周産期心理学講座(2016年10月31日&11月1日)

2016年10月31日&11月1日 京都、八瀬
じっくり深める2days (1泊2日、通い可)
ジュディス・O・ウィーバー博士による(Judyth O Weaver)の
周産期心理学・セラピー、入門講座
Perinatal Phycology 2days workshop
(比叡山を仰ぐ京都八瀬の静謐な空間での、少人数制のクラスです)



 『周産期』とは、誕生前の胎児期と、誕生、そして、誕生後のプロセスをあらわします(妊娠22週から出生後7日未満とも言われています)。
 『周産期心理学』は、胎児や新生児には感覚・意識・記憶があり、体験に対して明確に反応するという研究から発展してきました。これらの研究から、成長後も『周産期』の体験を無意識下で記憶しており、生涯を通じてそれが行動や反応の基礎となるということがわかっています。

身体・精神・感情・スピリチュアリティに関わる健康上の問題の多くは、 周産期・誕生・乳幼児期の両親との関係性にまつわる体験と、明白に関連づけられます。ストレスやトラウマへの対処能力のパターンも、言語獲得以前の発達早期にベースが築かれ、その後の発達過程を通して影響を及ぼし続けます。

このワークショップでは、体験的ワーク、講義、ジュディス先生のデモセッションを通して、傾聴・承認・同調・動作パターンの身体的追跡・神経系の調整についてお伝えします。

参加者は、子ども達がトラウマを予防するのに必要なサポートや気づきをどのように提供すればいいのか、そして、人生の草創期が成長後の人生にあたえる大きな影響を癒そうとする大人たちへの支援のあり方を学ぶことができるでしょう。

周産期心理学・セラピーは、乳幼児や子ども、そして男女を問わず大人に適用できるものです。

 この学びは、医療・心理の専門家や学生、教育関係者、子どもをもつ親、あるいは将来親になるであろう人々、マッサージセラピスト、ボディワーカー、そして、人生初期が、大人になってからの人生にいかに大きく影響するか、ということの理解を深めたい方は、どなたでもご参加いただけます。

講師:ジュディス O ウィーバーPhd
 
日時:10月31日(月)10時半から午後5時半 11月1日(火)9時半から午後4時半
場所: 養福寺会館 京都府京都市左京区八瀬野瀬町48 
   京阪本線出町柳駅より叡山電鉄線・八瀬比叡山口駅へ。徒歩5分
地下鉄烏丸線・国際会館駅よりタクシーにて5分
http://nttbj.itp.ne.jp/0757218575/index.html
定員:12名 (講師の要望により少人数制のクラスとなります)
通訳:斉藤由香
講習料: 59000円(9月1日以降にお申込みの場合は63000円)
宿泊料: 9000円 (1泊4食付  *通い希望の方、お申込み時にご相談ください)
*ワークの性質上、2日ともご参加可能な方のみ対象です。
*お食事は、内側から気づきと浄化を促す、谷裕子さんによる創作ベジタリアン料理です。

お申込みは、こちらのフォームが便利です。
(通いご希望の方はメッセージ欄にご記入ください。ご記入のない方はご宿泊と承ります)
https://ws.formzu.net/fgen/S12546247/

上記のフォームが機能しない場合は、下記にご連絡ください。
NPO法人タッチケア支援センター
メール info@touchcaresupport.com
電話  0649679839
主宰 NPO法人タッチケア支援センター
   やさしくふれると世界は変わる
   http://touchcaresupport.com/


【講師プロフィール】
ジュディス・O・ウィーバーJudyth O. Weaver, Ph.D 

ジュディス・O・ウィーバーは、ライヒ派心理学により博士号取得。1965-68年を日本で過ごす。日本文化を一年間学んだ後、山田無文老師に師事し、禅の僧院にて起居しつつ老師の教えを受ける。1968年にアメリカに帰国。同年からシャーロット・セルバーのもとでセンサリーアウェアネスを学び始め、1984年にセンサリーアウェアネスのリーダーとして認定を受ける。以降、世界各国で、長期あるいは短期のクラス・ワークショップ・セミナーなどを提供し続けている。ソマティック・エクスペリエンシング、ボディダイナミック・クラニオセイクラル・セラピー、周産期および出産セラピーの資格認定を受けたソマティック・サイコセラピストであり、その他にも、ゲシュタルト・セラピスト、ローゼンメソッド・プラクティショナー、ローゼンメソッド・シニア・ティーチャーの資格を持つ 。1971年には太極拳の指導を許され、太極拳の大師範としてもその名声が知られている。1974年ナロパ・インスティチュート(現ナロパ大学)において太極拳のプログラムを創設。 また、カリフォルニア統合学研究所(CIIS)の教授として25年間、学生の指導にあたるとともに、この期間、ジョン・F・ケネディ大学においてもセンサリーアウェアネスと太極拳を指導。さらにサンタ・バーバラ大学院の共同設立者であり、同大学院でのソマティック心理学博士課程の創設者でもある。現在は、アメリカ・ワシントン州のシアトルと、カナダ・ブリティッシュコロンビアのコルテス島において、個人としての指導に重点を置きかえて活動している。国際的な指導活動にも力を注いでおり、特に日本においては毎年定期的に活動を行っている。(翻訳・文責:齊藤由香)
b0228973_1619412.jpg

by touchcaresupport | 2016-05-31 16:20 | 講座のご案内
<< ローゼンメソッドWS 2day... 2016年度コーマ・ワークWS... >>