4月1日開講 こころにやさしいタッチケア基礎講座@東京       

こころにやさしいタッチケア基礎講座

”心のケア・魂の癒しとしてのタッチケア”
~対人援助としてのタッチケアを習得する連続講座~

レベル1 4月1(月)&2(火)
レベル2 4月26(金)&27(土)
レベル3 5月29(水)&30(木)
     &31(金)日(高齢者施設での実習)


家族間ケア・看護・介護等、様々なシーンで
安全で、心地よく、実践的なタッチケアを習得するコースです。
7日間全45時間(最終日は高齢者施設での実習)

レベル1だけの単発としての参加も可能です。


あたたかくて
やわらかくて
ほっと安心する。
それだけで、何かが違う
人の手のぬくもり。

タッチケアは、
自分自身のからだと
人と人とのつながりを深め
今・ここに寄り添う癒しを伝えます。

自律神経を調え
不安や痛みを緩和し、ストレスや脳疲労を軽減します。
そして、あなたがあなたのままで
かけがえのない存在であることを
触れる手を通じて存在へと伝えていくでしょう。



この7日間の講座では、
心のケアとしてのタッチケア。
そして、魂の癒し(スピリチュアルケア)としてのタッチケア、
ヒーリングとしてのタッチケアの可能性を、
「科学的理解」「施術実習」
「こころとからだの気づきのワーク」
を通じて、お伝えしていきたいと思います。

触れることが初めての方も、
経験者の方で看護・介護に役立つタッチケアを深めたい方にも
ご参加いただけます。

ハートと呼吸とつながった両手で
そして、天と地とつながって
あなたのやさしいタッチを
大切な人に届けてください。

前回の受講生の方のご感想をブログにまとめました!
レベル1 タッチケアの基本理論と、ハンドトリートメントの習得

日程   レベル1 4月1(月)&2(火)
     レベル2 4月26(金)&27(土)
     レベル3 5月29(水)&30(木)
     &31(金)日(高齢者施設での実習)

場所   ホリスティック・スペース”アクエリアス”
     *東京都中央区日本橋馬喰町
     *お申込みの方に、詳細をお伝えいたします。

講師   中川れい子(プロフィールは下記をご覧ください) 他
 
講習費  
早期割引 7日一括 108000円 (3月10日までにお申込みの方)
*3月1日以降のお申込みは、一括料金115000円となります。
*レベル1のみ参加の場合は、33000円
分割の場合 
レベル1 33000円
レベル2 33000円 
レベル3 50000円(3日分)
(レベル2+3一括の場合、82000円
*費用に含まれるもの。すべての授業料・テキスト代・実技備品・実習代・エプロンその他等のボランティアセット。認定料。実習後、1年分の会費。


*再受講割引 1日参加費 7000円
     
*お振込み先:三井住友銀行 立花支店 
      普通 1718214 (特定非営利活動法人タッチケア支援センター)
     

対象   看護・介護・教育等、対人援助にかかわる方。
     ご家族のケアにタッチケアを取り入れたい方
     心理やボディセラピスト、アロマセラピストの方で
     タッチの質、かかわりの質を向上させたい方。
     その他、触れることや、自己成長にご関心の方でしたらどなた様でも。
     2019年6月開講、キャロリン・ターグ先生のオンコロジータッチセラピーにご参加の方で、施術経験の無い方は、ぜひこの講座を受講ください。
  
定員   8名(最少開催人数4名。最大14名様まで)

≪ お申込みフォーム ≫
https://ws.formzu.net/fgen/S40530426/(PC スマホ)
https://ws.formzu.net/mfgen/S40530426/(携帯)
*ご参加のコースをお選びください
① 全コース参加 ① レベル1のみ  ② レベル1&2
*フォームが機能しない場合、1週間以内に返信がない場合は、下記にご連絡ください。
 メール: info@touchcaresupport.com 06-4967-9839 (中川)


