<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2015年6月、エサレンボディワーク認定コースの仕上げのパート3の引率で、カリフォルニア州エサレン研究所へ。。そして、その帰りに、サンフランシスコに立ち寄り、ホスピタルベイスドマッサージの指導講師である、キャロリン・ターグ先生の勤める、ラグナホンダ病院 Laguna Honda Hospital & Rehabilitation center に訪問し、ここで展開されている、マッサージセラピーの現場を見学させていただきました。(病院内での見学ですので、写真での記録は控えさせていただきましたので、今回は、見聞きしたことを中心にお伝えしたいと思います。報告:NPO法人タッチケア支援センター 代表 中川玲子)

ラグナホンダ病院とはカリフォルニア州、サンフランシスコの中心、ツインピークスという小高い山のふもとにある、とても古い病院で、700床近くある、市が運営する大きな病院です。

2012年に、カリフォルニア州ノンフィクション大賞を受賞した『神様のホテルー奇跡の病院で過ごした20年間」の著書、ビクトリア・スウィート医師の描いたこの奇跡の病院とは、このラグナホンダ病院のことです。
(ビクトリア医師は、中世ドイツの修道女、ヒルデガルトの研究と、このラグナホンダで展開されている医療とを重ね合わせながら、このノンフィクションを著しています。西洋医療の客観的な見方に頼りすぎず、まさに「人を看る」ことを実践する医師たちの心あたたまる記録です)

その本の扉のところで、ラグナホンダ病院は、このように記されています。

「1867年、ゴールドラッシュに沸くカリフォルニア州サンフランシスコに開院。当時メキシコ領だったオールド・サンミゲル地区にある木造建築物を、開拓者や炭鉱夫のためのケア施設に転用したのがはじまり。背後にそびえるツイン・ピークスから湧き出る天然温泉がラグナ・ホンダと呼ばれているため、この名前が付けられました。この施設は「救貧院」とよばれ、さまざまな理由により社会生活が困難となった人々や、行くあてのない慢性疾患をもった人々、回復の兆しがない病人のためのシェルター(避難所)として機能した。こうした救貧院はアメリカのすべての州にあったが、過去40年間のあいだにほとんどが閉鎖され、ラグナ・ホンダは、アメリカの「最後の救貧院」といわれる。(『神様のホテルー奇跡の病院で過ごした20年間」より)

とてもとても、古い病院ですので、ほとんどは老朽化してしまい、周囲には、スペイン風のかつて病院として使われていた古い建物が並びますが、現在は、使用されていないそうです。

老朽化によって存続が危ぶまれたラグナホンダ病院でしたが、サンフランシスコ市民の住民投票によって、存続が決定し、税金や市民による寄付によって、5年前、近代設備のととのう、新しい病棟が建ちました。私達が、今回見学させていただいたのは、こちらの、近代的な病棟のほうです。

ここは、リハビリセンターでもありますので、患者さんの8割近くが、車椅子です。
病院にいると、本当に、この世には、いろんな車椅子があるんだなぁと、近代的でファッショナブルな車椅子を上手にあやつって、病院内を行き来する患者さんたちの姿をよく見かけました。

キャロリン先生が働く部署は、この病院の「ペインクリニック」です。
ホスピタルベイスドマッサージには、様々な効果がありますが、ここではとくに「痛みの緩和」のために、取り組んでいます。
マッサージセラピー、鍼灸、気功、音楽療法など、様々な代替医療で、少しでも鎮痛剤の量を減らす試みが、医療チームで行われています。キャロリン先生の教え子でもあるセラピストの方が患者さんになさる施術を、少し離れたところで見学させてもらいました。このときの施術は、ソフトで穏やかな、エネジェリックなタッチ。そして、音叉を響かせた波動の音楽療法も、同時に行われていました。この組み合わせはとてもよく、頻繁に行われるそうです。患者さんは、かなり重篤に見えましたが、約20分間、穏やかな時間と空間の中で安らいでおられるようでした。

グレース医師(Dr. Grace Dammann)という車椅子の女性の医師が、このペインクリニックのリーダーです。この方は、80年代のエイズ患者への献身的なケアでダライラマ賞を受けましたが、数年前に大きな交通事故にあいました。が、奇跡的な回復力で、今は車いすの医師として活躍されています。
(グレース医師のドキュメンタリー映画『States of Grace』が完成しました。こちらです。
http://openstudioproductions.com/states-of-grace/

彼女を中心に、1日に数回、ミーティングがおこなわれます。ミーティングの始まりは、5分間の瞑想から。その後、患者さんのリストを見ながら、それぞれの方の状態をシェアし、どのような施術をうけて、どのような効果や状態の変化があったのか、いま、どういう感じなのかを、分かち合います。何がどのように効果があるのかも大切ですが、それ以上に、様々な方法に対してオープンになり、いろんな角度から複合的に患者さんの状態が少しでもよくなるように、チーム医療を展開していくのが、ラグナホンダ病院に根付いたスタイルのように見えました。

