カテゴリ:イベントのお知らせ( 12 )

11月23日 ”フレイル予防で♡イキイキ長寿”に出店します。

11月23日(祝 水)13時~16時

神戸市、六甲アイランド、神戸ファッションプラザ サン広場で
”フレイル予防♡イキイキ長寿”が開催されます。
(主催 フレイルを支える看護職のネットワーク 共催:六甲アイランド地域申告会)

フレイルとは、加齢による虚弱となる状態で、このイベントでは様々なフレイル予防や対策が提案されます。
タッチケア支援センターからは、「こころにやさしいハンドトリートメント」のブースを出店します。

ご近所の方はぜひお立ち寄りくださいませ^^。


b0228973_22591713.jpg

by touchcaresupport | 2016-11-14 22:59 | イベントのお知らせ

4月19日(日) オンコロジータッチセラピー施術会のお知らせ

~ がん患者様のための、タッチセラピー ~
オンコロジー・タッチセラピー 
4月19日(日) 無料(初回限定)施術会のお知らせ  

****************************************
オンコロジー(Oncology;癌・腫瘍学)タッチセラピーは、
アメリカの病院内で実際に実施されている、
がん患者様の過剰なストレスや不安の軽減を目的とする
穏やかで、やさしいタッチのマッサージ・セラピーです。
がんの様々なステージの方に安全に受けていただけます。

【日時】 2015年4月19日(日)
①午前10時、②午後2時、③午後4時
(お申込みの際にご希望の時間帯をお知らせください)

【場所】 NPO法人タッチケア支援センター
 尼崎市立花町2丁目13-9 アルファホーム1階 
JR立花、北へ徒歩7分 (自然素材のナチュラル空間)
http://www.amanaspace.com/access.html

【問い合わせ&お申込み】
office@touchcaresupport.com 
06-4967-9839 (留守番電話にメッセージをお残しください。折り返しご連絡させていただきます)
*お申込みの際にご希望の時間帯をお知らせください。

【主催】 
特定非営利活動法人 タッチケア支援センター
&ホスピタルベースド・タッチセラピー研究会
http://touchcaresupport.com/



【 施術内容】
リラクセーションとストレスの緩和、心身へのサポートと癒しを目的とする、穏やかなタッチによる施術です。マッサージテーブルの上に横たわっていただき、着衣の上からやさしく触れたり、腕や肩・背中にローション等でマッサージしたり等。抗がん剤や放射線治療中の方も安全に施術を受けていただけます。がんの痛みや苦痛、そして治療による過剰なストレスの緩和を目的とします。(当日は、あまり身体を締め付けない楽な服装でお越しください。お着替えも可能です)

【施術の流れ】
カウンセリング:約20分
施術:40分から60分(ご体調にあわせて) 合計約1時間半
*1枠につき3つの施術台を御用意しております。
*施術前後に簡単なアンケートの聞き取り調査等にご協力ください。
*特定の治療法の紹介や健康食品等の販売は一切ございません。

【施術を受けていただける方】
がん患者の方で、現在治療中かあるいは、治療が終了された方。
ただし、下記の状態の方はご遠慮ください。
〇 高熱(39度~40度) 〇 急性感染症  〇 血小板減少症     〇 激痛(0~10のうち8以上の場合の痛み) 〇 化学療法24時間以内 〇 不安定性、混乱 〇 深部静脈血栓症  〇 低白血球        〇 リンパ浮腫(軽いものは可)
注意:オンコロジータッチセラピーは、リンパ浮腫を軽減するリンパトレナージュではありません。

【施術者は全員、オンコロジ―・タッチ認定セラピストです】
NPO法人タッチケア支援センターでは、今年1月に米国から公認指導教官キャロリン・タ―グ氏をお招きし、オンコロジー・タッチセラピー(レベル1)を学ぶ講習会を実施いたしました。研修と試験を経て、この春、日本で初めてのオンコロジータッチ認定セラピストが全国で19名誕生いたしました。今回の認定資格者は、看護師資格をもつか、あるいはカリフォルニア州の認定マッサージセラピスト資格に準じる研修を修了した者か、それに相当する研修を修了したセラピストです。日本のがん患者様にとって、より心地よく安心感をもって受けていただける施術へと向上するため、さらに研鑽を積んでまいりたいと思います。

【講習中の実習の際に施術を受けてくださった癌患者の皆様のご感想】

① すごく良かったです。タッチが心地よくて安心できました。手からやさしい気持ちが伝わってきました。また機会があればぜひ受けたいです。
② とても気持ちがよかったです。体・全体がリラックスできた感じです。これが本当の手当だと思います。もっと皆さんに広めてあげたいです。
③ 今日初めてです。手でこんなに身体に温かに指圧のように流れることに驚きでした。からだの足がわからなくなる状態になって、肩甲骨のところに軽さを感じたのが気持ちがよく、スッキリしました。ありがとうございました。キャロリン先生の人なりに、感謝の気持ちです。
④ とてもリラックスできて、とても気分がよくなりました。痛みが8割程度取れました。月に2・3回程度受けれたらどんなにいいでしょうか。ぜひ、京都で立ち上げて頂きたいです。有料で、もちろん。
⑤ 初めて施術して頂きましたが、指先、手のひら、すべてから優しさを感じました。サバイバーとしても、人としても、大切に向き合って頂けてるのが伝わって、心もからだも癒されました。体中がポカポカしています。軽くなりました(身も心も)本当にありがとうございました。
⑥ 手当のような、あたたかい手に、癒されました。身体の中の内蔵たちが、活性し、反応していました。今晩はきっと、夕飯がさらに美味しく、良い眠りにつけると思います。
⑦ 前半(下向き)で、寝てしまいました。リラックスができ、本当に気持ちがよかったです。体が心がほぐされてた感じ。快適でした。


