1月19&20日 関西への避難ママへのタッチケアサポート

昨年12月2日に、NPO法人シンフォニーさんの主催のもとで、福島原発を逃れての県外避難者の方達の生活相談会が開かれ、そこに、私達タッチケア支援センターも、無料ハンドマッサージブースを出店させていただきました。
その後、ご縁ができて、大阪の「避難ママのお茶べり会」、西宮@プラットホームさんの避難ママの集まりに、参加させていただくこととなりました。

1月19日は、クレオ大阪中央にて、
「避難ママのためのリフレッシュ講座「タッチケア体験ワークショップ~まず受けてみよう!そして、やってみよう!」を開催しました。(主催:大阪市立男女共同参画センター中央館 指定管理者:大阪市男女共同参画推進事業体(代表:大阪市女性協会) 共催:避難ママのための元気アッププロジェクト)

7名のお母さん達に、私達は、理事の中川と奥田、幹事の小室、そして、タッチケア基礎講座修了生の宮下佳奈さんと4名で対応。前半は、1人約2名ずつ、じっくりと施術を行いました。
和室をつかって、お子さんを託児所に預けたお母さん達に、ハンドマッサージや、着衣のままでの肩ほぐしをさせていただき、ゆっくりとくつろいでいただきました。中には、震災後の体験を語ってくださる方も多く、傾聴することで、少しでも、過去が癒されば願いました。

後半は、着衣のままでのタッチケアの講座をおこないました。思ったよりも施術の時間が長引いたので、今回の講座は、ほんの少しだけとなりましたが、それでも、終了後に、代表者の方から、「イベントを今までに何回もやってきましたが、一番時間が経つのが早く感じました。時計が壊れてるのかな?と思ったほどです。それだけ癒された時間だったのだと思います。震災から2年が経ったとはいえ、お母さん方はまだまだ気を張り詰めて生活してらっしゃいます。先の見えない生活の中、ほっとしていただける時間を避難ママに与えてくださってありがとうございました。」というご感想をいただけて、少しでも、ほっとくつろぐ時間を感じていただけて、本当によかったと思いました。ほとんどの方は、小さなお子さんをかかえて、東北で仕事のある旦那さんと離れてくらす生活です。もうすぐ、震災2年目。まだ、先の目途がたたず、落ち着かない日々が続くと思います。今後も、避難ママたちの、こころとからだがくつろげるような関わりを、継続できたらと願います。

1月20日は、西宮市甲子園口の教会の一室をお借りして、西宮@プラットホームさんの定例会で、ハンドマッサージをおこないました。今回は、会員さんで、作業療法士の井澤さんが、同じく西宮市在住ということで、小学生の娘さんと一緒に活動に参加くださいました。娘さんは、避難ママの皆様のお子さんたちの遊び相手を。井澤さんは、肩や背中ほぐしの効果的な施術を行ってくださいました。

避難されてるお母さん達のほとんどが、肩や背中、首の緊張が激しいので、今後は、ハンドマッサージにくわえて、着衣のままでのチェアマッサージ等の施術も、展開していくと良いのでは?と感じました。今年の課題にしたいと思います。

これまでは、こちらから、被災地にいく活動が中心でしたが、今年からは、放射能を逃れて、関西に避難されている方達のケアにも、力を入れていこうとおもいます。今回、活動に関わってくださった皆様、本当に、ありがとうございます。

写真は、1月19日、クレオ中央の和室の風景

b0228973_12475232.jpg

by touchcaresupport | 2013-01-24 12:48 | 日々の活動

”やさしくふれると世界は変わる”をテーマに活動するNPO法人タッチケア支援センターの最新情報、メッセージ等をお伝えします。お問い合わせ等は、こちらのHPをご覧ください。http://touchcaresupport.com


by touchcaresupport