<   2013年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

7月13日開講 こころにやさしいタッチケア基礎講座

 こころにやさしいタッチケア基礎講座 
   (ボランティア養成講座)
  

 6時間×4回(24時間) + ボランティア実習 

   より実践的な“ヒーリングワーク”として、
   様々なボランティア活動や対人援助の現場で役立つように再編成してお届けします。


”こころにやさしいタッチケア”は、人間性回復運動(Human Potential movement)で世界的に有名な、米国カリフォルニア州エサレン研究所で育まれた”エサレン®ボディワーク”の基本アプローチをもとに、家族間ケアや対人援助の現場に役立つようにアレンジした技法です。タッチの質感が大変よく、そして、受け手の方のこころとからだにやさしいアプローチ法が特徴で、リラクセーションとストレスの緩和、そして、自己の身体感覚の気づきの向上、つながり感の回復や自己肯定感の増幅等に効果的です。また、同時に施術者自身の心身の成長も促す相互作用もその特徴のひとつといえるでしょう。

今回のコースでは、ボランティア活動の様々なシーンで活動できる、従来のハンドマッサージ講習に加え、本格的なヒーリングワークとして、今までの参加者の方達から非常に人気の高かった、マッサージテーブルを使用した、着衣のままでのタッチケアワークの講座数も増やしてお届けします。いずれも、家族間ケアや対人援助の現場において、非常に実践的で効果的なワークです。

このコースで習得する施術は

ハンドマッサージ(オイル使用)
座位での背中へのタッチケア(着衣)
マッサージテーブルをつかっての、ヒーリングを伴うタッチケア(着衣)
足湯
ハンドマッサージにともなう傾聴

最終日には、実際に高齢者施設でのボランティア実習(ハンドマッサージのみ)をおこない、終了後に、修了証を発行いたします。(登録ボランティア証は、セッションレポートと感想文を書いていただくことで、発行させていただきます)

修了後は、セッションレポートを提出後、地域社会での高齢者&養護施設等でのボランティア活動に御参加していただける道が開かれます。皆様の中に眠る、潜在的な癒しの力を目覚めさせ、様々な社会貢献のシーンでお役立てください。

日程 : 2013年 7月13日(土)、14日(日)、8月3日(土)、8月4日(日)、
            ボランティア実習 8月31日(土) 

      *10時~17時 昼休み1時間 講座時間は1日合計6時間
      *最終日に修了証を発行します。
    

【講座スケジュール】

1回目(7月13日土曜日)
        講義:こころにやさしいタッチケアとは?
            タッチの本質や基本的な性質を学ぶ。
            タッチの生理的・心理的・社会的影響と効果。
        実技:〇マッサージテーブルをつかって全身へのタッチケアを体験。
             実技を通じて、ゆっくりとした動き
             からだの使い方や姿勢等(グランディング&センタリング)を学ぶ。
            〇ハンドマッサージ、基本の”ゆっくりとしたストローク”を体験する。

2回目(7月14日日曜日)
        講義:筋肉・骨格・皮膚などの解剖生理学。 
            タッチケアやマッサージの禁忌や注意事項。
            手指の反射区
        実技:〇ハンドマッサージ実技 より効果的・実践的な実技を学ぶ。
            講師のフィードバックを受けながら、じっくりとタッチの質感を深めます。

3回目(8月3日土曜日)
        講義:基本的な傾聴技法(受容と共感、あるがまま) 
           ボランティア論  衛生上の注意事項のまとめ
        実技:足湯の実践(お湯の入れ替え方、タオルの使い方など)
            ハンドマッサージ実技 (クッション等を使用しての方法)

4回目(8月4日日曜日)
        講義: ヒーリングとしてのタッチケア  
             心・体・魂 & エネルギー ホリスティックな身体観 
             セルフケア法  グランディング&センタリング(呼吸・重力・ゆらぎ) 
             “今、ここ”への気づき 
        実技: マッサージテーブルをつかって着衣のままでのヒーリングタッチ
             座位での背中への着衣のままでのタッチケア  ハンドマッサージ実技