b0228973_1121978.jpg
b0228973_1123556.jpg

by touchcaresupport | 2015-03-06 01:13 | イベントのお知らせ

2015年1月26日 米国ホスピタル・ベースド・マッサージ(HBM)報告会

第五回 関西タッチケア ミニ・フォーラム

病院での過剰なストレス下での不安と苦痛を緩和するタッチセラピーを米国での実践に学ぶ。
サンフランシスコの病院でのHOSPITAL BASED MASSAGEの現状報告(HBM)
米国におけるホスピタル・ベースド・マッサージ実践
**********************************************************************
講師: キャロリン・ターグ氏  
from サンフランシスコ


ホスピタル・ベイスド・マッサージ (HBM / Hospital Based Massage)とは、医療環境下の様々な状況に応じて発展してきた一連のマッサージ・セラピーの総称です。1995年に米国ではホスピタル・ベイスド・マッサージ・ネットワークが発足しています。心臓疾患・脳梗塞・癌・リハビリテーション・緩和ケアなど、個々の患者や病院全体の複合的な状況に応じて、マッサージやボディワーク、そして、タッチセラピーとして提供されています。
今回は、オンコロジー(癌・腫瘍)タッチセラピー講座で初来日中のキャロリン・ターグ先生をお招きして、米国での医療環境下での「ふれるケア」の展開をご報告していただきます。

日時   : 2015年1月26日(月曜日) 午後7時から8時45分
場所   : 芦屋市民センター 205号室 (兵庫県芦屋市、JR&阪神芦屋駅、阪急芦屋川駅徒歩5分)
       兵庫県芦屋市業平町8−24
       http://www.city.ashiya.lg.jp/kouminkan/parking.html
参加費  : 1000円(要予約 予約申し込み受付1月22日(木)まで) 当日1500円
         *受付の際にお名前をお知らせください。参加費は当日お支払いください。
定員   : 40名 (定員に達しましたら、締め切ります)
講師   : キャロリン・ターグ氏(from サンフランシスコ)
通訳  : 久木元由紀子(看護師・看護額教諭)

【ご参加の方は、下記のフォームからお申し込みください】
パソコン&スマホ :http://ws.formzu.net/fgen/S17196662/
携帯電話用:http://ws.formzu.net/mfgen/S17196662/
*上記のフォームが動かない場合はoffice@touchcaresupport.com あるいは、06-4967-9839 にご連絡ください(お電話の場合は、留守番電話にメッセージをお残しください)

【講師:キャロリン・ターグCarolyn Targue氏】
米国カリフォルニア州認定マッサージ・セラピスト。統合医療の先駆的エリアであるサンフランシスコで、Hospital Based Massage (医療機関におけるマッサージ・セラピー)のセラピストとして医療現場で実践に従事するとともに、医療環境内外での、安全で効果的な代替・補完療法の専門家として活動する。 特に成人および小児科でのがん患者へのマッサージ・セラピーを専門的に追求し、マッサージ・セラピストの教育プログラムの充実にむけて、国際的に活躍中。カリフォルニア州サンフランシスコ市のパシフィック・メディカル・センター、Health & Healing 統合医療教育プログラムにて、マッサージ・セラピスト、および、その指導教員として従事。スタンフォード大学ルシル・パッカード子ども病院、ラグナホンダ病院等でも活動する。施術においては「ゆっくり・優しく・ソフト」なタッチを重視。病院の過剰なストレス環境での患者の不安・苦痛の緩和と、自己治癒力の促進、患者とのつながりを大切に、今・ここの気づきと共に在る、心のケアに注目する。


キャロリン・ターグ先生のオンコロジータッチセラピスト養成講座ーがんを生きる人びとのためのタッチセラピーをご参考にしてください(講座は定員に達しました)
http://touchcaresupport.com/oncology201501.html





お問い合わせ  特定非営利活動法人 タッチケア支援センター ~やさしくふれると世界は変わる~
詳細は、ホームページをご覧ください。  http://www.touchcaresupport.com/

~キャロリン・ターグ先生を推薦します~

今から7年前、代替医療を行っているサンフランシスコの病院でキャロリン先生と出会いました。病院でマッサージを中心とした”代替医療”を教えるキャロリンが、私の先生でした。私は看護師としてのキャリアはありましたが、キャロリンが教えてくれたのは看護とは違ったアプローチでした。マッサージをするという行為だけでなく、目の前の患者様のためにすべての意識をそこに集中する大切さを教えて頂きました。キャロリンは穏やかで、言葉を介さなくても分かり合える不思議な魅力を持っているので、キャロリンが築く患者様との関係は、ただマッサージ施術者とその患者を超えたものでした。今回のワークショップは、マッサージセラピストとして、また教育者としての彼女の経験が活かされ素晴らしいものになるでしょう。
【久木元由紀子(看護師・看護学教諭・通訳担当)】
(13年間、米国サンフランシスコとハワイで看護師・看護教員として過ごす。代替医療に興味を持ち、その流れでキャロリン・ターグ女史に師事。サンフランシスコの病院でのマッサージのインターンを経験する。2013年帰国。現在は、大阪の短大で看護教員として勤務中)

