<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

片桐ユズル先生のアレクサンダーテクニーク連続五回講座

定員となりました。
2回目以降、定員に達していない場合は、ご経験者の方のみお申込みいただけますので、お問い合わせください。


2015年も開講!
日本のソマティクスの草分け的存在であり、
アレクサンダーテクニークの紹介者でもある片桐ユズル先生をお招きしての
ボディワーカー&セラピストのための連続講座を8月17日に開講します!


アレクサンダー・テクニークとは「心身の不必要な緊張に気づき、
これをやめていくことを学習していく」ワーク。
首関節からはじまって、じっくりと、全身の調整を内側から体験していきます。
なかなか、意識的には手放せない、心身の不必要な緊張を、
片桐先生、独特の、ふわっと、なんとな~く、からだが緩んでいく~の感覚を、
少しずつ、回を重ねながら、皆様のゆるやかなからだの変化をご体験ください。


片桐ユズル先生の
アレクサンダー・テクニーク 5回連続講座

ー言葉にはならないけれど面白く、わけがわからないけど気持ちいいー

アレクサンダーテクニークに関する情報は、
こちらのサイトをご覧ください。
http://www.alextech.net/modules/jats/index.php?content_id=6

日時  2015年 1回目:8月17日(月)  2回目:9月28日(月)  3回目:10月19日(月)
            4回目:11月16日(月)  5回目:12月21日(月)
     午後2時30分から4時30分
    *基本的に連続講座ですので、5回連続でご参加くださることをお勧めいたします。
      初めての方は、必ず初回にご参加ください。
      再受講の方のみ、2回目以降の単発でのご参加を承ります。
参加費 1回5千円  
場所    アマナスペース(JR立花駅北へ徒歩6分 大阪からJR神戸線で3駅目)
https://www.google.co.jp/maps/place/amana+space/@34.741836,135.401296,15z/data=!4m2!3m1!1s0x0:0x9a8afc6fcfb46f66

お申し込み 
こちらのお申し込みフォームに、講座名「アレクサンダーテクニーク連続講座」と明記の上、
お申し込みください。
http://www.touchcaresupport.com/ws_form.php
フォームが機能しない場合は、
お名前・メールアドレス・お電話番号・ご住所を明記の上、下記にご連絡ください。
メール info@touchcaresupport.com
電話  06-4967-9839 (留守番電話に要件をお知らせください)
担当  中川玲子

片桐ユズル先生 profile

京都精華大学名誉教授として外国語教育・意味論・詩などで知られているが,1960年代から70年代へかけて,いわゆるフォークソング運動とかかわりながら,詩とか言語への関心が,言語化以前の心身問題へと移ってきた。1987年以来,海外からアレクサンダー・テクニークの先生を呼んで日本に紹介しはじめ,1993年には日本最初のアレクサンダー・テクニーク教師養成コースKAPPAを京都で立ち上げ,1997年にそれの第1回卒業生として,ATI公認教師となる。アレクサンダー関係の訳書・論文多数あり。ほかにバイオシンセシス,センサリー・アウェアネス,コンシャスタッチなどにも参加してきた。1999年にジェレミー・チャンスとともにアレクサンダー・アソシエイツ(ATA)を設立した。京都・西宮・大阪そのた全国各地でレッスンをしている。
b0228973_12594836.jpg

by touchcaresupport | 2014-09-29 13:00 | 講座のご案内

小原仁先生のボディサイコセラピー入門講座

日本のボディサイコセラピーの草分け的な存在のお一人である、
小原仁先生の、ボディワーカーやタッチセラピストのための
「ボディサイコセラピー入門ワークショップ」です。

2015年3月5日に、三度目の開催となりましたので、ご案内いたします。
ボディワークのルーツとなる、ウイリアム・ライヒ派(フロイトの弟子)の流れをくみ、
からだの緊張と弛緩と、感情や心の関わりについて、非常にわかりやすく説明してくださいます。
体験的なワークも満載。また資料も豊富です。
ボディワーカー、セラピスト、タッチケアや心と体のつながりにご関心の方はぜひご参加ください。
***********************************************************