 
【講習料】 :授業料  36000円 (教材・テキスト・ボランティア実習費・修了証発行費用込) 分割可
        
       
  *収益はNPO法人タッチケア支援センターのボランティア活動費として活用させていただきます。

【定員】 8名 (定員になり次第、締め切ります)
                 
【講習場所】 いずれもNPO法人タッチケア支援センターオフィス
        (amana space /自然素材の空間です)

兵庫県尼崎市立花町2丁目 13-10 アルファホーム1階
          (JR神戸線、立花駅、北側徒歩7分)
          http://www.amanaspace.com/access.html

【持ち物】
バスタオル1枚、フェイスタオル2枚、フラットなシーツ1枚
動きやすい服装(着替え可能)  筆記用具
小冊子「こころにやさしいタッチケア」(お持ちであればご持参ください)
         

【ファシリテーター(案内役)】 
中川玲子(NPO法人タッチケア支援センター代表理事)、奥田晃子(理事)、他


遠方の方、ご相談ください(女性の方は、土曜日の宿泊可能です。無料)
なおテキストには本講座用のオリジナルテキストに加え、小冊子『こころにやさしいタッチケア』を使用します。(すてにお持ちの方はご持参ください)


前回の24時間コースの修了生の方の声
http://touchcare.exblog.jp/18754141/
http://touchcare.exblog.jp/17420905/

お申込みフォーム
http://www.touchcaresupport.com/ws_form.php

主催&連絡先b>NPO法人タッチケア支援センター 
兵庫県尼崎市立花町2-13-10 ALPHA HOME 1階 amanaspace(講習会場) 
TEL 06-4967-9839
MAIL      info@touchcaresupport.com
公式ホームページ     http://touchcaresupport.com/

講座風景 ハンドマッサージ
b0228973_1373989.jpg

by touchcaresupport | 2013-05-23 01:38 | 講座のご案内

宝塚、社会福祉法人希望の家、地域活動支援センターでの活動報告

5月15日から、月一回のペースで、宝塚の社会福祉法人「希望の家」、地域活動支援センター”ひなた”さんでの、タッチケア施術&講習がはじまりました。

こちらは、今年4月にオープンしたばかりの、新しい地域の支援センターです。
主に、発達障害や精神障害のある利用者さんが、日常生活や社会生活を円滑に過ごせるように創作的活動や生産活動の機会を提供し、社会参加の促進をおこなう目的で運営されています。
他に、アロマやネイル、メイク、パソコンなどの講座が開講されていて、タッチケア支援センターにも、ハンドマッサージ講座の依頼を頂きました。

本日は、センターからは、3名が参加。前半は、お一人様15分ぐらいの、ハンドマッサージの施術を受け手いただきました。はじめは、対面に少し緊張されていたものの、タッチの感触がここちよく、皆さん、徐々に、リラックスされたご様子で、口ぐちに、気持ちがいいとおっしゃっていただけて、約1時間で10名様に施術させていただきました。

後半は、いよいよ、ハンドマッサージ講座。
数名の方は、本日は、施術を受けるのみで十分ということで、8名の方が、交換セッションにトライアル。

さっき、受けたときの、感想を伺い、タッチケアやハンドマッサージのリラクセーション効果と、基本的な触れ方を簡単にお伝えしたあと、すぐに、デモセッション。
そして、二人一組になって、ハンドマッサージの施術にトライしていただきました。

普段から、顔なじみとなっている方同士でしたが、こうやって触れあうことで、ますます、お互いが打ち解けあい、ハンドマッサージと同時に、会話と笑い声もはずむひと時でした。

からだの力をぬいて、ゆっくりと、呼吸とともに、ふれてる感覚をしっかり感じて。。。
基本の触れ方をお伝えしてる間に、皆さん、それぞれの感触とペースをつかんでくださったようで、後半は、とても、いい感じに施術を体験してくださいました。