癌や難病等、重篤な状態の方への、安全で効果的なタッチケアの在り方を探求する中、久木元さんから米国のホスピタルベイスドマッサージとキャロリン先生のことを伺いました。お話を聞いて、これだ!とぴんとくるものがあったのですが、2014年6月、サンフランシスコでキャロリン先生ご自身に実際にお会いし、それが確信に変わりました。施術の在り方、セラピスト育成に関する哲学等、大いに共感し、今回の初の来日講座の企画へと至りました。キャロリン先生は、医療環境下でのマッサージ・セラピストとしての豊富な経験や知識と共に、先生ご自身の深い人間観と創造性を通じて、マッサージセラピーを、病に苦しむ人々の心を支える、魂の癒しのケアとして展開されています。また、教育者として非常にしっかりとした考えをおもちですので、私自身、早くキャロリン先生から学びたい気持ちでいっぱいです。
【中川 玲子 (NPO法人タッチケア支援センター 代表理事)】
中川玲子のサンフランシスコでホスピタルベースドマッサージ・ミニ体験記をご覧ください。
http://touchcare.exblog.jp/22930048/"



b0228973_1859474.jpg

b0228973_1952029.jpg


キャロリン・ターグ氏
b0228973_197763.jpg


by touchcaresupport | 2014-12-21 18:25 | イベントのお知らせ

2015 1.23-25 がん患者のためのタッチセラピー Oncology Touch Therapy

米国カリフォルニア州、代替・補完医療ケアの最前線
Hospital Based Massage Therapy (医療機関でのマッサージセラピー)、指導者
キャロリン・ターグ先生(from サンフランシスコ)をお招きしての、初来日講座。



オンコロジー タッチ セラピー
Oncology Touch Therapy

がん患者のための、タッチセラピー講座

b0228973_20564524.jpg



米国カリフォルニア州の病院で実際に行われている、がん患者の方達の心と身体に寄り添う、
やさしく、静謐で、気づきある、心のケアとしての、タッチセラピー(マッサージセラピー)を学ぶ講座です。



オンコロジー タッチ セラピスト養成講座  レベル1 24時間

日時:2015年1月23日(金) 10時~18時30分
   1月24日(土) 9時30分~18時30分
   1月25日(日) 9時30分~18時終了(24h)

がん患者の方へのタッチセラピーについて集中的に学ぶ、専門家向けの講座です。がんの病歴、あるいは症状が進行中の方に対して、適切な施術のガイドラインや禁忌等について有用な知識を学びます。また、このコースでは、実際にハンズオンhands –on の実技実習をおこないながら、リンパ浮腫やがんの治療中での副作用への対処法も学びます。短期・長期でのがん治療における適切な評価法や、あるいは後期の副作用への対応について等も、実際にデモセッションを通じて解説されます。

講座は3日間、合計24時間で、修了後、筆記テストと審査を経て、後日、修了証が授与されます。
その手技は、病院環境や患者様の状態を留意した、安全・安心を大切にした、やさしく穏やかで、気づきあるアプローチ法です。

【講座の概要】
*オンコロジー・タッチセラピーの概要
*一般的な治療法とその副作用
*成人のがん患者へのタッチセラピーの禁忌と指標
*デモと実技実習―交換セッション
*がんとリンパ組織について
*アセスメントと施術プランニング
*終末期のガイドライン
*質問・導入・関わりについて
*実際にがん患者さんを招いての実技実習 その他

会場:関西圏で現在調整中
受講料:9,6000円 (12月1日以降のお申込は11万円となります) *分割可
受講対象:医師・看護師・理学療法士・鍼灸マッサージ師、ボディワーカー、マッサージセラピスト 他
講師: キャロリン・ターグ
通訳: 久木元由紀子(看護師・看護学教諭)
コーディネーター:中川玲子(タッチケア支援センター代表)

【お申込みフォーム】
PC・スマホ共用 : http://ws.formzu.net/fgen/S43376713/
スマホ専用 : http://ws.formzu.net/sfgen/S43376713/
携帯電話専用 : http://ws.formzu.net/mfgen/S43376713/

主催 特定非営利活動法人  タッチケア支援センター “やさしくふれると世界が変わる”
オフィス 兵庫県尼崎市立花町2-13-10 アルファホーム1階
お問い合わせ&お申込み   電話 06-4967-9839 fax 06-6421-9752  (担当:中川)
メール  info@touchcaresupport.com   HP  http://www.touchcaresupport.com/
(上記、お申込みフォームが上手く作動しない場合は、こちらの連絡先にお願いいたします)