レベル1(4/1&2)講座内容
1日目
*タッチケアとは何か?
*タッチの根源的な必要性(子宮の中からはじまるふれあいの旅)
*周産期の流れと愛着障害の問題
*タッチの基本性質
*タッチケアの効果
*やさしいタッチを生み出すものは?
*セルフケア・セルフアウェネスの大切さ。
*触れることと、マインドフルネス(今・ここの気づき)
*あるがままの理解と、安全・安心の意味。
*基本の、ハンドトリートメントの実践

2日目

*グランディングとセンタリングワーク
*寄り添うこと。共にある・からだの声を聴くとは?
*距離や境界線、パーソナルスペースの問題
*ホリスティックな身体観をはぐくむ。
*心のケアと、魂のケアの違いとは? トータルペインの理解
*高齢者・認知症の方・緩和ケア等でどのようにタッチケアを生かすことができるのか?
*タッチの圧についての考察と、禁忌のまとめ。
*ハンドトリートメントの復習


レベル2(4/26.27)講座内容
~タッチケアを深める・気づく・くつろぐ~
 ヒーリングとしての、タッチケアへ。
      
クライアントさんと、ホリスティックに向き合い、
終末期の方にも寄り添えるエネジェリックで心地よい触れ方学ぶと同時に
また、より筋骨格系にもかかわる実践的なタッチケアを習得します。
グランディング、マインドフルエネス、傾聴ワーク等を通じて、
より一層、施術者としての心身の在り方と気づきを深めていきます。
      
レベル3(5/29~31)講座内容
~脚への取り組み、手技の統合
 最終日は、高齢者施設でのボランティア実習~

脚へのトリートメントとその注意点 禁忌の復習
高齢者・認知症・緩和ケア等、医療的考慮が必要な場合の方へのかかわりの注意点
手技とかかわりのまとめ・情報収集と問診の方法。
触れることの心理的な諸問題。
最終日は、高齢者施設での実習を行います。

      
*全コース修了者の方には、こころにやさしいタッチケア認定ボランティア証と修了証書をお届けします。
*全コース、オリジナルテキストと教材、ワークに必要な様々なサポートが含まれます。
*レベル3をご参加の方には、実習で使用するロゴ入りエプロンを進呈します。
*全コース終了の方は、セラピスト講座、ファシリテーター養成講座へと進むことができます。


    
講師:中川れい子 プロフィール
NPO法人タッチケア支援センター理事長。関西学院大学文学部卒業後、塾・予備校等の教育産業に従事。1995年、阪神淡路大震災で被災し避難所・仮設住宅でボランティア活動を行う。そうした体験から「からだ」を通じての心身の癒しとサポートに関心をもち、ボディワークや心理学、各種ヒーリングを学び始める。1999年、エサレン®ボディワークと出会い、その後認定プラクティショナーとなる。個人セッションを積み重ねる中、触れることの諸相とその心身への影響について探求を深め、2003年よりタッチやボディワークに関する講座を開講。さらに、2011年、NPO法人タッチケア支援センターを設立。こころと身体のつながりや、心身への気づき、関係性、そして、タッチの質感を重んじるタッチケアのあり方を追求し、その普及・教育・相談事業を展開する。対人援助のための「こころにやさしいタッチケア」講座や、「タッチとこころ」等の講座を開講。また、高齢者施設・がん患者会・うつ病の方の就労支援センター、発達障害・精神障害の方のデイサービス等でのボランティアや出張講座、産婦人科病棟での、産後の方への全身のオイルトリートメントの施術者としても活動。日本タッチ協会共同代表。身の医療研究会理事。 エサレン®ボディワーク等の個人セッションは、アマナスペース(amana space)で随時受け付けています。

b0228973_17522186.jpg
b0228973_17530298.jpg
b0228973_17531207.jpg
b0228973_17524871.jpg



by touchcaresupport | 2019-01-18 17:54 | 講座のご案内