ペインクリニック以外にも、ラグナホンダ病院全体を見学させてもらいました。アートセンターでは、車いすに乗った後遺障害の患者さんがOPさんと一緒に絵を描いていました。どの絵も、とても本格的で、個性的なものでした。ファームでは、野菜や草花と一緒に、ヤギや豚やアヒル、そして、ウサギたちがいました。車いすに乗った患者さんたちが訪れて、動物たちと触れ合います。最近生まれたばかりのウサギの子どもたちが、一番の人気者でした。リハビリルームには、2つの温水プールがあり、ワッツのような体験もできるそうです。カフェテリアは、自分で好きなものを選ぶビュッフェスタイルでお皿の重さをはかります。

病院内は、キャロリン先生と、看護師長のアンさんが、案内してくれました。ここでは、誰も白衣を来ていません。自由にオープンなスタイルで、患者さんと接します。アンさんは、とても笑顔がステキで、やさしく、フレンドリーな方でした。何度か、ナーシングの講義で、来日されたことがあるそうです。彼女が、私たちに、韓国人の女性で、日本語の上手なおばぁさんがいるから、彼女に日本語で話かけてほしいと頼まれました。私たちの顔を見ると、おばぁさんは、大きな声で「元気ですか!」と、笑顔で話しかけてくれました。

グレース医師と、少しだけ、ローゼンメソッドの話になりました。彼女は、生前のマリオンローゼンをご存じらしく、私がお会いしたことがあることを伝えたら、マリオンは、真実のヒーラーだったとつぶやいておられました。私には、そうつぶやくグレース医師自身も、真実のヒーラーに見えました。

今年11月に来日されるキャロリン先生が、開講される2つの講座は、今年1月同様「オンコロジータッチセラピー講座~がんを生きる人々へのタッチセラピー~」と、もうひとつ、「ニューロ・タッチセラピー~脳卒中や事故等の後遺症状と共に生きる方達のタッチセラピー~」。このニューロタッチセラピーについては、キャロリン先生が、グレース医師とともに、開発してきたもので、サンフランシスコでのクラスでは、お二人で指導されます。今回、経済的な理由で、私達は、グレース医師をお招きすることができなかったのですが、キャロリン先生を通じて、そのエッセンスを伝えてくださればと思います。やはり、当事者の視点から構築されたマッサージセラピーということで、とても、特別なものを感じるのです。

キャロリン先生の、京都で開催する2015年秋の来日講座のお知らせは、こちらをご覧ください。
http://touchcaresupport.com/hbm/


b0228973_10214512.jpg


近代的な新しい病棟。

b0228973_1022089.jpg


かつてのスパニッシュスタイルの病棟、老朽化したため現在は使用されていません。

b0228973_10221572.jpg


農園や、動物たちとふれあうコーナーがありました。
ちょうど、生まれたばかりの子ウサギが、、、。大人気でした。

b0228973_10225612.jpg

b0228973_11194121.jpg

b0228973_1120582.jpg

キャロリン先生と、一緒に同行した通訳の由美子さんと、ツーショット。
b0228973_10232289.jpg

by touchcaresupport | 2015-07-14 10:26 | 日々の活動
2015年 9月12日(土) 開講 
こころにやさしいタッチケア基礎講座 
6回コース土日開講、全6日&36時間  


ゆったりとした動きや、タッチの質感を追求した、ほっとするような心地よいタッチケアを習得し、ご家族のケアや、看護・介護・在宅医療・緩和ケア、あるいは、ボランティア活動などでご活用いただける、実践的で対人援助に相応しいタッチケアをお伝えします。
単なる技術習得にとどまらない、タッチの真髄、エッセンスを通じての自己成長を体験し、そして、一生使える癒しのメソッドとしてご習得ください。

11月開講の米国ホスピタルベイスドタッチセラピー関連講座をご検討の方は、この講座のご参加をお勧めいたします。

前回の基礎講座のご参加の皆様のご感想はこちらです。
http://touchcare.exblog.jp/24247034/

3つのパートに分かれての 6回コース、全36時間 
*******************************************************
【パート1】
9月12日&13日(月) タッチケアの基本とハンドトリートメントの習得 他
①9月12日(土)  タッチの効果とタッチケアの基本  禁忌や注意点  ハンドトリートメントの基本実技
②9月13日(日)  手・腕の筋肉・骨・関節・反射区の理解 より効果的なハンドトリートメント実技の応用 

【パート2】
10月17日&18日 着衣のままでのタッチケア、ホリスティックな身体観とヒーリング 他
③10月17日(土) ホリスティックな身体観の育成・身体感覚の気づきのワーク 
             グランディング&センタリング    呼吸と重力感覚の応用  
             マッサージテーブルを使った着衣のままでのタッチケア