講師 キャロリン・ターグ氏 (Carolyn Targue)
プロフィール
b0228973_0302678.jpg


米国カリフォルニア州認定マッサージ・セラピスト。統合医療の先駆的エリアであるサンフランシスコで、Hospital Based Massage (医療機関におけるマッサージセラピー)のセラピストとして、医療現場で実践に従事するとともに、医療環境内外での、安全で効果的な代替・補完療法の専門家としての教育を受ける。 特に成人および小児科でのがん患者へのマッサージセラピーのあり方を専門的に追求し、マッサージ・セラピストの教育プログラムの充実にむけて、国際的に活動する。 また、元高校教師としての経験を活かし、成人教育と自己成長トレー二ングを、現在の教育メソッドとコンサルタント業に取り入れる。 施術においては「ゆっくり・優しく・ソフト」なタッチを重視し、病院の過剰なストレス下の環境での患者の不安の軽減と自己治癒力を促進し、患者とのつながりを大切に、自分自身のハートと、今・ここの気づきと共に在ることを重視する。また、クラニオセイクラル・セラピー、ローゼン・メソッド、レイキなどの手法に、グリーフ(悲嘆)ケアもとりいれ、ボディ&マインド&スピリットのホリスティックな身体観を通じて医療におけるマッサージセラピーとして構築することを自身の教育者としての役割として位置づける。ACCAHC(代替補完療法アカデミックコンソーシアム)会員、ホスピタルベイスドマッサージセラピー資格特別機関会員 オンコロジーマッサージ認定教育学会会員。

【略歴】カリフォルニア州サンフランシスコ市のパシフィック・メディカルセンター、Health&Healing 統合医療教育プログラムにて、マッサージセラピスト・医療機関での指導教員として長年従事。スタンフォード大学ルシル・パッカード子ども病院でマッサージセラピストとして従事。

~キャロリン・ターグ先生を推薦します~

今から7年前、代替医療を行っているサンフランシスコの病院でキャロリンと出会いました。
病院でマッサージを中心とした”代替医療”を教えるキャロリンが、私の先生でした。
私は看護師としてのキャリアはありましたが、キャロリンが教えてくれたのは看護とは違ったアプローチでした。
マッサージをするという行為だけでなく、目の前の患者様のためにすべての意識をそこに集中する大切さを教えて頂きました。
キャロリンは穏やかで、言葉を介さなくても分かり合える不思議な魅力を持っているので、
キャロリンが築く患者様との関係は、ただマッサージ施術者とその患者を超えたものでした。
今回のワークショップは、マッサージセラピストとして、
また教育者としての彼女の経験が活かされ素晴らしいものになるでしょう。

【久木元由紀子(通訳担当)】
13年間、米国サンフランシスコとハワイで看護師・看護教員として過ごす。代替医療に興味を持ち、その流れでキャロリン・ターグ女史に師事。サンフランシスコの病院でのマッサージのインターンを経験する。2013年帰国。現在は、大阪の短大で看護教員として勤務中。


Hospital Based Massage (HBM)について
ホスピタル・ベイズド・マッサージ (HBM / Hospital Based Massage)は、医療環境下の様々な状況に応じて発展してきた一連のマッサージ・セラピーの総称です。1995年にアメリカでホスピタル・ベイズド・マッサージ・ネットワークが発足しています。良質なHMBは、安全かつ効果的、そして、持続可能な形で、心臓疾患・脳梗塞・癌・リハビリテーション・緩和ケアなど、個々の患者や病院全体の複合的な状態に応じて、マッサージやボディワークセラピーとして提供されます。オンコロジー(がん・腫瘍)マッサージセラピーは、がん患者にむけてHMBです。(日本では、マッサージセラピーをタッチセラピーと表記します)


b0228973_20555062.jpg



b0228973_2057641.jpg


b0228973_20571788.jpg

by touchcaresupport | 2014-09-01 00:31 | イベントのお知らせ

9/21 第四回 関西タッチケアフォーラム - 子どもの心とからだとタッチケア -

4回目を迎える関西タッチケアフォーラムでの、テーマは、ずばり”子ども” です。

いじめや虐待、体罰、あるいはゲーム機器やインターネットの普及等、子供たちにとってやさしいタッチが少しずつ遠ざかりつつある、この時代、今、あらためて、肌へのふれあいが、子どもたちのこころとからだにもたらす効果や影響が見直されつつあるのではないでしょうか。

第四回関西タッチケアフォーラムでは、一昨年も講師としてお招きいたしました、『子どもの脳は肌にある』『手の治癒力』『皮膚という脳』著者でタッチケア支援センター特別顧問の山口創先生(桜美林大学准教授、身体心理学者)に、特別講演として『 子どもの愛着とタッチング~乳児院と江戸時代の子育てからタッチングを考える 』をご講演いただきます。乳児院での抱っこの研究や、多良間島での子育ての研究、自閉症児へのマッサージ効果の研究、マッサージとオキシトシンの研究などを行なっておられる山口先生の、最新の御研究をうかがえる絶好の機会です。
また、一昨年に引き続き、エサレン®ボディワークの重鎮、ブリータ・オストロム先生による、体験ワークショップもあります。
そのほか、ラビングタッチプロジェクトのはやしひろこさん、NPO法人タッチインピースの田岡うららさんをはじめ、多彩なゲスト講師の皆様をお迎えして、未来の子どもたちの、こころとからだを育むタッチの可能性を、参加者の皆様もまじえて、体験的に、学んでいきたいと思います。大勢の皆様の御参加をお待ちしております。