小原仁先生の
ボディサイコセラピー入門ワークショップ

日時    2015年3月5日 木曜日 午後2時30分から5時30分 3時間
定員    8名
参加費  7000円(当日ご持参ください)
場所    アマナスペース(JR立花駅北へ徒歩6分 大阪からJR神戸線で3駅目)
http://www.amanaspace.com/access.html
お申し込み 
こちらのお申し込みフォームに、講座名「ボディサイコセラピー入門講座」と明記の上、
お申し込みください。
http://www.touchcaresupport.com/ws_form.php
フォームが機能しない場合は、
お名前・メールアドレス・お電話番号・ご住所を明記の上、下記にご連絡ください。
メール info@touchcaresupport.com
電話  06-4967-9839 (留守番電話に要件をお知らせください)
担当  中川玲子


小原仁氏 プロフィール
1980年関西大学大学院社会学研究科博士課程修了。同年4月関西大学社会学部専任講師。関西大学人権問題研究所研究員。1982年4月助教授。学生部長代理2期4年歴任。
1986年3月退職後、かねてからの人間学研究をベースに研究所所長、
セミナー・トレーナー、カウンセラー、セラピストとして生涯学習活動に従事。
現在JBI日本バランシング協会、コハラワークス(小原身心教育研究所)代表を務める傍ら、50数年間のワーク体験をベースに<ホロノダイナミック・バランシング>を提唱し、個人ワーク、グループワーク、カウンセラー、セラピスト、ボディワーカーの養成に活躍中。
バイオシンセシス・インターナショナル認定セラピスト。
EABPヨーロッパボディサイコセラピー協会認定ボディサイコセラピスト
BIPSバイオインテグラルサイコセラピースクール:トレーナー、ディレクター
立命館大学大学院:非常勤講師   日本トランスパーソナル学会理事
日本精神分析学会、日本人間性心理学会会員
「こころとからだのふれあい マッサージバイブル」(ルーシー・リデル著)監訳

b0228973_12394347.jpg

by touchcaresupport | 2014-09-29 12:40 | 講座のご案内

2015 1月10 日 こころにやさしいタッチケア1day ワークショップ


“今・ここ”で共に寄り添う、
こころにやさしいタッチケア
入門1dayワークショップ

今回のワークショップでは、
病気のご家族、在宅での介護などの家族間ケアや、
緩和ケアや、介護の現場に役立つ、
着衣のままでの、非侵襲的なソフトタッチを探求します。

“ただ、ふれる”ことの力・・・。
やさしく、あたたかく、心地よい
タッチの質をふかめます



定員となりましたので、募集は終了とさせていただきます。
また、次回のご参加お待ち申し上げます。


日時: 2015年1月10日(土) 10時から午後4時 (途中、昼休み休憩が入ります)
場所: アマナスペース(タッチケア支援センター、オフィス)
     兵庫県尼崎市立花町2-13-10 アルファホーム1階
     JR神戸線 立花駅 :大阪から神戸方面に3駅目
      http://www.amanaspace.com/access.html
受講料 : 3800円
定員 :10名 (最小催行人数は4名です)
講師 : 中川玲子(タッチケア支援センター 代表理事)
アシスタント: 福村千恵子 松井夏子 (理事)

*タッチの本質にもとづいた、質感豊かで、気づきあるタッチケア
*座位、あるいは、マッサージテーブルを使っての、着衣の上からのタッチケア指導
*この日は、ハンドトリートメントの講習はありません。
*今回は体験型の入門ワークショップです。
 さらに実践的に深めていくことをご希望の方には、
 タッチケア基礎講座を受講ください。
 2015年 2月7、8、21、22、3月7、8日
 (計6回: 36時間コース。
 *終了後、所定のカリキュラムを経て、タッチケアボランティアにご参加いただけます)


持ち物 バスタオル 1枚 ハンドタオル 1枚  フラットなシーツ(ゴムのついてないもの)
*お持ちでない方は、お貸しいたします(レンタル料1セット、300円)
筆記用具 動きやすい服装等(しめつけないパンツスタイル。着替え可能)

