11/27&12/11 がんを生きる人々へのタッチケアを学ぶ     2days ~ 

昨年、二度、日本にお招きした、キャロリン・ターグ先生の「オンコロジータッチセラピー」講座にご参加くださった、がん専門看護師&看護学教諭の先生方をゲスト講師にお迎えしての「がん」への理解を深める専門的な講座です。先生方の日本の医療現場でのがん看護への長年のご経験から学ぶと同時に、米国オンコロジーマッサージセラピーのガイドラインに基づいたアプローチ法もご紹介します。

(好評につき定員となりました。キャンセル待ちのみ受付させていただきます)


****************************************
2016年 秋 こころにやさしいタッチケア講座 <専科>
~ がんを生きる人々へのタッチケアを学ぶ 2days ~ 
***************************************** 


がん専門看護師としてご活躍されるゲスト講師をお招きし、「がん」、そして「がんを生きること」への理解を深め、安全で心地よく、心身にやさしいタッチケアを提供するためんに必要な知識と理論を学びます。実技では、穏やかな圧で安全に提供できるタッチケアを体験します。


【1】11月27日(日) がんを学ぶ①
 『がん、三大治療と副作用の理解&着衣の上からのタッチケア』


 【午前】(scheduleは変更することがあります)
◎一般のタッチケアと、がん患者さんへのタッチケアとの違い、講座の概要(中川玲子)
◎がんとは?(発生や増殖のプロセス、がんの種類や転移について等)(松村優子)
【午後】
◎がんの三大治療と、その治療による影響と副作用。がんを生きることへの理解(松村優子)
◎質疑応答と対話
◎セルフケアと、セルフタッチング(中川玲子)
◎着衣の上からの、座位でのソフトタッチでの基本のタッチケア(中川玲子)
 (デモと交換セッション)
   
【2】 12月11日(日)  がんを学ぶ②
 『リンパ浮腫の理解と、がん患者さんへのタッチケアにおける禁忌や注意点についてのまとめ』


【午前】
◎オンコロジータッチセラピーの実践例の紹介 (小西奈美)
 (京都のがん患者会「ともいき京都」でのタッチケア実践例の報告)
◎リンパ浮腫の理解①(永井ゆかり)

 【午後】
◎リンパ浮腫の理解②(永井ゆかり)
◎がん患者さんへのタッチケアの禁忌や注意点のまとめや、問診のとり方等(永井ゆかり)
 (米国オンコロジー・タッチセラピーのリスク管理ガイドラインの紹介)
◎がん患者さんへの施術を想定した、穏やかでやさしいタッチケア(永井ゆかり&中川玲子)
 (着衣の上からのタッチケアとハンドトリートメント等 デモと交換セッション)

講座料  1講座16000円 (2講座受講の場合は28000円)
 *オンコロジータッチセラピー講座修了者は、それぞれ半額とさせていただきます。
 *お申込み後、こちらの口座にご入金ください。
  三井住友銀行 立花支店 普通 1718214
  口座名 特定非営利活動法人 タッチケア支援センター
 *11月27日のみの参加は可能ですが、12月11日のみの参加はオンコロジータッチセラピー講座修了生のみ可能とさせていただきます。
 *この講座の受講に関する、「修了」および「認定」に関するものは一切発行いたしません。
定員   10名
会場   アマナスペース(NPO法人タッチケア支援センター オフィス)
     兵庫県尼崎市、JR神戸線立花駅、徒歩7分
     http://www.amanaspace.com/access.html
参加資格 心にやさしいタッチケア基礎講座修了者、ボディワーカー、アロマセラピスト、治療家  
     対人援助(医療・看護・介護等)にかかわる方で、タッチの実践経験のある方
講師   松村優子、永井ゆかり、小西奈美、中川玲子

<お申込みフォーム(タイトルに、講座日程(初日)を必ずご記入ください)>
http://www.touchcaresupport.com/ws_form.php
あるいは、こちらにご連絡ください(担当、中川玲子)
メール info@touchcaresupport.com
℡    06-4967-9839 (不在の場合は、留守番電話にメッセージをお残しください。折り返し、ご連絡さしあげます)

【講師 プロフィール】

松村優子(まつむらゆうこ)
2003年より淀川キリスト教病院ホスピス勤務後、「がん患者さんのその人らしさを支えたい」と思い進学、2011年神戸市看護大学院博士前期課程修了後、同年がん看護専門看護師を取得する。現在は、医師の外来診療と並行してがん看護外来を行い、患者と家族の不安や悩みを聴き、患者が自分らしく生きるための治療や療養場所の意思決定をサポートしている。地域活動では、がんを体験した人が支え合う場「ともいき京都」において、タッチケアセラピストとしてボランティア活動を行っている。オンコロジータッチ認定セラピスト。

永井ゆかり(ながいゆかり)
長年、がん専門機関での医療に携わる。現在は、リンパ浮腫の治療とともに、がん患者はもちろん、その家族にもタッチを通じてのケアにあたっている。また、教育機関においてもタッチケア、緩和ケアなどの講師もつとめる。オンコロジータッチ認定セラピスト。


小西奈美(こにしなみ)
京都大学大学院医学研究科人間健康科学系精神看護学助教。がんを体験した人が支えあう場「ともいき京都」での、タッチケアセラピー・ボランティア活動を中心的に運営する。今回は、「ともいき京都」での1年間のタッチセラピーの活動を振り返る報告会を担当。オンコロジータッチ認定セラピスト。

中川玲子(なかがわれいこ)
NPO法人タッチケア支援センター代表理事。エサレン®ボディワーク認定プラクティショナー。
被災地、高齢者、発達障害の方へのタッチケアのあり方を、実践を通じて探求。身体感覚との対話を重視する、対人援助に相応しい、「こころにやさしいタッチケア」の講座を指導。2015年、米国ホスピタルベイスドマッサージの指導教官キャロリン・ターグ先生を二度招聘し、オンコロジータッチセラピー認定セラピスト養成講座をオーガナイズする。オンコロジータッチ認定セラピスト。







by touchcaresupport | 2016-11-25 00:54

”やさしくふれると世界は変わる”をテーマに活動するNPO法人タッチケア支援センターの最新情報、メッセージ等をお伝えします。お問い合わせ等は、こちらのHPをご覧ください。http://touchcaresupport.com


by touchcaresupport
プロフィールを見る
画像一覧