*******************************************************************
第四回 関西タッチケア・フォーラム 
” 子どものこころとからだと、タッチケア”

*******************************************************************
リーフレットPDF(表)  http://touchcaresupport.com/pdf/4touchcare.pdf
          (裏)  http://touchcaresupport.com/pdf/4touchcare2.pdf
【詳細】
日時: 2013年 9月21日(土曜日)
     10時30分~午後5時30分  (開場 10時)
参加費: 5500円(予約:5000円)  午前の部:2000円 午後の部:3500円
定員: 60名
場所: 芦屋市民センター3階301号室
    JR芦屋駅・阪急芦屋川駅から歩いて7分、芦屋川沿い。芦屋市業平町8番24号
    http://www.city.ashiya.lg.jp/kouminkan/shimin_center.html
主宰& お問い合わせ&お申込み
     NPO法人 タッチケア支援センター
     mail info@touchcaresupport.com
     tel 06-4967-9839
     兵庫県尼崎市立花町2-13-10  http://touchcaresupport.com/

******************************************************
【お申込みフォーム】 *24時間以内に返信がない場合は、上記の連絡先にご一報ください。

パソコン用    http://ws.formzu.net/fgen/S47043833/
携帯電話用 http://ws.formzu.net/mfgen/S47043833/



****************【タイム・スケジュール】*************************************

午前の部 : 10時30分~12時

はやしひろこ (ラヴィングタッチプロジェクト主宰、関西アロマセラピストフォーラム理事
      『赤ちゃんとママのしあわせタッチケア~絆を育むラヴィングタッチケア』著者)

『ふれることは愛を伝えること。こころとからだ、絆を育むラヴィングタッチ』
 * 赤ちゃんやキッズ、そして、難病の子供たちへの愛あふれるタッチの実践で活躍されている、はやしひろこさんのお話です。 
   
ぐるーんプロジェクト 関西有志

乳児院での抱っこボランティア活動報告
 * 昨年末に、東京の、ぐるーんプロジェクト代表、有尾美香子さんが関西タッチケアフォーラムにおこしになられてから、関西での乳児院でも抱っこボランティアさんが活躍されています。ぐるーんの関西有志の皆様に、活動を報告していただきます。
  ぐるーんプロジェクト HP http://www.gruun.org/


12時~13時 昼食休憩  (ハンドマッサージブースもありますので、ご体験ください)

【午後の部】 13時~

中川玲子(タッチケア支援センター、代表理事) & 奥田晃子(Massage In Schools Programme 認定インストラクター NPO法人タッチケア支援センター 理事)

『研究報告 : 世界の教育とタッチケア
イギリスのマッサージin スクールと、とスウェーデンのピースフルタッチ』


田岡うらら (NPO法人タッチインピース代表理事)

『国境なきセラピストチームの活動報告 カンボジアHIV感染孤児へのタッチケア』



*******************************************************************
【特別講演】 午後2時45分~

山口創 (やまぐちはじめ)  (桜美林大学准教授  身体心理学者)

『 子どもの愛着とタッチング
~乳児院と江戸時代の子育てからタッチングを考える 』

*乳児院での抱っこの研究や、多良間島での子育ての研究、自閉症児へのマッサージ効果など、最新の御研究をお伝えしていただきます。

【体験ワークショップ】 午後4時~

ブリータ・オストロム (エサレン研究所 エサレン®ボディワーク認定上級講師)

『 子どもたちの心と体にバランスを届ける、気づきのタッチ
そして、私たち自身の“内なる子ども”にふれていくこと・・・。 』




************** 講師プロフィール *****************************************

山口創  先生  
(やまぐちはじめ) 桜美林大学リベラルアーツ群准教授、早稲田大学大学院非常勤講師。早稲田大学大学院卒業。博士(人間科学)、身体心理学者。既存の心理学の枠にとらわれず、身体から心へのアプローチ(Embodied mind)を追求している。研究する中で「触れる」という人間にとっての本質的な行為の大切さに気づき、親子のふれあい、看護や医療における「手あて」の効果をはじめ、触覚や皮膚と心の関係にまで領域を広げている。最近は乳児院での抱っこの研究や、多良間島での子育ての研究、自閉症児へのマッサージ効果の研究、マッサージとオキシトシンの研究などを行なっている。「手の治癒力」「子供の脳は肌にある」「愛撫・人の心に触れる力」「皮膚という脳」など著書多数。NPO法人タッチケア支援センター 特別顧問。

b0228973_21321481.jpg








*******************************************************************
ブリータ・オストロム 先生

米国シアトル出身。エサレン研究所公認エサレンRボディワーク認定講師。1999年より日本で教える。1960年代から統合医療とヒューマンポテンシャル運動(人間の潜在能力に関する運動)で有名な米国カリフォルニア州エサレン研究所にかかわる。エサレンRボディワークの他、ゲシュタルトプラクティスを長年実践し、グループワークも行う米国公認サイコセラピストでもある。40年以上「ふれる」ことを実践し続け、今もなお「ふれる」ことを通じての自己探求と気づき、癒しを世界中の生徒たちに伝える。

b0228973_2132467.jpg










*******************************************************************
はやしひろこ先生

クリニカルアロマセラピスト/ラヴィングベビータッチ(LBT)インストラクター/小児タッチセラピー指導者。自身の病気体験から心理療法や自然療法、ハンズオンヒーリング、ホリスティック医学、ボディワークなどを学ぶ。祈りとともに「こころとからだを耕し、つむぎあわせる」心身を統合するセッションを行う。TRI(Touch Research Institute)でのNICUタッチセラピー研修後LBTインストラクター養成講座を立ち上げ、医師、看護師、助産師らと設立したNPO法人KAFにてタッチケアインストラクター養成に努める。ラヴィングタッチプロジェクト主宰。著書に『赤ちゃんとママのしあわせタッチケア~絆を育むラヴィングタッチケア』(学陽書房)。二児の母。大阪府立大学卒。