お申込みはこちらのフォームが便利です。
お申込みフォーム
http://www.touchcaresupport.com/ws_form.php

あるいは、こちらにご連絡ください。
メール info@touchcaresupport.com
℡    06-4967-9839 (不在の場合は、留守番電話にメッセージをお残しください。折り返し、ご連絡さしあげます)

主任講師  :  中川玲子 
          NPO法人タッチケア支援センター 代表理事、
          米国カリフォルニア州、エサレン®ボディワーク認定プラクティショナー(施術歴15年)
          プロフィール http://www.amanaspace.com/profile.html#1


b0228973_1335616.jpg

b0228973_9503634.jpg

b0228973_134475.jpg

by touchcaresupport | 2014-09-29 11:33 | 講座のご案内

2015 1.23-25 がん患者のためのタッチセラピー Oncology Touch Therapy

米国カリフォルニア州、代替・補完医療ケアの最前線
Hospital Based Massage Therapy (医療機関でのマッサージセラピー)、指導者
キャロリン・ターグ先生(from サンフランシスコ)をお招きしての、初来日講座。



オンコロジー タッチ セラピー
Oncology Touch Therapy

がん患者のための、タッチセラピー講座

b0228973_20564524.jpg



米国カリフォルニア州の病院で実際に行われている、がん患者の方達の心と身体に寄り添う、
やさしく、静謐で、気づきある、心のケアとしての、タッチセラピー(マッサージセラピー)を学ぶ講座です。



オンコロジー タッチ セラピスト養成講座  レベル1 24時間

日時:2015年1月23日(金) 10時~18時30分
   1月24日(土) 9時30分~18時30分
   1月25日(日) 9時30分~18時終了(24h)

がん患者の方へのタッチセラピーについて集中的に学ぶ、専門家向けの講座です。がんの病歴、あるいは症状が進行中の方に対して、適切な施術のガイドラインや禁忌等について有用な知識を学びます。また、このコースでは、実際にハンズオンhands –on の実技実習をおこないながら、リンパ浮腫やがんの治療中での副作用への対処法も学びます。短期・長期でのがん治療における適切な評価法や、あるいは後期の副作用への対応について等も、実際にデモセッションを通じて解説されます。

講座は3日間、合計24時間で、修了後、筆記テストと審査を経て、後日、修了証が授与されます。
その手技は、病院環境や患者様の状態を留意した、安全・安心を大切にした、やさしく穏やかで、気づきあるアプローチ法です。

【講座の概要】
*オンコロジー・タッチセラピーの概要
*一般的な治療法とその副作用
*成人のがん患者へのタッチセラピーの禁忌と指標
*デモと実技実習―交換セッション
*がんとリンパ組織について
*アセスメントと施術プランニング
*終末期のガイドライン
*質問・導入・関わりについて
*実際にがん患者さんを招いての実技実習 その他

会場:関西圏で現在調整中
受講料:9,6000円 (12月1日以降のお申込は11万円となります) *分割可
受講対象:医師・看護師・理学療法士・鍼灸マッサージ師、ボディワーカー、マッサージセラピスト 他
講師: キャロリン・ターグ
通訳: 久木元由紀子(看護師・看護学教諭)
コーディネーター:中川玲子(タッチケア支援センター代表)

【お申込みフォーム】
PC・スマホ共用 : http://ws.formzu.net/fgen/S43376713/
スマホ専用 : http://ws.formzu.net/sfgen/S43376713/
携帯電話専用 : http://ws.formzu.net/mfgen/S43376713/

主催 特定非営利活動法人  タッチケア支援センター “やさしくふれると世界が変わる”
オフィス 兵庫県尼崎市立花町2-13-10 アルファホーム1階
お問い合わせ&お申込み   電話 06-4967-9839 fax 06-6421-9752  (担当:中川)
メール  info@touchcaresupport.com   HP  http://www.touchcaresupport.com/
(上記、お申込みフォームが上手く作動しない場合は、こちらの連絡先にお願いいたします)

