岩手日報に浄法寺小学校でのタッチケア講座、記事が載りました。

 2011年11月25日に、岩手県二戸市の浄法寺小学校でのPTA講演会”タッチケア講座”のことが、翌日の岩手日報で報道されたそうですので、ご覧ください。
 タッチの大切さや、その重要ポイントを簡潔に伝えてくださって、とてもありがたと思います。校長先生からも温かいお手紙をいただき、「ふれることは、ふれられること」という言葉が特に心に響きました等のご感想をいただきました。同校は、これからも教育の現場で、タッチやふれあいの大切さを伝えていかれるそうです。
 岩手県二戸市から、日本中の小学校に、この動きが広がっていきますように!
http://www.touchcaresupport.com/pdf/img004.pdf

 *(11/25の浄法寺小学校でのタッチケア講座の模様はこちらの報告をご覧ください)

   http://touchcare.exblog.jp/17094244/
b0228973_14243215.jpg

by touchcaresupport | 2011-12-08 14:27 | 震災支援活動
<< 東北に、マルカNO湯たんぽを送... 1/19(木) こころにや... >>