■AHCP認定クリニカルアロマセラピスト/リフレクソロジスト
■NPO法人関西アロマセラピスト・フォーラム理事
■KAF認定ラヴィングベビータッチ主任講師
■NPO法人日本ホリスティック医学協会関西支部運営委員
■国際リドルキッズ協会認定医療ケアが必要な子どものための小児タッチセラピー指導者
■ホリスティックアロマセラピーケアルームつむぎの森主宰
■大阪府立大学総合科学部人間関係科卒
■クォンタムタッチ(R)認定インストラクター・認定プラクティショナー
■Dr.カタリア・スクール・オブ・ラフターヨガの認定ラフターヨガリーダー
■米国催眠療法協会(ABH=American Board of Hypnotherapy)認定ヒプノセラピスト

ケアルーム つむぎの森 HP http://tsumuginomori.com/
NPO法人関西アロマセラピストフォーラム http://aroma-kansai.org/

b0228973_0501311.jpg
















*******************************************************************
田岡うらら先生

アロマセラピスト、エサレンボディーワークプラクティショナー、栄養カウンセラー
NY大学在学中、シャーマニックな自然療法に触れた事から、アロマなどヒーリングの勉強を始め
る。英国の国際芳香療法家連盟(IFPA)の資格取得後、神戸にて、自然療法を行うホリスティックセ
ラピーサロンを開業。食べるもののカラダへの影響を無視できず、分子栄養学を学び始める。
ストーンセラピーや、アジアのマッサージ技法、スポーツセラピーを学んだ後、2004年アテネオ
リンピックにセラピストとして参加。選手村でのケアを担当する。以降、世界選手権や北京オリン
ピックの合宿のケアを担当。2006年カリフォルニアにてエサレンボディワークの資格習得。
2008年NPO法人タッチインピースを設立、広島で被爆された方々のボランティアケアを開始。
2009年和泉市で障害児へのボディーワークを開始 2010年エドモーピンに師事し、ストラク
チュアルインテグレーション(身体構造統合法)、身体心理学を学ぶ。 カンボジアにてHIV孤児へ
のケアを開始。2011年夏より沖縄・久米島にて福島の子供達への保養中のボディケアを担当。
シャーマニックで直感的なヒーリングと科学的、論理的なセラピーとの融合による、
深いレヴェルでの癒しがテーマ
NPO法人タッチインピース 代表理事
NPO法人プレジャーサポート協会 理事
NPO法人エクアドルの子供のための友人の会 理事
NPO法人沖縄・球美の里 理事

NPO法人 タッチインピース http://touchinpeace.org/pineapple1/
b0228973_23531218.jpg












*******************************************************************

ぐるーんプロジェクト

関東を中心に、2011年2月、乳児院や児童養護施設の子ども達の不合理な環境をなんとかしようという有志が集まり「ぐるーんプロジェクト」始動(代表、有尾美香子)。同年6月 立場を超えた幅広い層がぐるーんプロジェクトに賛同し、「ぐるーんプロジェクト」設立。現在、里親や養子縁組を普及させ、乳児院、児童養護施設の子ども達が家庭的な環境の中で養育される社会の実現を果たすために奔走中。2013年より、関西在住のぐるーん会員有志による、乳児院での抱っこボランティア活動も広がりをみせている。
ぐるーんプロジェクトフェイスブック公式サイト https://www.facebook.com/gruun.org
ぐるーんプロジェクトHP   http://www.gruun.org/
*******************************************************************

奥田晃子 

NPO法人タッチケア支援センター理事。エサレン(R)ボディーワーク認定プラクティショナー。Esalen(R)bodywork+Astrology「kirari」主宰。2006年より認定プラクティショナーとして活動を始め、2008年英国・ブライトンにてMassage In Schools Programme Instructorの資格認定コースを受講。2011年にNPO法人タッチケア支援センターの立ち上げに関わる。現在、神戸市内の通所リハビリテーション施設でのアロマセラピーの施術や、尼崎市や宝塚市のデイケア施設でのタッチケアのボランティア活動にも従事。
b0228973_0412157.jpg

















*******************************************************************
中川玲子 (総合司会)
NPO法人タッチケア支援センター理事長。関西学院大学文学部卒業後、塾・予備校等の教育産業に従事。その後、阪神淡路大震災で被災し避難所・仮設住宅でボランティア活動を行う。その体験からタッチを通じての心身の癒しとサポートに関心をもち、ボディワークを学び始め、1999年、エサレン®ボディワークと出会い認定プラクティショナーとなる。セッションを積み重ねる中、触れることの諸相とその心身への影響について探求を深め、2003年よりタッチ&ヒーリング講座を開始。2011年、NPO法人タッチケア支援センターを設立。こころと身体のつながりや、心身への気づきとタッチの質を重んじる、心と身体にやさしいタッチケアのあり方を追求し、その普及・教育・相談事業を展開する。 2012年よりエサレン®ボディワーク資格認定コースも運営中。

b0228973_0484110.jpg
by touchcaresupport | 2013-08-06 21:49 | イベントのお知らせ

3月6日、ボランティア実習会のモデルさん募集してます。

3月6日、水曜日、午後2時~4時の間


『こころにやさしいタッチケア』基礎講座(ボランティア養成講座)のコースを修了された生徒さん達の、ボランティア実習のモデルさんを、募集しております。参加費は無料です。
お時間のある方は、ぜひ、お立ち寄りください。