講師 キャロリン・ターグ氏 (Carolyn Targue)
プロフィール
b0228973_0302678.jpg


米国カリフォルニア州認定マッサージ・セラピスト。統合医療の先駆的エリアであるサンフランシスコで、Hospital Based Massage (医療機関におけるマッサージセラピー)のセラピストとして、医療現場で実践に従事するとともに、医療環境内外での、安全で効果的な代替・補完療法の専門家としての教育を受ける。 特に成人および小児科でのがん患者へのマッサージセラピーのあり方を専門的に追求し、マッサージ・セラピストの教育プログラムの充実にむけて、国際的に活動する。 また、元高校教師としての経験を活かし、成人教育と自己成長トレー二ングを、現在の教育メソッドとコンサルタント業に取り入れる。 施術においては「ゆっくり・優しく・ソフト」なタッチを重視し、病院の過剰なストレス下の環境での患者の不安の軽減と自己治癒力を促進し、患者とのつながりを大切に、自分自身のハートと、今・ここの気づきと共に在ることを重視する。また、クラニオセイクラル・セラピー、ローゼン・メソッド、レイキなどの手法に、グリーフ(悲嘆)ケアもとりいれ、ボディ&マインド&スピリットのホリスティックな身体観を通じて医療におけるマッサージセラピーとして構築することを自身の教育者としての役割として位置づける。ACCAHC(代替補完療法アカデミックコンソーシアム)会員、ホスピタルベイスドマッサージセラピー資格特別機関会員 オンコロジーマッサージ認定教育学会会員。

【略歴】カリフォルニア州サンフランシスコ市のパシフィック・メディカルセンター、Health&Healing 統合医療教育プログラムにて、マッサージセラピスト・医療機関での指導教員として長年従事。スタンフォード大学ルシル・パッカード子ども病院でマッサージセラピストとして従事。

~キャロリン・ターグ先生を推薦します~

今から7年前、代替医療を行っているサンフランシスコの病院でキャロリンと出会いました。
病院でマッサージを中心とした”代替医療”を教えるキャロリンが、私の先生でした。
私は看護師としてのキャリアはありましたが、キャロリンが教えてくれたのは看護とは違ったアプローチでした。
マッサージをするという行為だけでなく、目の前の患者様のためにすべての意識をそこに集中する大切さを教えて頂きました。
キャロリンは穏やかで、言葉を介さなくても分かり合える不思議な魅力を持っているので、
キャロリンが築く患者様との関係は、ただマッサージ施術者とその患者を超えたものでした。
今回のワークショップは、マッサージセラピストとして、
また教育者としての彼女の経験が活かされ素晴らしいものになるでしょう。

【久木元由紀子(通訳担当)】
13年間、米国サンフランシスコとハワイで看護師・看護教員として過ごす。代替医療に興味を持ち、その流れでキャロリン・ターグ女史に師事。サンフランシスコの病院でのマッサージのインターンを経験する。2013年帰国。現在は、大阪の短大で看護教員として勤務中。


Hospital Based Massage (HBM)について
ホスピタル・ベイズド・マッサージ (HBM / Hospital Based Massage)は、医療環境下の様々な状況に応じて発展してきた一連のマッサージ・セラピーの総称です。1995年にアメリカでホスピタル・ベイズド・マッサージ・ネットワークが発足しています。良質なHMBは、安全かつ効果的、そして、持続可能な形で、心臓疾患・脳梗塞・癌・リハビリテーション・緩和ケアなど、個々の患者や病院全体の複合的な状態に応じて、マッサージやボディワークセラピーとして提供されます。オンコロジー(がん・腫瘍)マッサージセラピーは、がん患者にむけてHMBです。(日本では、マッサージセラピーをタッチセラピーと表記します)


b0228973_20555062.jpg



b0228973_2057641.jpg


b0228973_20571788.jpg

by touchcaresupport | 2014-09-01 00:31 | イベントのお知らせ