリテーター(level 1)養成講座(関西)_b0228973_15354364.jpg
2月1日開講 第二回ファシリテーター(level 1)養成講座(関西)_b0228973_13033048.jpg

by touchcaresupport | 2019-10-14 13:03 | 講座のご案内
この1日体験クラスでは、
よりホリスティックな身体理解を
エネルギー・フィールドやチャクラ等の
サトル(微細な)アナトミーにまで広げ
より、繊細で、エネジェリックに触れていく
タッチの質を深めていきます。

終末期の方や、重篤な方へのベッドサイドで寄り添う
ヒーリングとしてのタッチケア。
あるいは、喪失やトラウマをもたれる方への
穏やかで非侵襲なかかわりについて。

ボディ・マインド・スピリットへの洞察を深め
エナジーワークと、スピリチュアル・ケアの
接点を探り寄せる、実践的なクラスでもあります。

様々な手技の施術をすでに実践されている方にも
ご参加いただけます。



午前
こころ・からだ・魂の統合と、
人と人との間、距離、そして、
エネルギー・フィールドの理解。
(エーテル体・アストラル体・メンタル体って何?等)
より、精妙なホリスティックな身体観を養い、
人と人との、エネルギーとしてのつながりを探求します。

午後
ホリスティックな人間観を養う。
7つのチャクラの統合的な意味とは?
ヒーリングについて、考察する。
マッサージテーブルを使っての、Hands on による
ヒーリングとしての、タッチケア・セッション。

日時  12月15日(日) 10時~18時  
参加費 18000円 (タッチケア基礎講座修了生・オンコロジータッチ修了生の方は15000円)
定員  8名 (最小催行人数4名様)
講師  中川れい子(タッチケア支援センター代表理事)
お申込みは、こちらから(ワークショップの日付を必ずご記入ください)
フォームが機能しない場合は、info@touchcaresupport.comまでおお知らせください。
持ち物  フラットなシーツ。大判のタオル フェイスタオル(2枚ほど) 
     動きやすい服装(下はパンツスタイル)

こういう方に
*タッチの質を深め、これまでの施術のヒーリングへの質を深めたい方。
*看護や介護等で、終末期の方や、重篤な方に触れることがおありの方
 あるいは、ご家族の方へのかかわりを深めたい方。
*触れることが初めての方は、なるべく、12月14日のタッチケア入門講座にご参加ください。
 14&15日両方にご参加の方は、両日で25000円とさせていただきます。
 (お申込みのときに、両日参加とお書きください)


中川れい子 プロフィール
NPO法人タッチケア支援センター 理事長  身の医療研究会理事 

1963年兵庫県生まれ。関西学院大学文学部卒業後、塾・予備校で「日本史」を担当。阪神淡路大震災で被災後、エサレン ®ボディワーク認定施術者に(施術歴20年)。現在、 対人援助のための「こころにやさしいタッチケア」講座を関西と東京で開講し、タッチケアの普及・教育にあたる。高齢者施設・ホスピス・がん患者会・産科等での施術活動や、各機関での出張講座もおこなう。海外講師を招いて オンコロジー・タッチセラピー(がんを生きる人々へのタッチセラピー)や、 グリーフケアのためのタッチセラピー講座等のオーガナイズも行う。 HP : http://touchcaresupport.com/ mail :info@touchcaresupport.com