職員の方が、〇〇さんの笑顔を初めて見た!という言葉に、私たちも、思わずにっこり。

発達障害、精神障害の方への活動は私達も、初めてでしたが、
非常にいい手ごたえを感じ、私達自身、タッチケアの底力をあらためて発見しました。
回数を積み重ねながら、さらに、可能性を探求していきたいと思います。


今後、こちらでは、継続的に、月1回のペースで関わらせていただくこととなりました。
御参加くださった皆様、そして、職員の皆様、本当にありがとうございました。


本日の、ハンドマッサージ講座。
簡単な講義でしたが、皆さん、一生懸命聞いてくださいました。
そのあとの、施術も、とってもすてきで、継続していただけくことで、
とっても、御上手になってるだろうなぁと思うと、わくわくしますね^^。
b0228973_20572783.jpg
by touchcaresupport | 2013-05-15 20:52 | 日々の活動

宝塚、社会福祉法人希望の家、地域活動支援センターでの活動報告

5月15日から、月一回のペースで、宝塚の社会福祉法人「希望の家」、地域活動支援センター”ひなた”さんでの、タッチケア施術&講習がはじまりました。

こちらは、今年4月にオープンしたばかりの、新しい地域の支援センターです。
主に、発達障害や精神障害のある利用者さんが、日常生活や社会生活を円滑に過ごせるように創作的活動や生産活動の機会を提供し、社会参加の促進をおこなう目的で運営されています。
他に、アロマやネイル、メイク、パソコンなどの講座が開講されていて、タッチケア支援センターにも、ハンドマッサージ講座の依頼を頂きました。

本日は、センターからは、3名が参加。前半は、お一人様15分ぐらいの、ハンドマッサージの施術を受け手いただきました。対面が、はじめ、少し緊張されていたものの、タッチの感触がここちよく、皆さん、とても、リラックスされたご様子で、口ぐちに、気持ちがいいとおっしゃっていただけました。約1時間で10名様に施術させていただきました。

後半は、いよいよ、ハンドマッサージ講座。
数名の方は、本日は、施術を受けるのみで十分ということで、8名の方が、交換セッションにトライアル。

さっき、受けたときの、感想を伺い、タッチケアやハンドマッサージのリラクセーション効果と、基本的な触れ方を簡単にお伝えしたあと、すぐに、デモセッション。
そして、二人一組になって、ハンドマッサージの施術にトライしていただきました。

普段から、顔なじみとなっている方同士でしたが、こうやって触れあうことで、ますます、お互いが打ち解けあい、ハンドマッサージと同時に、会話と笑い声もはずむひと時でした。

からだの力をぬいて、ゆっくりと、呼吸とともに、ふれてる感覚をしっかり感じて。。。
基本の触れ方をお伝えしてる間に、皆さん、それぞれの感触とペースをつかんでくださったようで、後半は、とても、いい感じに施術を体験してくださいました。
お伝えする側も、無理強いせず、ゆっくりと、見守る感じがよかったようです。

職員の方が、〇〇さんの笑顔を初めて見た!という言葉に、私たちも、思わずにっこり。

発達障害、精神障害の方への活動は私達も、初めてでしたが、
非常にいい手ごたえを感じ、私達自身、タッチケアの底力をあらためて発見しました。
回数を積み重ねながら、気を付ける点を整理しながら、さらに、可能性を探求していきたいと思います。


今後、こちらでは、継続的に、月1回のペースで関わらせていただくこととなりました。
御参加くださった皆様、そして、職員の皆様、本当にありがとうございました。


本日の、ハンドマッサージ講座。
簡単な講義でしたが、皆さん、一生懸命聞いてくださいました。
そのあとの、施術も、すてきでした^^。

BGMに、エサレン®ボディワークのDVDの音楽のCDを使いました!
それも、心地よくて、大変好評でした^^。音楽の力は偉大です!