生徒さんの実習に対して、モデルとなっていただきたいのは、下記の通りです。
【施術の流れ】

1、 足湯  (約10分)

2、 心身の状態の簡単な聴き取り調査

3、 座位で、着衣のままでの、背中へのタッチケア

4、 ハンドマッサージ  (約20分)

5、 フィードバック


所用時間は前後をいれて約40分です。
終了後、お茶とお菓子でおくつろぎください。

老若男女の方に、ご参加願えます。
ご参加、お待ち申し上げます。


場所  NPO法人タッチケア支援センター オフィス  amana space
http://www.amanaspace.com/access.html
(地図上でのタイムズがセブンイレブンになっております)

住所  兵庫県尼崎市立花町2-13-10 アルファホーム1階

お申込み    電話    06-4967-9839
メール  info@touchcaresupport.com

b0228973_21163863.jpg


b0228973_21113128.jpg

by touchcaresupport | 2013-03-03 21:12 | イベントのお知らせ

8月2日、ボランティア実習のモデルさんを募集してます。

8月2日、午後1時~4時

ボランティア実習会 モデル参加くださる方、募集しております。



『こころにやさしいタッチケア』基礎講座(ボランティア養成講座)のコースを修了された生徒さん達の、ボランティア実習のモデルさんを、募集しております。参加費は無料です。
お時間のある方は、ぜひ、お立ち寄りください。


生徒さんの実習に対して、モデルとなっていただきたいのは、下記の通りです。
【施術の流れ】

1、 足湯  (約10分)

2、 心身の状態の簡単な聴き取り調査

3、 座位で、着衣のままでの、背中へのタッチケア

4、 ハンドマッサージ  (約20分)

5、 フィードバック


所用時間は約40分です。
終了後、お茶とお菓子でおくつろぎください。

老若男女の方に、ご参加願えます。
ご参加、お待ち申し上げます。


(ご参加時間は、1時から3時半までに、お越しください。もし、参加時間が確定されていましたら、お知らせいただけたら幸いです)


場所  NPO法人タッチケア支援センター オフィス  amana space
http://www.amanaspace.com/access.html
(地図上でのタイムズがセブンイレブンになっております)

住所  兵庫県尼崎市立花町2-13-10 アルファホーム1階

お申込み    電話    06-4967-9839
メール  info@touchcaresupport.com
b0228973_0155135.jpg
b0228973_015520.jpg

b0228973_0162496.jpg

by touchcaresupport | 2012-07-24 00:17 | イベントのお知らせ

5月9日(水曜日) タッチケア・ボランティア実習のモデル募集

5月9日、午後1時~4時

第四回  ボランティア実習会 モデル参加くださる方、募集しております。



『こころにやさしいタッチケア』基礎講座(ボランティア養成講座)のコースを修了された生徒さん達の、ボランティア実習のモデルさんを、募集しております。参加費は無料です。
お時間のある方は、ぜひ、お立ち寄りください。


生徒さんの実習に対して、モデルとなっていただきたいのは、下記の通りです。



1、 足湯  (約10分)

2、 心身の状態の簡単な聴き取り調査

3、 座位で、着衣のままでの、背中へのタッチケア

4、 ハンドマッサージ  (約20分)

5、 フィードバック


所用時間は約40分です。
終了後、お茶とお菓子でおくつろぎください。

老若男女の方に、ご参加願えます。

ご参加、お待ち申し上げます。


(ご参加時間は、1時から3時半までに、お越しください。もし、参加時間が決まりましたら、お早目にお知らせください)


場所  NPO法人タッチケア支援センター オフィス  amana space
http://www.amanaspace.com/access.html
(地図上でのタイムズがセブンイレブンになっております)

住所  兵庫県尼崎市立花町2-13-10 アルファホーム1階

お申込み    電話   06-4967-9839
メール  info@touchcaresupport.com


b0228973_9445672.jpg
b0228973_9442643.jpg

by touchcaresupport | 2012-04-16 09:45 | イベントのお知らせ

3/20 第二回関西タッチケア・フォーラム”タッチ”その癒しと祈り

b0228973_22441575.jpg
NPO法人タッチケア支援センター主催の、関西タッチケア・フォーラム。
第二回目は2012年、3月20日(春分の日)、神戸市布引ハーブ園、森のホールで開催します。(昨年9月の、第一回関西タッチケアフォーラム『皮膚と脳、タッチとこころ』のご報告はこちらをご覧ください。
http://touchcare.exblog.jp/16348685/

第二回のテーマはこちらです。

***********************************************

Touch . Pray. Healing  ―”タッチ” その癒しと祈り ー
    東日本大震災より1年目、神戸からの祈り


***********************************************
詳細やお申込み方法は、こちらをご覧ください。
http://touchcaresupport.com/2kansai_touchcare.html
*会場準備の都合上、なるべくご予約いただきますようお願い申し上げます。
***********************************************