12月15日(日) エネジェリックに触れていく ”ヒーリングとしてのタッチケア”を深める1day講座(関西)_b0228973_15322538.jpg


12月15日(日) エネジェリックに触れていく ”ヒーリングとしてのタッチケア”を深める1day講座(関西)_b0228973_13592411.jpg









by touchcaresupport | 2019-10-02 14:00 | 講座のご案内

2019年度の、ソマティック・フェスタ

ミニ・講座で”こころにやさしいタッチケア”の

体験講座を、国立代々木青少年センターで開催します。

このクラスでは、特に、タッチケアや

ヒーリングのもつ“ART”の側面が、

リラクセーションや神経的な安らぎに

どのように影響を与えていくかにも、

フォーカスしていきたいと思います。

是非、ご参加ください。


**************************************************

こころにやさしいタッチケア

~つながりの“アート”の探求~

詳細はこちらをクリック

*********************************************

日時: 10月11日(金) 10時~11時50分

会場: 国立代々木青少年センター カルチャー棟4階

    会場詳細はこちらをクリック

    お申込みは、こちらをクリックしてください。

主宰 :ソマティック心理学協会


家族間ケア・看護介護等の対人援助の現場で

活用するタッチケアの体験講座です。


この日は、タッチの基本理論はシンプルに。

様々な体験的なワークを通じて

タッチの質・かかわりの質を、

アート(ART)として、深めていきたいと思います。


施術中の、気づきや動きの美しさは、

ケアにおけるやさしさ、あるいは、

神経的なやすらぎにつながることがよくあります。


米国カリフォルニア州エサレン研究所で

開発された、エサレン®ボディワークを

ベースに、対人援助の現場で活躍する

こころにやさしいタッチケアで

いつもお伝えしている大切なことは


呼吸 * 重力 * ゆらぎ


まずは地球に身をゆだねながら、

自分自身に触れていくことから始まります。

そして、距離・間合い・目線・声・空気感・角度・関係性等・・・

動きの中で、人と人とのつながりへの”気づき”を深め、

つながりの、やわらかな質感を産み出していきます。


絵を描く、表現のワークも、楽しんでみましょう。


触れる/触れられる体験を通じて、

今・ここで(mindfulness)、

共に在る(Being)質が、

『ケア』にどのように影響するかも探求しましょう。

ヒーリングの場をホールドすることも体験できればと思います。

もちろん、実際に、人に触れるワークも行います。



【対象】 

タッチケアにご関心のある方ならどなたでも。

触れることが初めての方も、大歓迎です。

看護・介護・ボディセラピスト等、

対人援助の現場で、より、受け手の方が

安心安全・心地よさ・リラクセーションを深める

癒しの技術を身に着けたい方。


服装: からだをしめつけない、楽な服装でおこしください。   

    パンツスタイルのほうが、ベターです。



ソマティック・フェスタ2019年は、こちらをクリック。

(他にも、素敵なワークショップがたくさんあります)


さらに、「こころにやさしいタッチケア」を深めたい方には

11月9日より、東京での連続講座をお勧めします。

https://touchcare.exblog.jp/29398529/


講師:中川れい子 プロフィール
NPO法人タッチケア支援センター理事長関西学院大学文学部卒業後、塾・予備校等の教育産業に従事。1995年、阪神淡路大震災で被災し避難所・仮設住宅でボランティア活動を行う。そうした体験から「からだ」を通じての心身の癒しとサポートに関心をもち、ボディワークや心理学、各種ヒーリングを学び始める。

1999年、エサレン®ボディワークと出会い、その後認定プラクティショナーとなる。個人セッションを積み重ねる中、触れることの諸相とその心身への影響について探求を深め、2003年よりタッチやボディワークに関する講座を開講。

さらに、2011年、NPO法人タッチケア支援センターを設立。こころと身体のつながりや、心身への気づき、関係性、そして、タッチの質感を重んじるタッチケアのあり方を追求し、その普及・教育・相談事業を展開する。対人援助のための「こころにやさしいタッチケア」講座や、「タッチとこころ」等の講座を開講。また、高齢者施設・がん患者会・うつ病の方の就労支援センター、発達障害・精神障害の方のデイサービス等でのボランティアや出張講座、産婦人科病棟での、産後の方への全身のオイルトリートメントの施術者としても活動。米国ホスピタル・ベイスド・マッサージの関連講師を招いて、オンコロジー(がん・腫瘍学)・タッチセラピー等のオーガナイズも行う身の医療研究会理事。 エサレン®ボディワーク等の個人セッションは、関西と関東で。

10/11  東京:こころにやさしいタッチケア/つながりのアートの探求~_b0228973_17200018.jpg
10/11  東京:こころにやさしいタッチケア/つながりのアートの探求~_b0228973_12125505.jpg

by touchcaresupport | 2019-08-30 12:00 | 講座のご案内