b0228973_2191843.jpg

by touchcaresupport | 2013-05-15 20:52 | 日々の活動

西宮ぶらっとホームさんでの、タッチケア活動

昨年12月から月一回のペースで関わらせていただいています、福島の放射能を逃れて西宮に避難されているお母様の会、西宮ぶらっとホームさんで、本日、タッチケア支援センターから、3名の施術者が、ハンドマッサージや背中のタッチケア等をさせていただきました。場所は、西宮市福祉会館。

ほとんどの方が、小さなお子さんを連れて避難されていて、旦那様との別居生活を余儀なくされています。運営の中心は、やはり、福島から避難されているお母さんたち。同じ思いをもって、寄り添い、支え合い、定期的に交流会を開いておられます。
この会では、毎回、弁護士の先生や、臨床心理士の先生もおられて、参加された皆さんのお話を丁寧に聞いておられます。また、大学生のボランティアの方達が、子ども達の遊び相手として、参加されています。

関わらせていただいて、半年間。少しずつ、西宮の地に慣れていかれる方もおられますが、この春になって、小さなお子さんを連れて、避難してこられた方もおられるようで、ふれあいを通じて、まだ、何も終わっておらず、変わっていないことに、はっと気づかされます。

タッチケア、、、。小さなことですが、せめて、少しでも、心地よく、からだが楽になっていただき、母子ともに、少しでも、健やかにと、願ってやみません。。。この状況が、少しでも、良い方向に進みますように。



(今回は、許可を得て、撮影させていただきました。奥のブースでは、大学生のボランティアさん達が、子ども達の御相手をされています。)


次回は、6月15日に、参加させていただく予定です。

b0228973_23424887.jpg

b0228973_2302333.jpg

by touchcaresupport | 2013-05-11 23:01 | 震災支援活動

4月から『あんしん24』さんで、ボランティア活動本格始動

4月から、社会福祉法人喜楽苑「あんしん24」さんでのタッチケア&ボランティア活動が本格化しました。
昨年秋にオープンした、新しいデイサービス&ショートステイの施設さんで、日差しがキラキラとさしこむ、心地よい空間で、アットホームでやさしい職員の皆様とご一緒に、とても、有意義な活動をさせていただいております。

本日、5月7日は、ボランティア参加者も5名と広がって、ゆっくりと活動できました。
これまでの利用者さんからのフィードバックもいい感じで、気持ちがいい、手がつやつやになったと楽しみにしてくださる方も多く、施術を受けた日は表情が違うとご家族さんからも喜ばれてるそうです。

同時に、ボランティアに参加された方達からも、深い感動を感じられたというフィードバックを頂き、GiverからもReceiverからも喜びの声が聴けるというのが一番うれしいですね^^。気持ちのいいことを、一方向だけに「やってあげる」という関係ではなく、受け手の方のお一人お一人の存在と歴史を感じながら、双方で施術を作り上げていくという関係が、双方が輝きあえるのでしょう。

ご利用者さんの中には、認知症の方、半身まひの方と、様々ですが、お一人お一人にあわせて、ゆっくりと、丁寧に、すすめていくことを、心掛けております。オイルマッサージが初めての方も多く、新しい感覚ねと、珍しそうに、愉しんでくださっています。これからも、お元気に、わかわかしく、過ごしていただけたらと思います。

ハンドマッサージとはいえ、セッションは、常にコラボレーション。ふれていると自ずと受け手の方への愛情や敬意が深まり、その気持ちが受け手の方にも伝わります。その感覚が、お互いにもフィードバックしあいます。出会い、気づき、探求する。今、ここにいれば、一瞬たりとも、同じことは起こらず、常に新鮮な気持ちで、楽しみながら、そして、感謝とともに。
そんなボランティア活動の輪が広がっていけばいいなぁと感じたのでありました。

あんしん24さんには、月2回のペースで、訪問させていただく予定です。

b0228973_1143785.jpg
b0228973_12077.jpgb0228973_120033.jpg
by touchcaresupport | 2013-05-08 01:14 | 日々の活動