<   2015年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

米国でのニューロ・タッチセラピー講座風景

もうすぐ、11月6日~8日、京都で、京都で開講します、ニューロタッチセラピー講座。
脳梗塞・脳内出血、事故等の後遺症状、そして、脳性麻痺やパーキンソンの方へのタッチセラピー講座です。

講師のキャロリン・ターグ先生から、本国、サンフランシスコ市内での、講座風景の写真を送っていただきました。

施術を受けておられれるのは、キャロリン先生と、この講座の指導を担当する、医師のグレース・デマンド先生。
ラグナホンダ病院で、長年、疼痛治療にあたってこられた女性の医師です。
ラグナホンダ病院は、「神様のホテルー奇跡の病院で過ごした20年」のモデルとなったサンフランシスコ市内の歴史の古い病院です。グレース先生は、80年代、HIV患者がまだ偏見をもたれていた時代、献身的な治療をおこなった人で、その活動には、ダライ・ラマ慈悲賞が授けられました。

しかし、その後、グレース先生ご自身に、大きな事故が突然おこります。
サンフランシスコ、ゴールデンゲートブリッジの橋の真ん中で、自動車事故に巻き込まれました。
全身を大きく負傷し、数か月間昏睡状態だったそうです。
そして、過酷なリハビリ生活と、周囲のサポートの中、奇跡の復活をとげました。
彼女は、今も、ラグナホンダ病院で、車いすを駆使して、医師として働いています。
私も、この6月にお会いしましたが、深い苦しみから立ち上がった方が伝える、慈悲の深さを感じさせられる方でした。グレース先生は、今、禅僧としての修行もされているそうです。
グレース先生が、事故から復活した、その闘病と周囲とのつながりを描いた映像が、ドキュメンタリー映画となりました。タイトルは、States of GRACE です。
https://vimeo.com/26124168


キャロリン先生と、グレース先生との出会いは、グレース先生が治療中のために、キャロリン先生の当時勤務する、パシフィックメディカルセンター(サンフランシスコ市内で、代替医療で有名な私立の病院)に訪れたときのことです。キャロリン先生の生徒さんであるマッサージセラピストの方の施術を受けて、グレース先生が、深い感銘を受けたということです。
その後、キャロリン先生と、その生徒さんである施術者の方は、グレース先生の率いる、ラグナホンダ病院、疼痛治療の部署で、働くようになりました。そして、患者さんへのマッサージセラピーの施術と、若手の指導にあたっています。

ニューロ・タッチセラピーは、キャロリン先生と、グレース先生の出会いから、始まりました。
米国の講座では、お二人は一緒に指導されます。

この写真は、事故による脳神経障害と共に生きる、グレース先生が、ニューロ・タッチセラピーの生徒さんたちによって、触れられるお姿です。
空間から、やさしさが、広がっていきますね。
レトリーバーのわんちゃんは、グレース先生の、セラピー犬です。

日本での、ニューロ・タッチセラピー講座では、残念ながら、グレース先生を予算が足らなくて、お招きすることができませんが、キャロリン先生を通じて、このクラスに広がる慈悲のエネルギーを共有してください。
11月6日~8日、場所は、京都梅小路公園内、緑の館です。
http://touchcaresupport.com/hbm/neurological.html


b0228973_17283447.jpg

b0228973_17291019.jpg
b0228973_17292184.jpg

by touchcaresupport | 2015-10-08 17:31 | 講座のご案内

2015年12月20日 こころにやさしいタッチケア1日講座

~やさしいタッチの育み方~
How to create your gentle touch
理論と実践で身に着ける、1日集中ワークショップ


今回のワークショップでは、
午前中に、タッチの性質や基本理論、タッチケアの効果等の概論をお伝えし、
午後は、病気のご家族、在宅での介護などの家族間ケアや、緩和ケア・介護の現場に役立つ、
●心地がよく、癒しの効果が高い
●着衣のままで行える。
●安全安心で、無理強いしない。。。
こうしたタッチを創り出すためには、タッチの基本理論の座学と、気づきを深める体験的なワークが大切です。

高齢者や心臓病、がん、糖尿病、高血圧、あるいは、重篤な状態にある方には、
強い圧の施術は向かず、危険ですらあります。
やわらかで、軽い圧で、安全で、心地よく、寄り添うようなタッチケアが求められます。
軽い圧だからといって、こわごわと、遠慮がちにふれると逆効果。
しっかりと、その方法と効果を確認し、グランディングして受け手の方に関われるよう、ご指導いたします。

タッチの質を高め、施術力の向上を求めるセラピストの方にもおすすめです。


【日時】 
2015年12月20日(日) 10時から午後5時30分 

【場所】 
アマナスペース(タッチケア支援センター、オフィス)
兵庫県尼崎市立花町2-13-10 アルファホーム1階
JR神戸線 立花駅 :大阪から神戸方面に3駅目
http://www.amanaspace.com/access.html
【受講料】 8000円 (再受講の方は5000円)
【定員】 10名 (最小催行人数は4名です)
【講師】 中川玲子(タッチケア支援センター 代表理事 )

<内容>
1、タッチの基本性質と、タッチケアの基本的な理論
2、セルフケアワーク(からだの力を抜いたり、自分自身への気づきを高めるワーク)
3、タッチケアの効果と可能性、注意事項について
4、より、タッチの質感、施術の効果を高める方法
5、エネルギーレベルでふれるって、どういういこと?
6、今ここ、マインドフルネス、そして、慈悲のステージとは?
7、介護・看護など、高齢者や重篤な方にも安全にケアを提供できる、
非侵襲なgentle touchによる、着衣の上からの施術の実践
(マッサージテーブルを使用します)

持ち物 バスタオル 1枚 ハンドタオル 1枚  フラットなシーツ(ゴムのついてないもの)
*シーツを、お持ちでない方は、お貸しいたします(レンタル料、200円)
筆記用具 動きやすい服装等(しめつけないパンツスタイル。着替え可能)

お申込みはこちらのフォームが便利です。
お申込みフォーム
http://www.touchcaresupport.com/ws_form.php
*お申込み後、所定口座に受講料をお振込みください。お振込み確認をもって受付完了とさせていただきます。

あるいは、こちらにご連絡ください。
メール info@touchcaresupport.com
℡    06-4967-9839 (不在の場合は、留守番電話にメッセージをお残しください。折り返し、ご連絡さしあげます)

主任講師  中川玲子   
        NPO法人タッチケア支援センター 代表理事、
        米国カリフォルニア州、エサレン®ボディワーク認定プラクティショナー(施術歴16年)
          プロフィール http://www.amanaspace.com/profile.html#1

講習補佐  福井久喜子(エサレン®ボディワーク認定プラクティショナー)

施術例
足へは、気づきとともに、サポートする、軽い圧でのタッチング
b0228973_141746.jpg


高齢者施設での、全身拘縮の方への施術例
呼吸とともにふれる優しく穏やかなタッチ。呼吸が少しずつ広がっていきます。
b0228973_13554723.jpg

by touchcaresupport | 2015-10-08 13:57 | 講座のご案内