④10月18日(日)  タッチケアに伴う傾聴とナラティブ  タッチケアに関する心理的諸問題
             皮膚の構造 皮膚と心の関係  座位で行うタッチケア
【パート3】
11月21日&11月22日 ボランティア実習と、フットトリートメント入門 他
⑤11月21日(土)  午前 ボランティア論  午後 ボランティア実習(高齢者施設にて)
⑥11月22日(日)  フットトリートメント実技  足湯  循環器系やリンパのしくみの理解

*パート1のみの受講は、可能です。 
*パート2以降のみのご参加は、原則、再受講の方のみとさせていただきます。
*1日のみのご参加は不可
*講座料のお振込み先、キャンセリングポリシー等は、お申込み時にお知らせします。
********************************************************
【コース詳細】
時間 : 10時~午後5時まで 
定員 : 10名 
   (定員になり次第、締め切ります)
【参加費】 
各パート(2日間) 21500円(税込)
全コース(6日)参加の場合 59500円 (税込)
これまでの基礎講座を受講された方の再受講も可能です(1日5000円)
*収益の一部はタッチケア支援センターのボランティア活動に活用させていただきます。

会場  amana space アマナスペース (自然素材の空間です)
     http://www.amanaspace.com/access.html
     (タイムズとあるところが現在セブンイレブンです)
     兵庫県尼崎市  JR神戸線、立花駅下車、徒歩7分 (大阪駅から神戸行き普通で3つめ)

持ち物 バスタオル ハンドタオル 各2~3枚  パート2では、フラットなシーツもご持参ください。
筆記用具 動きやすい服装等(着替え可能)

【お申込み方法】
**********************************************************
★下記のお申込みフォームが便利です。
http://www.touchcaresupport.com/ws_form.php
★あるいは、こちらにご連絡ください。
メール info@touchcaresupport.com
℡06-4967-9839 (不在の場合は、留守番電話にメッセージをお残しください。折り返し、ご連絡さしあげます)
*********************************************************


“こころにやさしいタッチケア”は、米国エサレン研究所で開発されたエサレン®ボディワークのアプローチ法をもとに、呼吸への気づき、ボディ&マインド&スピリットをつなげるホリスティックな身体観、おだやかな非侵襲的な関わり、関係性への気づき等を大切にした、赤ちゃんからお年寄りまで、看護・介護等のさまざまなシーンで応用できる“ふれる”ケア法です。

このコースでは、基本のタッチやストロークを、指導者のフィードバックを受けながら少人数制で丁寧にご指導します。ご家族や友人、ボランティアシーンで喜ばれる、やわらかい質感のタッチを習得されるようにサポートします。

講習では、パート1では、基本のタッチとハンドトリートメント、パート2では、着衣の上からタッチケア、タッチケアに伴う傾聴&カウンセリング、ボランティア論、足湯、フットトリートメント、自分自身のリラクセーション法など、実際のボランティアシーンに必要とされることを学びます。
パート3では、近隣高齢者施設(社会福祉法人喜楽苑、あんしん24)でのボランティア実習をおこないます。


【対象】
*家族や友人へのタッチケアを学びたい方
*家族を在宅でサポートされている方
*看護や介護にタッチケアの導入をお考えの方
*タッチケアを通じてボランティア活動をされたい方
*タッチケアを通じてマッサージやボディワークの施術の基本を学びたい方
*ふれあいを伴う他者とのコミュニケーション、また、自分自身のリラクセーションや気づきを深めたい方
(ふれることが初めての方、あるいは、ふれることが苦手な方もご参加願えます)

全コース修了後、レポート提出等の所定のカリキュラムを経たのちに、NPO法人タッチケア支援センターの認定タッチケア・ボランティア証を発行します。また、継続学習として、中級講座のタッチケアセラピスト養成講座を修了していただきますと全体で100時間以上の履修認定をいたします。(100時間以上の履修修了で当法人主催の外国人講師によるホスピタルベースドマッサージ関連講座にご参加いただけます) 
こころにやさしいタッチケア中級講座(本格的な全身のオイルトリートメント講座)の詳細はこちらです。
http://touchcare.exblog.jp/24127836/
2015年後半に、「こころにやさしいタッチケア指導者養成講座」を開講する予定です。
参加対象は、タッチケア基礎講座修了の方のみとなります。


タッチケア講座風景b0228973_0261710.jpgb0228973_0271520.jpg
b0228973_0264214.jpg
by touchcaresupport | 2015-07-13 00:28 | 講座のご案内

”やさしくふれると世界は変わる”をテーマに活動するNPO法人タッチケア支援センターの最新情報、メッセージ等をお伝えします。お問い合わせ等は、こちらのHPをご覧ください。http://touchcaresupport.com


by touchcaresupport