6月18日@東京 米国・医療環境下でのタッチ・セラピーの現状

HOSPITAL BASED  MASSAGE


米国・医療環境下での
タッチ・セラピーの現状

講師 : キャロリン・ターグ 


2019年6月18日(火) 午後7時~

会場:東京(赤坂スカイルーム)

病院での過剰なストレス下での
不安と苦痛を緩和する

医療環境下でのタッチセラピーについて、

米国サンフランシスコより講師を招き

その実践から学ぶミニ講座です。

b0228973_00053532.jpg


ホスピタル・ベイスド・マッサージ (HBM / Hospital Based Massage)とは、

米国の医療環境下の様々な状況に応じて発展してきた一連のマッサージ・セラピーの総称です。



米国では、かつて看護学校で、患者さんの痛みや不安、ストレスを軽減するため、「さする」「手をあてる」等、古くから伝わる癒しの技法を学ぶクラスがありましたが、その後、医療の近代化の流れで衰退していきました。

1989年、サンフランシスコで、患者さんの要望に応じる形で、医療的ケアを必要とする方への、マッサージ・セラピーを提供する市民活動がスタートし、その後、施術者の教育法も確立していきました。さらに、1995年、米国ホスピタル・ベイスド・マッサージ・セラピー・ネットワークが発足し、安全性・倫理性をたもちながら、ストレスの軽減と安らぎを届けるケアとして、全米で200か所以上の病院で展開しています。

がんの様々な段階のケアに対応するオンコロジー・タッチセラピーを中心に心臓疾患・脳卒中後のリハビリ補助、慢性疼痛、終末期の緩和ケア・グリーフケアなど、個々のニーズや病院全体の複合的な状況に応じて、マッサージやボディワーク、タッチ・セラピーとして提供されています。(米国では、州認定マッサージ・セラピストによる施術となります。日本では、タッチセラピー、タッチケアとして表記しています) 

今回は、サンフランシスコでホスピタル・マッサージ・セラピーの施術者と教育者として活躍し、3度目の来日となるキャロリン・ターグ先生をお招きし、米国での医療環境下での「ふれるケア」の現状と今後の展望を報告していただきます。後半は、質疑応答を通じて、会場の皆様とご一緒に、これからの日本の医療環境下での患者様に寄り添うタッチ・セラピーの展望を語り合う時間をご一緒しましょう。

(このセミナーには、実技は含まれません。実技実習を含む講座は、下記でご案内しております)


日時  :  2019年6月18日(火曜日) 

      午後7時から8時45分

場所  :  赤坂サンスカイルーム 3B室 

      東京都港区赤坂2-14-32 赤坂214プラザビル3

      東京メトロ千代田線 赤坂駅2番出口から徒歩すぐ

      アクセス詳細➡ http://www.sunskyroom.jp/akasaka/traffic.htm

参加費 :  3000

       (要予約 610日まで。それ以降のお申込みは当日扱いとなります) 

      当日3500円  定員:70

講師   :  キャロリン・ターグ氏from サンフランシスコ)

       プロフィールは裏面をご覧ください。

通訳:広瀬由美子


お申込みは、こちらのフォームが便利です。

PC スマホ用 

https://ws.formzu.net/fgen/S1621629/

携帯用    

https://ws.formzu.net/mfgen/S1621629/

*フォームがうまく機能しない場合は、
下記のメールアドレスか、電話にご連絡ください。


問い合わせ  

特定非営利活動法人 タッチケア支援センター ~やさしくふれると世界は変わる~

詳細&お申込みは、ホームページをご覧ください。  

http://www.touchcaresupport.com/

メール  office@touchcaresupport.com

電話 06-4967-9839  (担当: 中川 ・ 石井)


キャロリン・ターグ プロフィール

b0228973_00260513.jpg


統合医療の先駆的エリアであるサンフランシスコを中心に活動する、Hospital Based Massage (医療機関におけるマッサージ・セラピー)、および、オンコロジー(がん・腫瘍学)マッサージ・セラピー認定講師。 パシフィック・メディカル・センター、スタンフォード大学ルシル・パッカード子ども病院小児がん病棟、ラグナホンダ病院(ヴィクトリア・スウィート著『神様のホテル』の舞台)等で、がん、疼痛、脳卒中による後遺障害等の医療環境下での認定マッサージ・セラピストとしても長年従事。 元高校教師としての経験を活かし、自己成長トレー二ングを、セラピストの教育プログラムに取り入れる。 医療機関でのマッサージ・セラピー事業のコンサルタント経験も豊富。 

施術においては「安全・ゆっくり・穏やか」なエネジェリックなタッチを重視。 米国の標準的なオイルトリートメントの他、クラニオセイクラル・セラピー、ローゼン・メソッド、レイキ、プラナ・ヒーリング、マインドフルネス等を導入し、病院の過剰なストレス環境下での患者の不安・苦痛・ストレスを緩和する心のケア、喪失や悲嘆に寄り添うスピリチュアル・ケアとしてのマッサージセラピーも提案する。 ケアするもの・されるものの関係性への洞察も深く、ケアのパースペクティブを提唱する。来日4回目。東京では初めての開講。大学では宗教学を専攻。哲学修士。穏やかで包容力あるやさしさと、明晰な論理性もあわせもち、日本での講座も毎回、好評を得る。


【キャロリン・ターグ 来日ワークショップ情報 2019@東京】


オンコロジー・タッチセラピー 集中講座(4days~がんを生きる人々へのタッチセラピー~

2019年614日(金)~17日(月) 10時~1730分(14日は、13時開始) 会場 :東京都 渋谷区 

詳細➡こちらをクリック

米国カリフォルニア州の医療機関で実践されている、がん患者の方へのタッチセラピーについて集中的に学ぶ、専門家向けの講座です。がんの診断・治療・副作用等にともなう様々なストレスや不安に寄り添い、精神的・肉体的苦痛の緩和に取り組むため、がんの諸相を学びます。

実技では、施術プランの作成と問診方法が示され、マッサージ・テーブルを使用し、デモを通じて解説されます。最終日には、実際にがん患者さんをお招きしての実習となります。講座終了後、筆記試験等のテストのあと、担当講師により「修了証」が提供され、オンコロジー・タッチ・セラピストとして認定されます。    

講習料 118000円(41日以降のお申込みは5千円増し)  定員 16


Touch and Loss  ~喪失・悲嘆(グリーフ)に寄り添う、タッチセラピー(2days)~

2019620(木)&21(金)日 10時~1730分  会場:東京都 渋谷区  定員16

詳細➡こちらをクリック

喪失の概念は広く、愛する人の死・仕事・家・お金・健康や自由等の喪失等、人生においてほとんど全ての人が体験するものです。 喪失・悲嘆・トラウマの違いを明らかにしながら、様々な体験的なワークを通じて人生における「喪失」の諸相について考察を深めます。 「つながり」「からだ」「あるがまま」「マインドフルネス」「傾聴」、そして「意義」や「儀式性(ritual)」。 施術者とクライアントとの「関係性」、「共感」と「慈悲」の違いにも言及し、喪失を体験しているクライアントとのかかわりの在り方を探求します。 施術では、ハンド・トリートメントや、マッサージ・テーブルを使用しての全身へのワークの実技実習を、デモと交換セッションで行います。 

講習費 75000円(41日以降のお申込みは5千円増し) (オンコロジーとTouch&Loss 両講座の場合は185000円)

*両クラスとも、通訳は、広瀬由美子。いずれも、日本語に翻訳されたテキスト付です。




by touchcaresupport | 2019-03-12 00:09 | イベントのお知らせ