 今回のゲスト講師は心療内科医師でホメオパシー専門医で『スピリチュアルヘルス宣言』『『愛と光に目覚める女神事典』著者の、明石麻里先生と、エサレン研究所から来日中の、当法人海外顧問のエサレン®ボディワーク公認講師、シャー・ピアス先生。さらに、被災地支援や緩和医療等でのアロマセラピーで活動されるNPO法人関西アロマセラピストフォーラム副理事の宮里文子さんもお迎えして、全員女性のゲスト講師陣でお送りします。


第一部では、東日本大震災の被災地で、タッチやふれあい、アロマセラピーやマッサージ等の「ふれる」ケアがどのような活動を行ってきたかの報告と検証を。報告者は、宮里文子さんと、私、中川玲子。全国の他団体の類似活動の紹介もおこないます。私も宮里さんも、17年前の阪神淡路大震災の被災体験があり、宮里さんは避難所と仮設住宅での体験もおありです。当時の体験から共に「ふれる」仕事へと目覚めた私達。阪神大震災と東日本大震災、2つの震災を通じて、タッチの癒しの可能性を実地報告いたします。(第一部のみのご参加は、震災支援関連のため、無料です)

第二部では、心療内科医師の明石麻里先生より、古来から、人類が、タッチや祈りを通じて、どのように心身を癒してきたのか?のお話しをいただき、瞑想誘導もお願いします。
また、エサレン研究所のシャー・ピアス先生からは、セルフタッチングとムーブメントを指導していただきます。テーマは、Ground .... 自らの呼吸と、身体バランス・重力を感じることで、自分自身と、地球とのつながりを感じ、ともに癒すことを体験します。(エサレン®ボディワークの基本的なアプローチにも通じるので、エサレン・ミニ体験としてもおすすめです)  明石先生、シャー先生ともに、『女神』についてのライフワークをおもちです。タッチと女性性について、インスピレーションにあふれるお二人の、東西、夢のコラボレーションです。乞うご期待!
 
 愛をもって誰かにふれるとき、それは、『祈り』に似ています。
 せめて、少しでも楽に、少しでも気持ちよく、そして、幸せになってほしいと祈ります。
 あるいは、「今・ここ」で共に在り、同時に、永遠であり、すべてがつながりあっていることを感じます。
 タッチのもつ、やさしさ、癒しの力、そして、女性性・・・。
 私達一人一人が、呼吸と、そして、地球とともに、つながりあっていること・・・。
17年前の被災地神戸から、東北の被災地へ・・・。
 
 会場の神戸市布引ハーブ園『森のホール』は神戸の港を見下ろす、素晴らしいロケーションで、木でできたホールは教会のような雰囲気です。自然豊かで静かな環境の中、心身を癒しながら、そして、地球とのつながりを感じるTouch, Pray, Healing の時間をご一緒に共有できたらと思います。

*****************************************************
日時 : 2012.3.20 (春分の日) 第一部:11:00~12:30 第二部: 14:00~17:30
場所 ; 神戸市布引ハーブ園、森のホール 
       http://www.kobeherb.com/contents/access.html
参加費 : 5000円 (一部のみの方は無料。参加費は当日受付で御支払ください)
定員 : 60名
お申込み  NPO法人タッチケア支援センター  
        メール  office@touchcaresupport.com
 電話   0649679839
        fax 0664219752
お申込みフォーム   http://ws.formzu.net/fgen/S58979331/

 みなさまの、ご参加を、お待ちお申し上げます。
 
  
by touchcaresupport | 2012-02-06 21:49 | イベントのお知らせ

10/29 関西大学堺キャンパスで無料ワークショップ開催します。

堺市と関西大学との地域連携事業

東西いのちの文化フォーラム
~日々の暮らしの中でからだの声・こころの声を聴く~


好評につき、定員に達しました。
ワークショップをご希望の方は、11月19日(土曜日)、12月8日(木曜日)に同内容のワークショップを行いますので、ぜひご参加ください。
(有料となりますが、8名様までの少人数制となります)
http://touchcare.exblog.jp/16437416/



関西大学人間健康学部と、堺市との合同企画で、半年間にわたっての文化フォーラムです。
この連続講座の一環として、10月29日(土)、『こころにやさしいタッチケア1日体験講座(3時間)』を無料で開催いたします。
時間は14時~17時。
こちら、定員30名様までで、ご予約が必要です。

内容は、通常の講座とほぼ同じで
1、タッチケアの基本的な考え方
2、自分自身の身体を感じる。
3、セルフケアワーク
4、着衣の上からのタッチケア 
5、ハンドの、オイルマッサージ

*通常講座よりは、参加人数が多くなることをご了承ください。
*ご参加くださる方は、ハンドタオルとバスタオルを各1枚ずつご持参ください。また、なるべく、動きやすい服装でおこしください。(袖は半袖かまくしあげれるものがいいです)

お申込みは、下記PDFファイルを印刷し、ファックスか郵送で関西大学人間健康学部のほうに直接お願いいたします。
http://www.kansai-u.ac.jp/Fc_hw/touzaiHP.pdf

by touchcaresupport | 2011-10-06 08:33 | イベントのお知らせ